キャリア

最終更新日: 2022.03.03 (公開: 2022.03.03)

ソフトウェアエンジニアとは?プログラマーとの違いや仕事内容、将来性、必要スキルまで解説!

ソフトウェアエンジニアとは?プログラマーとの違いや仕事内容、将来性、必要スキルまで解説!
  • ソフトウェアエンジニアってどんな仕事なの?
  • ソフトウェアエンジニアと、プログラマーやシステムエンジニアとの違いって何?
  • 未経験からソフトウェアエンジニアになる方法を知りたい

このように悩んでいるのではないでしょうか。

ソフトウェア関連の仕事と言っても、プログラムから開発、管理まで仕事が多く、エンジニアにもさまざまな種類があります。

この記事では、その中でもソフトウェア開発に携わるソフトウェアエンジニアについて仕事内容から必要なスキルまで詳しく解説します。また他のエンジニアやプログラマーとの違いについても記載しているので、ソフトウェアエンジニアとはどんな仕事なのか、再確認にもお使いください。

この記事を読めば、ソフトウェアエンジニアがどんな仕事か理解したうえで、ソフトウェアエンジニアに必要とされるスキルが身に付けられるでしょう。

ソフトウェアエンジニアとは?

ソフトウェアエンジニアとは?

ソフトウェアエンジニアとは、ソフトウェアの開発に携わる仕事を行うエンジニアのことです。今やPCだけでなく、さまざまなアプリケーションがスマートフォンを含めたIT機器に搭載されている時代です。そのため、それらを開発する技術者としてソフトウェアエンジニアを目指している方も少なくありません。

またPCは一家に一台から、ひとり一台といわれるようになったり、スマートフォンが急速に普及したりしています。そんな時代だからこそ、PCやスマートフォンの操作はもちろん、作業を効率的にできるソフトウェアが開発できる人材は必要とされるでしょう。

ソフトウェアエンジニアは成長し続けるIT社会に対応できる柔軟性も求められますが、情報化が続く限りなくなることのない仕事です。ソフトウェアエンジニアとして経験を積んでいけば基礎を応用していくこともできるので、将来的な仕事として目指してみてはいかがでしょうか。

ソフトウェアエンジニアとプログラマーの違い

ソフトウェアエンジニアと、プログラマーは、ソフトウェア開発に関わるという時点では同じ部類の仕事と言えます。しかしプログラマーは、あくまでもプログラミングを専門に扱う仕事です。

ソフトウェアエンジニアはプログラムも含めたソフトウェア開発全般を担当する、総合的な技術者と言えるでしょう。仕事に関してもプログラミングの知識だけでなく、設計から開発、チームとの連携など、対応力が求められる仕事です。

つまりソフトウェアエンジニアは、プログラマーよりもオールラウンドに活躍できるため、活動の幅も大きくなります。さらにプログラマーとしての知識も必要になってくるので、プログラマーからの転身を目指すことも珍しくありません。プログラムについてより専門的な知識を得るために、プログラマーの勉強をしてみるのもいいでしょう。

ソフトウェアエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

ソフトウェアエンジニアと混同されがちなのが、システムエンジニアです。システムエンジニアはSEと呼ばれる、システム自体の開発や設計全般を担う仕事で、上流工程を行います。外部設計や内部設計を行うのがSEで、実際の開発や調整を行っていくのがソフトウェアエンジニアと考えるとイメージしやすいでしょう。

技術者よりの仕事を目指すのであれば、ソフトウェアエンジニアがおすすめです。どちらも IT業界にとって重要な役割を果たす仕事なので、どのようなエンジニアを目指すのか一度考えてみてください。

同じエンジニアと呼ばれる仕事でも業務内容にも違いがあるので、しっかりと違いを理解したうえでどの道を選ぶのか検討していきましょう。

ソフトウェアエンジニアの将来性は高い

ソフトウェアエンジニアの将来性は高い

前述しましたがソフトウェアエンジニアの需要は、スマートフォンが普及している現状からも高まっていることが伺えます。さらにスマートフォンやPCに限らず、自動車や介護サービス、家電などの分野に新しく参入され始めていることから、将来性も高いといえるでしょう。

このように業界問わずソフトウェア開発に関われるソフトウェアエンジニアは、より多くの人材が求められています。社会人になってからソフトウェアエンジニアを目指す方も少なくないので、ITやプログラミングの学習を始めてみてはいかがでしょうか。

進化し続けるIT技術は、持っておいて損をすることはないので、現代社会で活躍するなら身につけておきたいジャンルのひとつです。

ソフトウェアエンジニアの主な仕事内容

ソフトウェアエンジニアの主な仕事内容

ソフトウェアエンジニアが実際にどのような仕事をしているのか、主な仕事内容を5つ紹介します。あくまでも基本的な仕事なので、ここで紹介するものが全てではありません。会社によっては、より多くの場面で活躍している人もいます。

どのようなソフトウェアを開発するかによっても違いはありますが、それだけ多くの仕事に出会うチャンスがあるといえるでしょう。

1,プログラミング

最初に誰もがイメージするのがプログラミングではないでしょうか。プログラミングはソフトウェアを開発するうえで、仕組みを作る基礎の部分となります。プログラミング言語を使って、PCやスマートフォンなどで使われるツールを作ることになるため、プログラミングの知識や技術は欠かせません。

プログラミングされたものが、どのように動くのか分かっていないと、その他の業務もできないでしょう。もっとも基本となる業務なので、プログラミング技術はしっかりと身につけておきましょう。また会社や業種などによって使われるプログラミング言語が異なる場合もあるため、事前に調べておくことも大切です。

2,ソフトウェアの設計・開発

ソフトウェアエンジニアにおけるソフトウェアの設計や開発が、どのような分野で行われているのか基本的な3つを紹介します。それぞれで業務や必要な知識も変わってくるため、働く会社に合わせた技術を取得することが必要です。

アプリケーション

PCやスマートフォンなどで使われる、アプリケーションの設計や開発も仕事内容に含まれます。アプリケーションはユーザーが直接操作するものなので、基本設計からデザイン、開発など業務の幅の広さが特徴です。

どのようなプログラミングで機能させるのか、ハードウェアに互換性を持たせるのかなど、アプリケーションを根本から作りあげていきます。新しいアプリケーションを開発するためには新しい発想も必要になるので、応用力も必要とされる作業です。

家電製品

家電製品とソフトウェアは一見関係ないように思えますが、エアコンや洗濯機、テレビなどの動作を制御するために用いられます。PCやスマートフォンなどのアプリに比べると限定的な用途となるため、業務の範囲はそこまで広くありません。

しかし、家電製品がどのように動作しているのか理解できる専門的な知識が重要になる仕事でもあります。たとえばマイクロコントローラや、センサーなどの仕組みを把握しておく必要があるでしょう。

自動車

最近の自動車にはカーオーディオやカーナビなどを動作させるための、ソフトウェアが組み込まれています。他にも近接センサーや、車載カメラなど多機能な車も増加し始めているのが現状です。

走行性能も重要視されますが、搭載されている機能を売りにされることも多く、ソフトウェアエンジニアの需要は高まっていくでしょう。さらに自動運転などの技術にも注目が集まっていることから、IT産業の新しい市場としても期待が持たれています。

3,ユーザーの要望をヒアリングして実現

どんなにソフトウェアを開発する技術を持っていたとしても、ユーザーの要望に応えたものでなければ意味がありません。そのためソフトウェアエンジニアには、ユーザーの要望をヒアリングして実現する柔軟性も求められます。

つまり、クライアントが求めていることはもちろん、ユーザーが満足できるような機能が搭載されることで、商品として評価されるようになります。プログラミングやソフトウェアの開発だけでなく 、調査や聞き込みを行うのも仕事のひとつです。

ただクライアントに指示されたことだけをやるのではなく、提案や企画力も必要となってくるので、コミュニケーションスキルも要求されるでしょう。どこまで担当するのかは会社によって変わりますが、どのようなアプリケーションを開発するのか説明できるようにしておくことをおすすめします。

4,開発したソフトウェアのエラー確認

ソフトウェアを開発したから、そこで仕事が終了するというわけではありません。開発したソフトウェアに、誤作動がないか調べる「エラー確認」も担当します。エラー確認は納品前に必ず行われる作業で、ユーザーの安全にも関わってくるため、業務を行うときは細心の注意を払いましょう。

さまざまなパターンでの検品が繰り返され、エラーがあった場合は修正をかけて、エラーのない状態まで落とし込むのが基本です。ユーザーが使用してからエラーが起きてしまったら、会社の信用にもつながりかねないので、どの会社でも重点的に行われます。

納品後にも何かしらのエラーでた場合は、対応が求められます。速やかに原因を見つけて、修復を行える技術を身につけておくといいでしょう。

5,開発チーム全体の指揮

開発チーム全体の指揮をとる仕事もあります。特に大規模な会社の場合、多くのスタッフで分業を行うため、全体的な業務ができるソフトウェアエンジニアが指揮をとることになるでしょう。

通常は専門のプログラマーがプログラミングを担当し、ソフトのインターフェースデザインやエラーの発見、修復作業などの幅広い作業にあたります。全てのスタッフに指示を出し、打ち合わせやスケジュール管理などもしなければならず、ソフトウェアエンジニアは総合的な能力が必要な仕事です。

担当スタッフがいるからといって任せきりにしてしまうと、問題が起きたときに対処できなくなるので、チームで動く練習をするのも大切です。

ソフトウェアエンジニアの全体の平均年収は約547万円

ソフトウェアエンジニアの全体の平均年収は約547万円

ソフトウェアエンジニア全体の平均年収は約547万円です。月額で考えると46万円ほどの収入で、初任給は21万円程度が相場となっています。派遣社員でも平均時給が2,300円と、安定した収入が見込みやすい仕事と言えるでしょう。

初任給は平均収入よりも下回りますが、スキルや経験、雇用形態などで年収も変わるため、成長次第では高収入も狙えるでしょう。また専門的なスキルが必要な仕事や、難易度の高い仕事は高収入になりやすいので、新しい技術や資格取得を目指していくことも効果的です。

ソフトウェアエンジニアになりたてのときは地道な努力を重ねて、実力をつけていけばプロとしての信頼度を高めていくことにつながります。

参考:求人ボックス 求人ナビ

ソフトウェアエンジニアに必要なスキルや知識

ソフトウェアエンジニアに必要なスキルや知識

ソフトウェアエンジニアとして働くために必要な、スキルや知識を紹介します。どれも欠かせない能力となるので、日頃からそれらを習得できるように学習していくことがプロになる近道になります。総合的な力を身につけて、プロとして働ける日を目指しましょう。

1,ITに関する基礎知識

技術者として働くことになる仕事でもあるため、ITに関する知識は最低限身につけておかなければなりません。たとえば、Mac OSやLinux、Windowsなど、ソフトウェア開発にも密接な媒体ごとの知識が必要になります。

また一度覚えた媒体の知識は、今後もずっと使えるとは限りません。IT業界が発展していくにつれ内容も変化していくので、新しい情報を常に集める姿勢をもつことも重要です。また企業によってOSも変わるので、幅広い知識や技術を持っていれば、働ける範囲も広がるでしょう。

専門的な用語も多く覚えることは簡単ではありませんが、知識の差が仕事に関わることもあるため、覚えて無駄になるような知識はありません。まずはしっかりと基礎を固めて、そこから応用を効かせられる技術を身につけることがおすすめです。

2,プログラミングスキル

ソフトウェア開発も担当することになるため、プログラミングスキルは必須条件です。プログラミングと一言で言ってもJava、C、PHPなどの言語が、デバイスや職種などによって変わるので、適切なものを選ばなければなりません。

言語を理解することで初めてプログラミングができるようになるので、どの言語を身につけるのか目指す仕事に合わせて選びましょう。最終的には依頼内容に合わせたプログラミングができなければならないため、どうすれば正常にソフトウェアが動作するのか判断する力が求められます。

プログラミングスキルに関しては、基礎的な知識だけでは乗り越えられないので、難しいプログラミングにも挑戦するようにするとよいでしょう。

3,コミュニケーションスキル

前述しましたが、技術者として開発に従事することだけがすべてではありません。仕事全体の指揮をとることもあるため、チーム間でのコミュニケーションスキルも重要視されます。それ以前にもクライアントとのコミュニケーションが取れなければ、仕事をもらうことも難しくなってしまうでしょう。

特にチームで動くときは、業務の進捗状況や改善点を洗い出すことも必要になってきます。情報がうまく伝達できなければ仕事も進まなくなるので、報連相はできるようにしておきたいポイントです。

たとえオンライン上の仕事で顔を合わせないことがあっても、チームで情報を共有できる時間や環境は作らなければなりません。

4,業界のトレンドに関する知識

ITの基礎知識が重要だとお伝えしましたが、学び終えた知識が何年後かには主流から外れてしまうこともありえます。IT業界は日々進化し続けているので、トレンドに関する知識にアンテナを張ることが大切です。

会社が新しい開発環境に対応できなければ、仕事を依頼されることもなくなり、他の会社に大きな後れを取ることにもなってしまうかもしれません。IT業界は新しい環境に対応する柔軟性がなければ、生き残るのが難しい世界です。

最新技術をすべて取り入れればいいわけではありませんが、古い情報を使い続けていくことは会社の信頼にも関わってきます。

ソフトウェアエンジニアを目指すうえで有利な資格

ソフトウェアエンジニアを目指すうえで有利な資格

ソフトウェアエンジニアとして働くために必要な資格はありませんが、取得しておくと就職や転職に有利に働く、資格の種類を紹介します。資格は実力を示す指標ともなるため、プロを目指す過程で、学習してみてはいかがでしょうか。もちろんプロになってからキャリアアップを目指して取得を目指すことも、よい経験になります。

1,応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、過去にソフトウェア開発技術者試験と呼ばれていた国家試験です。エンジニアの登竜門とも呼ばれる資格で、基本技術者試験の上位試験に位置付けられます。

応用情報技術者試験の取得者は、応用力やIT知識が高い水準にあることを国が認めるものなので、就職や転職で評価してもらえるでしょう。たとえ20代や30代の若い世代でも、国家試験を持っていれば将来性に期待を持ってもらえます。

経験を積んでから取得する人もいるので、より高度な知識や技術を身につけたい方は、取得を目指してみませんか。受験料は7,500円(税込)です。

2,各種言語プログラム資格

ソフトウェア開発をするためには、そのアプリを開発するデバイスに合わせたプログラム言語を身につけていなければなりません。そのため、特定の言語の資格を持っていれば、その言語にあった仕事への就職や転職のサポートになります。

言語によって難易度や必要な知識も変わってくるので、まずは言語ごとにどのような違いがあるのか調べましょう。また目指したい仕事があるなら、その業種にはどのような言語が使われるのか調べることも肝心です。

たとえば車関係のソフトウェア開発を目指すのであれば、車の制御装置に使われるCやC++

などの知識が必要となるでしょう。受験料は言語や級によって異なるので、興味のある言語を調べてみてください。

ソフトウェアエンジニアの5つのキャリアパス

ソフトウェアエンジニアの5つのキャリアパス

ソフトウェアエンジニアになることで、将来的にポストを狙える、5つのキャリアパスをそれぞれ紹介します。どのようなエンジニアを目指すのか参考にもなるので、将来的にどのような仕事をするのか具体的なビジョンを持つことに役立ちます。

1,プロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャー

プロジェクトリーダー(PL)とプロジェクトマネージャー(PM)は、プロジェクトの中でも管理的な仕事を行う重要な役割です。プロジェクトリーダーはマネージャーの補佐的な立ち位置で、進捗管理やメンバーのアサインなど、ソフトウェア開発のプロジェクト管理を行います。

マネージャーは、よりさまざまな業務を行う管理職で、作業計画から予算決定などのまとめ役ともなります。会社との連携はもちろん、クライアントやチームをつなげる中心的な存在と言えるでしょう。

そのようにプロジェクトリーダーとマネージャーは重要なポストとなるため、会社から信頼されるだけの知識や経験が必要です。

2,ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、ITに関わる悩みや問題をもっている会社へヒアリングを行って、システムの開発や最適化をしていく仕事です。その会社がどのようなことを求めているのか、ユーザーは何を求めているのか把握したうえで、適切な提案や開発を行っていかなければなりません。

クライアントの意見を引き出せるコミュニケーションスキルも求められるので、相手に分かりやすく説明し伝える力が必要でます。ITコンサルタントが提案したことを中心にプロジェクトも検討されるため、これもまた重要な役割です。

3,ITアーキテクト

ITアーキテクトは企業の経営戦略に基づいた課題の整理や分析をして、Webシステムの「設計図」を作製する役割を持っています。ITコンサルタントが集めた情報も含めて、どのようなものをどうやって開発していくのか、企画し立案するのが仕事です。

Webシステムの開発の業務がスムーズに進むように、最適な方法でクライアントの要望も抑えた計画を立てる、難しい仕事となるでしょう。ここで提案した設計図をもとに実際に作業が進められていくので、慎重な判断も求められます。

4,ITスペシャリスト

ITスペシャリストはITアーキテクトが設計して企画したものを実施し、開発から運用、保守を中心に行う仕事です。ITスペシャリストになるには、ITSS(ITスキル標準)の専門分野でレベル3以上のスキルを持っていることが条件になります。

その条件さえ満たしていれば、Webシステムの開発を行うスペシャリストとして業務にあたれます。システムを形作る仕事に関わる重要なポジションとなるため、IT知識やプログラミング、コミュニケーションなどの総合スキルが必要となるでしょう。

5,フリーランスエンジニア

これまで会社のポジションを紹介しましたが、ソフトウェアエンジニアの経験をフリーランスとして活用する人も少なくありません。フリーランスエンジニアは、仕事の交渉や提案、開発などもすべて自分で決めて行動しなければなりません。

またそれなりの実績がないと仕事を取ることも難しいため、未経験者の方が始めるにはハードルの高い職種となるでしょう。安定した仕事が取れるようになれば、平均年収を超えるような活躍もできますが、自己責任で行動する覚悟もいります。

未経験からソフトウェアエンジニアになる方法

未経験からソフトウェアエンジニアになる方法

ソフトウェアエンジニアは専門的な知識も必要となるため、経験者のみができる仕事と思われがちです。しかし未経者でも、将来的な成長を見据えて採用されているケースも増え始めています。

そこで未経験からソフトエンジニアになるために、まずは最低限必要になることから確認してみましょう。

1,ITの基礎知識を身につける

未経験の人材が採用されることもあるとはいえ、ITの基礎知識がない人材は戦力として認められません。たとえ仕事が未経験だったとしても、知識がある人とない人では後者が採用されるので、基礎的なIT知識はしっかりと身につけておくことをおすすめします。

特にプログラミングは、基礎がないと理解するのにも時間がかかるため、最初は焦らずに基礎を身につけていきましょう。

2,プログラミングスキルを学習する

基礎が身についたら、今度はプログラミングスキルを学習していきます。 独学でもいいので、参考書やオンラインの学習サービスなどを活用して、プログラミングを行う習慣づけを行いましょう。

プログラミングを苦痛に感じるか、感じないかでソフトウェアエンジニアになれるかどうかも決まってきます。何度も覚えるまで練習を重ねていけば、どのようにプログラミングしていけばいいのか分かるようになるので、後は継続できるかどうかです。

3,プログラミングスクールに通う

未経験者の方に、一番おすすめするのがプログラミングスクールに通うことです。自分だけでは理解できないような内容でも、プロから分かりやすく説明してもらうことで、わかるようになるかもしれません。

また、知識が定着するように組まれたカリキュラムや、現役プログラマーからの指導は、効率的な学習にもつながります。中には無料で使えるようなプログラミングスクールもあるので、未経験者でも手厚くサポートしてくれるスクールを探しましょう。

おすすめのプログラミングスクールについては、以下の記事で紹介しているので、ご興味のある方はご一読ください。

【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

需要と将来性のあるソフトウェアエンジニアを目指そう!

需要と将来性のあるソフトウェアエンジニアを目指そう!

ソフトウェア開発に関わるエンジニアを目指すなら、需要と将来性もあるソフトウェアエンジニアがおすすめです。開発者としての仕事だけでなく、企画や立案、チーム全体の指揮など幅広い仕事ができます。

プログラマーとしての知識やコミュニケーションスキルなども求められますが、多岐にわたる仕事ができる柔軟性は重宝されるでしょう。少しでも興味があるならプログラミングスクールに通うのがおすすめですよ。。迷って遅くなるよりは、早く働き始めた方が経験も多く積めます。

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

サーバーエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収、必要スキルまで完全網羅!

2022.03.02

サーバーエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収、必要スキルまで完全網羅!

#キャリア

次の記事

アプリケーションエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収、必要スキルを徹底解説!

2022.03.04

アプリケーションエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収、必要スキルを徹底解説!

#キャリア

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール