キャリア

最終更新日: 2022.02.09 (公開: 2022.02.08)

フロントエンドエンジニアの年収は低い?年代・雇用形態別の相場、年収の上げ方まで完全網羅

フロントエンドエンジニアの年収は低い?年代・雇用形態別の相場、年収の上げ方まで完全網羅
  • フロントエンドエンジニアに興味があるけど、年収はどれくらいなんだろう?
  • フロントエンドエンジニアに将来性はある?
  • フロントエンドエンジニアとして働いているけど、今よりもっと年収を上げたい

このような悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。フロントエンドエンジニアは需要が高く、人気のある職業です。必要なスキルを身につけ、ポイントをおさえて行動すれば高年収を得ることができます。

この記事ではフロントエンジニアの年収の詳細や、必要なスキル、将来性について詳しく解説します。この記事を読めば、フロントエンドエンジニアの年収や具体的な年収の上げ方、必要なスキルがわかり、現状に応じた適切な行動ができるようになるでしょう。ぜひ参考にしてください。

目次

フロントエンドエンジニアの平均年収は573万円

フロントエンドエンジニアの平均年収は573万円

正社員として働くフロントエンドエンジニアの平均年収は573万円となっています。

参考:求人ボックス 求人ナビ | フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

一般的な平均年収は495〜566万円のゾーンが最も多いので、比較するとフロントエンドエンジニアの年収は高い水準にあると言えるでしょう。

地域によっても多少差があります。一番年収が高いのは東京をはじめとする関東で、その他の地域は少し低くなります。ただ家賃や物価の差もあるので、生活するにはそこまで変わらないでしょう。

しかし、フロントエンドエンジニア全体の年収の幅は広いです。勤務先の企業や、その人の持つスキルや経験によって年収は大きく変化することが見受けられます。

【年代・男女別】フロントエンドエンジニアの平均年収・中央値

ここでは、フロントエンドエンジニアの平均年収を年代・男女・雇用形態別に分けて解説します。具体的な数字を交えて紹介しますので、参考にしてください。

20代の男性・女性の場合

フロントエンドエンジニアとして働く20代男性の平均年収は392万円、女性の平均年収は389万円となっています。一般的な20代の平均年収は341万円です。

一般的な平均年収に比べ、フロントエンドエンジニアの男女の平均年収は高めです。男女差もあまりありません。フロントエンドエンジニアは年齢が若くても高年収が目指せます。

30代の男性・女性の場合

フロントエンドエンジニアとして働く30代男性の平均年収は565万円、女性の平均年収は491万円となっています。一般的な30代の平均年収は437万円です。

30代はさまざまなライフイベントが増えるので、女性はその影響もあり少し男女差が開きますね。しかし一般的な年収と比較するとフロントエンドエンジニアの年収は男女共に高い水準です。男性の場合は100万円以上も差があります。

40代の男性・女性の場合

フロントエンドエンジニアとして働く40代男性の平均年収は649万円、女性の平均年収は554万円となっています。一般的な40代の平均年収は502万円です。

一般的な40代の年収は若い頃に比べ、年齢とともに上がってきています。しかし、フロントエンドエンジニアの年収のほうが男女ともに高いです。

50代の男性・女性の場合

フロントエンドエンジニアとして働く50代男性の平均年収は689万円、女性の平均年収は590万円となっています。一般的な50代の平均年収は613万円です。

50代になると、フロントエンドエンジニアと一般的な職種の平均年収の差はそれほど大きくありません。しかし全年代を通してフロントエンドエンジニアの平均年収は高いです。フロントエンドエンジニアは年齢や性別はあまり関係なく、高収入が目指せると言えるでしょう。

参考:求人ボックス 求人ナビ | フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)、doda | 平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)【最新版】

【雇用形態別】フロンドエンドエンジニアの平均年収・中央値

ここでは、フロントエンドエンジニアの平均年収を雇用形態別に解説します。働き方によって平均年収は異なりますので、参考にしてください。

正社員の場合

正社員として働くフロントエンドエンジニアの平均年収は573万円です。月給に換算すると約48万円となります。日本の平均年収と比較しても高い傾向にあります。正社員は雇用が安定しており、手当なども充実しています。余裕のある安定した生活が維持できるでしょう。

派遣社員の場合

派遣社員として働くフロントエンドエンジニアの平均時給は、以下のように地域によって差があります。

  • 関東地方:2,091円
  • 近畿地方:1,751円
  • その他の地域:1,175円

地域差はありますが、一般的な事務職の派遣社員と比較すると高い傾向にあります。フロントエンドエンジニアは専門職であり、スキルが必要です。スキルのある人は市場価値が高いので、高時給の傾向があります。

パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトとして働くフロントエンドエンジニアの平均時給は1,201円です。こちらも他の職種と比較すると高時給の傾向があります。

パート・アルバイトのメリットは働く時間を自分でコントロールできることです。学生の方や、家庭の都合で働く時間が限られている方に適しています。将来転職や独立を目指す方にとって価値のある経験になるでしょう。また、パート・アルバイトでも、経験として自分の力になるでしょう。

参考:求人ボックス 求人ナビ |  フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

フリーランスの場合

フリーランスとして働くフロントエンドエンジニアの平均年収は852万円となっており、非常に高い傾向にあります。

参考:レバテックフリーランス|フロントエンドエンジニアの平均年収|給料アップで年収1000万円を目指すには?

しかしフリーランスエンジニアの働き方は自由度が高いため、個人によって年収の幅は大きいです。営業や単価交渉も自分で行うため、エンジニアとして優れていても案件が獲得できなければ年収は上がりません。

しかし案件単価は高い傾向にあるため、案件を多く獲得できれば他の働き方よりも大きく年収を上げることが可能です。

【地域別】フロンドエンドエンジニアの平均年収・中央値

ここでは、フロントエンドエンジニアの平均年収を地域別に解説します。働く地域によって平均年収に差がありますので、参考にしてください。

フロントエンドエンジニアの地域別給料

年収 時給(派遣) 時給(アルバイト)
関東 528万円 2,141円 1,021円
近畿 524万円 1,751円
その他 447万円 1,175円

参考:求人ボックス 求人ナビ |  フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

地域別に見ると、関東地方は給料が高い傾向にあります。これは東京をはじめとする関東地域にIT企業の数が多いことが理由でしょう。

現在はリモートワークを導入する企業が増えており、働く場所の選択肢も増えています。年収を上げたい方は関東地域のフロントエンドエンジニアの求人を、チェックしてみると良いでしょう。

フロントエンドエンジニアは将来性のある仕事

フロントエンドエンジニアは将来性のある仕事

フロントエンドエンジニアは新しい職種で、非常に将来性があります。需要も年々高まり続けています。

その理由は、WebサイトやWebサービスを利用するデバイスの多様化にあります。スマートフォンやタブレットのような、小さい画面に対応したレスポンシブデザインの重要性が高まっているのです。どのデバイスからでも利用しやすい設計と実装のできるフロントエンドエンジニアは、今後も重宝されるでしょう。

ただし、需要に伴いフロントエンドエンジニアを目指す人も増えています。競争率が高くなり、コーディングしかできないフロントエンドエンジニアは淘汰されていくかもしれません。基本的なスキルにプラスして、エンジニアとしての価値を高めるスキルや知識を身につけることを意識しましょう。

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアはキャリアパスの選択肢も広いのが特徴です。年収アップやスキルアップを目指す方は、キャリアチェンジすることも選択肢に入れておくと良いでしょう。

主なキャリアパスとして、以下のようなものが挙げられます。

  • Webディレクター
  • バックエンドエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

フロントエンドエンジニアは業務をする中でWebデザイナーやWebディレクター、バックエンドエンジニアといったさまざまな職種の人とやりとりします。それにより専門分野以外のさまざまなスキルも身につけることが可能です。

自分の得意な分野や適性を見極めて、キャリアチェンジのイメージもしておきましょう。

年収1,000万円を目指すことも可能

フロントエンドエンジニアとして年収1,000万円を目指すことも可能です。しかし誰でも可能なわけではなく、年収1,000万円を稼ぐフロントエンドエンジニアは非常に少ないのが現状です。

年収1,000万円を得るためには、フロントエンドエンジニアとして知識やスキルを磨くことが必要です。開発経験をできるだけ多く積み、扱える言語やツール、フレームワークを増やしましょう。また、マネジメント経験を積むこともとても重要です。

フロントエンドエンジニアとしてのレベルを上げスペシャリストを目指せば、年収1,000万円を得ることも十分可能です。

フロントエンドエンジニアが年収を上げるのに必要なスキル5選

フロントエンドエンジニアが年収を上げるのに必要なスキル5選

ここでは、フロントエンドエンジニアが年収を上げるために必要なスキルを5つ紹介します。フロントエンドエンジニアにとってスキルを増やすことはとても重要で、年収に直結します。年収を上げたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.コーディング・デザインスキル

1つ目はコーディング・デザインスキルです。フロントエンドエンジニアにとって欠かせないスキルといえるでしょう。

最も基礎的なHTML5やCSS3、JavaScriptの知識は必ず習得しておきましょう。HTML5はマークアップ言語、CSS3はスタイルシート言語と呼ばれ、Webページの構造やスタイルを定義します。JavaScriptはWebページに動的コンテンツなどを実装するための言語です。

これらを使いこなし、思い通りのWebページを作成・デザインできるようにしましょう。また、ただコーディングするだけでなく、ユーザーの利便性を考えることも求められます。UI・UXに関する知識や、デザイン原理などの習得も必要です。

2.フレームワークやライブラリの知識

2つ目はフレームワークやライブラリの知識です。HTML5やCSS3、JavaScriptを使用してゼロからWeb制作をすることもありますが、フレームワークやライブラリを使用することも多いです。

フレームワークやライブラリとは、簡単に言うと開発のためのテンプレートのようなものです。使用することで手間を省き、効率的にWeb制作ができます。

React.js、AngularJSなどのフレームワークをはじめ、jQueryなどのライブラリの知識があれば業務をスピーディーに進められます。エンジニアとしての評価も上がるでしょう。

3.SEOの知識

3つ目はSEOの知識です。多くの人に利用されるWebサービスを制作するには、SEOの知識が必要になります。SEOとは、検索エンジンを使ったマーケティング戦略のひとつです。

コンテンツの質を向上させるために、サイト内で特定の文言を繰り返し使う、効果的なタグを使用する、関連する内部リンクを貼るなどのテクニックがあります。

SEOはコンテンツが生む利益を大きく左右します。SEOをしっかり理解して制作に取り込めるフロントエンドエンジニアは、非常に重宝されるでしょう。

4.コミュニケーションスキル

4つ目はコミュニケーションスキルです。フロントエンドエンジニアは現場で働く他エンジニアと密に連携を取ることが多いため、コミュニケーションスキルが求められます。仕事を円滑に進めるために、こまめなコミュニケーションが必要です。「聞く力」「理解する力」「伝える力」は欠かせません。

しっかりと意識してコミュニケーションスキルを磨くことで、一緒に働く人から信頼を得られ評価も上がるでしょう。また一緒に仕事をしたいと思ってもらえれば、単価アップや年収アップにつながります。

5.マネジメントスキル

5つ目はマネジメントスキルです。専門スキルを高めることも大切ですが、フロントエンドエンジニアとしてマネジメント経験を積むことで年収アップに近づきます。

フロントエンドエンジニアで高年収を得ている人は、チームマネジメントを担当していることが多いです。納期や予算に合わせてプロジェクトを完成させるためのスケジューリングや、メンバーへの業務の振り分けなどチームを率いるスキルが求められます。

マネジメントのスキルや経験を持つ人は貴重なため、希少価値が高く年収が高くなる傾向にあります。機会があれば積極的に経験を積み、スキルを身につけましょう。

フロントエンドエンジニアが年収を上げる8つの方法

フロントエンドエンジニアが年収を上げる8つの方法

ここでは、フロントエンドエンジニアが年収を上げる方法を8つ紹介します。スキルを増やしたり、キャリアチェンジをしたりなどフロントエンドエンジニアが年収を上げる方法はたくさんあります。ぜひ自分に合う方法を試してみてください。

1.専門性を高める

1つ目は専門性を高めることです。フロントエンドエンジニアにとってHTMLやCSS、JavaScriptのスキルは必須です。そのうえでライブラリやフレームワークを適切に使えることや、扱える言語が多いことが重要になってきます。これができていると、フロントエンドエンジニアは年収を上げられます。

プログラミング言語はPHPやRubyなどを扱えると良いでしょう。以前はフロントエンドエンジニアがこれらの言語を扱うことはあまり多くありませんでした。しかしWebサービスの拡大により、最近では幅広く対応できるエンジニアが求められるようになってきています。

完璧に習得しなくても、ある程度知識があれば簡単なプログラミングや修正ができるようになります。基本的なPHPやRubyの知識や書き方などは理解しておきましょう。

2.アピールできるポートフォリオ(成果物)を作る

2つ目は実力をアピールできるポートフォリオを作ることです。ポートフォリオとは、自分のスキルや実績を伝えるための作品集のことです。

フロントエンドエンジニアの選考では、資格や職歴よりも実際のスキルや実績を証明できるポートフォリオが重視されます。

エンジニアのポートフォリオはプログラミング能力がわかるソースコードや、個人で作成したWebサービスなどをまとめると良いでしょう。これまでに参加したプロジェクトの概要などもポートフォリオのひとつになります。

また「GitHub」というソースコードを公開できる無料のサービスがあり、こういったものもポートフォリオに活用できます。GitHubが必須の企業もあるので、チェックしておきましょう。

3.給与や待遇の良い会社に転職する

3つ目は給与や待遇の良い会社に転職することです。フロントエンドエンジニアは一般の職種と比較すると転職回数が多い傾向にあります。また、転職により年収がアップする人が多いです。

同じスキルを持った人でも、働く企業によって給与や待遇は異なります。年収を上げたいと思ったら、転職も視野に入れましょう。転職サイトは気軽に利用できるので、より良い条件の企業はないかチェックしてみると良いですね。

フロントエンドエンジニアは需要の高い職種なので、求人数は非常に多いです。さらに実務経験が豊富な人なら、より高い年収の企業に転職できる可能性が大きいでしょう。

4.バックエンドエンジニアになる

4つ目はバックエンドエンジニアになる方法です。バックエンドとは、ユーザーから見えない内部システムのことです。サイトやアプリ、デジタルなサービスを提供するのに重要な部分を指します。

これらを扱うバックエンドエンジニアは、プログラムの根底部分を作る高い技術力が必要です。そのため案件の単価も高い傾向にあります。フロントエンドエンジニアと比較するとエンジニア人口が少なく人手不足なので、市場価値も高いです。

フロントエンドとバックエンド両方の経験を積めばできることが飛躍的に増えます。企業やクライアントから需要が高く、年収がアップするでしょう。

5.Webデザイナーになる

5つ目はWebデザイナーになる方法です。フロントエンドエンジニアはWebデザイナーがデザインしたものをコーディングで実装します。デザインについて知識やスキルを深めていけば、Webデザイナーに転職するキャリアパスも目指せるでしょう。

Webデザインはデザイン原理などの知識のほか、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックツールのスキルが必要です。デザインに興味があり、向いていると思う方は本格的に学習してみてください。フロントエンドとWebデザインを両方担当できるエンジニアは重宝されるでしょう。

6.Webディレクターになる

6つ目はWebディレクターになる方法です。WebディレクターはWeb制作においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指します。

エンジニアやデザイナーなどのWeb制作に関わるスタッフ達をまとめ、クライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げる責任者としての役割があります。

プロジェクトを予定通り進行させるためにマネジメント力やコミュニケーション力が必要であり、責任も伴うため年収が高い傾向にあります。

フロントエンドエンジニアとしての経験を活かしながらキャリアアップするために、Webディレクターへの転職を目指すのもおすすめです。

7.UI・UXエンジニアになる

7つ目はUI・UXエンジニアになる方法です。

UIとはユーザーインターフェースの略で、サービスやプロダクトとユーザーの接点を表す言葉です。Webサイトのデザインやフォントなど、ユーザーの視覚に触れるすべての情報を指します。

UXとはユーザーエクスペリエンスの略で、製品やシステム、サービスなどの利用を通じてユーザーが得る体験を表す言葉です。Webサイトを利用する中で「使い勝手が良い」「印象的な見た目をしている」など、ユーザーが感じたことがすべてUXに当たります。

Webサービスにおいて、ユーザーの満足度につながるUI・UXの重要性は高まっています。UI・UXのスペシャリストを目指すことも年収を上げる方法のひとつです。

8.フリーランスとして独立する

8つ目はフリーランスとして独立する方法です。フリーランスは成果を上げれば収入も比例して多くなります。

会社員ではいくら成果を上げても収入には限度があるため、スキルの高い人ならフリーランスとして働いたほうが稼げるでしょう。

また自分の得意な分野や高単価の案件など、仕事を選べることもメリットです。拘束時間もなく好きな仕事を好きなだけできます。

しかしフリーランスが収入を安定させるためには、継続的に案件を受注するために営業活動を行うなどの努力や工夫が必要です。自己管理がしっかりでき、努力を継続できる人はフリーランスとして独立すれば高年収を目指せるでしょう。

フロントエンドエンジニアになる3つの方法

フロントエンドエンジニアになる3つの方法

フロントエンドエンジニアの年収の詳細や、年収を上げるためのスキルや方法について解説してきました。ここでは、未経験の方がフロントエンドエンジニアになるための方法を3つ紹介します。

1.独学で学習する

1つ目は独学でスキルを身につける方法です。書籍やWeb上の学習サービスを利用すれば、独学でプログラミングを学べます。プログラミングの学習サービスはたくさんあります。初心者の方でも理解しやすく、気軽に始められることが特徴です。おすすめのサービスを紹介します。

Progate」はわかりやすくまとめられたスライドで知識を学び、実際にプログラムを書いて演習を行うサービスです。環境構築は不要でゲーム感覚で進められるため、楽しみながら学習ができます。

paizaラーニング」は動画レッスンを見てプログラミングの理解を深めたあと、練習問題で応用力をきたえる学習サイトです。効率的にスキルを身につけたい方におすすめです。

ドットインストール」は3分間の動画で学ぶ動画学習サイトです。初心者でも理解しやすく、コンパクトな動画なので気軽に視聴できます。隙間時間を利用して学習したい方におすすめです。

どのサービスも無料のコンテンツが多いので、まずは気軽に試してみてください。自分に合うと感じたら有料プランに登録して知識を深めるのがおすすめです。

2.プログラミングスクールを利用する

独学での学習に不安を感じる方は、プログラミングスクールの利用もおすすめです。プログラミングスクールは、初心者でも理解しやすいカリキュラムが設計されています。何から始めたら良いかわからない人も安心して学習できますよ。

また、わからないことがあれば講師に質問できます。一人で悩むことなくスムーズに学習を進められるので、挫折することも少ないでしょう。プログラミングスクールはたくさんあるので、どこを選んだら良いか悩んでしまうかもしれません。複数のスクールの学習内容や受講料金を比較して検討してみてください。

プログラミングスクールを選ぶ際には、以下の記事も参考にしてください。

【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

3.エージェントサービスを利用する

すでにフロントエンドエンジニアとして働いている場合は、専門のエージェントサービスを利用する方法もおすすめです。キャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、仕事の選択肢が広がりますよ。

エージェントはたくさんありますが、エンジニア転職に特化したサービスを選ぶと良いでしょう。おすすめのエージェントサービスを3つ紹介します。

マイナビITエージェント」はIT・Webエンジニアに特化した無料転職支援サービスです。IT業界に詳しいキャリアアドバイザーが転職活動のプランを提案してくれます。実務経験が少ないエンジニアでも利用可能なので、まずは登録して相談してみると良いでしょう。

レバテックキャリア」はITエンジニアやWEBデザイナーに特化した、業界最大級のIT転職エージェントです。年収の高い求人が多く、年収アップ率60%以上という実績もあります。年収を上げたい人は登録して求人をチェックしてみてください。

リクルートエージェント」は人材業界最大手の総合転職エージェントです。IT業界の求人も多く、地方の求人案件が多いことも特徴です。地方在住の方には特におすすめです。とにかく求人数が多いので、自分に合う求人を探してみてください。

フロントエンドエンジニアとして年収を上げたいなら専門サービスを利用しよう!

フロントエンドエンジニアとして年収を上げたいなら専門サービスを利用しよう!

フロントエンドエンジニアは将来性もあり、需要の高い職業です。今後もITの発展に伴い仕事は増えていくでしょう。

フロントエンドエンジニアは高年収を目指せる職種です。フロントエンドエンジニアになるには、まず独学やプログラミングスクールでスキルを身につけましょう。スキルを身につけたら、年収を上げるために転職エージェントなどのサービスを利用するのがおすすめです。

IT業界に特化した専門サービスは、業界に詳しいキャリアアドバイザーからサポートを受けられることがメリットです。未経験の方も、すでにフロントエンドエンジニアとして経験がある方も、自分の希望や疑問点など気軽に相談してみてください。理想の働き方に近づく第一歩となるでしょう。

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

HTML/CSS入門!基礎知識と初心者におすすめのサイトや本を紹介

2022.02.08

HTML/CSS入門!基礎知識と初心者におすすめのサイトや本を紹介

#コーディング

次の記事

C#とは?基礎知識から学び方のポイントまで徹底解説

2022.02.08

C#とは?基礎知識から学び方のポイントまで徹底解説

#C#

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール