キャリア

最終更新日: 2022.03.08 (公開: 2022.03.07)

クラウドエンジニアとは?インフラエンジニアと違いや仕事内容、将来性、必要スキルまで解説!

クラウドエンジニアとは?インフラエンジニアと違いや仕事内容、将来性、必要スキルまで解説!
  • クラウドエンジニアに興味があるけど、具体的にどんな仕事なんだろう?
  • 未経験からクラウドエンジニアになるために必要なスキルや知識を知りたい
  • クラウドエンジニアに将来性や需要はある?

このような悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。

クラウドエンジニアは、クラウドサービスを利用したシステム設計、構築、運用などを行うエンジニアのことです。クラウドサービスには、さまざまなメリットがあるため、導入する企業が増えています。今後も多くの分野で活躍が見込まれる職種です。

この記事では、クラウドエンジニアの仕事内容や将来性、必要なスキルについて詳しく解説します。この記事を読めば、クラウドエンジニアについて理解でき、クラウドエンジニアを目指すための行動ができるでしょう。

クラウドエンジニアとは?

クラウドエンジニアとは?

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを利用したシステムの設計、構築、運用などを担当するエンジニアを指します。

最近では、ITインフラ環境を自社で管理するオンプレミスから、パブリッククラウドへ移行する企業が増えています。クラウドサービスにはコスト削減や開発スピード向上など、多くのメリットがあるからです。新規開発では、インフラ環境をクラウド上で構築することが一般的になってきました。それに伴い、クラウドサービスの導入・移行作業を担当するクラウドエンジニアが注目されています。

クラウドサービスは、Amazonが提供するAWS(Amazon Web Services)、Microsoftが提供するMicrosoft Azure、Googleが提供するGCP(Google Cloud Platform)が有名です。これらの主要製品を導入する企業が多く、使いこなせるクラウドエンジニアが求められています。

インフラエンジニアとの違い

インフラエンジニアの主な仕事は、サーバーやネットワークなどの設計・構築・運用などのIT環境の基盤作りです。クラウドエンジニアも、クラウド環境をメインにIT環境の基盤を構築するため、インフラエンジニアの一つといえます。

クラウドサービスが普及する前のインフラエンジニアは、オンプレミスのインフラ環境を担当することがメインでした。物理的なサーバーや、ルーター・スイッチなどのネットワーク機器を扱うスキルや知識が求められたのです。

しかし、クラウドサービスが普及する中で、徐々にオンプレミスのサーバーやネットワーク機器を仮想化する動きが主流になってきました。現在では、物理環境よりも仮想環境でITインフラを構築することのほうが多くなっています。

最近では、インフラエンジニアにも物理環境だけでなく、クラウド環境のスキルも必須となっています。インフラエンジニアがクラウドスキルを身につけて、クラウドエンジニアへ転向するケースも少なくありません。

ネットワークエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアは、自社の通信基盤となるネットワークの構築・運用・保守が主な仕事です。ネットワークエンジニアもインフラエンジニアの一つで、特にネットワークをメインに担当するエンジニアを指します。

クラウドエンジニアとの違いは、業務を行う環境がクラウドではなく、オンプレミスがメインであること。クラウドのようにインターネット上でシステムを構築するのではなく、実際に物理環境で手を動かして作業することが多いです。スイッチやルーターなどのネットワーク機器を操作し、サーバー同士を接続する配線作業などがメインとなります。

しかし最近ではネットワークも仮想化することが主流となり、クラウド上で構築されることが多くなりました。そのためインフラエンジニアと同様に、ネットワークエンジニアにもクラウドスキルが求められています。

クラウドエンジニアの需要・将来性は高い

クラウドエンジニアの需要・将来性は高い

クラウドエンジニアの需要は高く、将来性もあるといえます。企業が使用するITシステムは、オンプレミスからクラウドへ移行が進んでいるからです。

総務省の令和二年版情報通信白書によると、クラウドサービスを事業に使用している企業は、全体の64.7%というデータがあります。企業のITインフラ構築の手段として完全に定着していることがわかるでしょう。

参照:総務省|令和2年版 情報通信白書|企業におけるクラウドサービスの利用動向

リモートワークが当たり前になり、オフィス以外で業務をする中でセキュリティ対策やペーパーレス化などの新たな課題も生まれました。クラウドサービスはこれらを解決するための手段にもなります。

さらに自社IT環境の運用・保守にかかる人材コストの削減や、ランニングコストの安さなど経営面でのメリットも大きいです。今後もクラウドサービスを導入する企業は増え続けるでしょう。

こうした流れを受け、クラウドスキルを持つエンジニアの必要性は高まっています。クラウドエンジニアの将来性は非常に高いといえるでしょう。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容は、どんなものでしょうか。クラウドエンジニアの仕事を一言で語るには難しいところがあります。ここでは、クラウドエンジニアの仕事内容について詳しく解説します。

1,要件定義

1つ目は要件定義です。要件定義は、クライアントへサービスを提供するにあたって、必要なものを明確にする業務のことをいいます。

まず、クライアントが何を必要としているか定義したものを「要求定義」といいます。システム開発ではクライアント側の要求を実現することがゴールとなります。そのための設計をする前段階として開発者の視点から要求をまとめ、具体的な進め方を決めることが「要件定義」です。

実装すべき機能や性能、プロジェクトのスケジュールなどをクライアントと確認・相談しながら明確化していきます。

ゴールが不明確だと、どのように進めたらいいかわからなくなるでしょう。要件定義はプロジェクトを成功させるための重要な工程です。開発途中で仕様が変わることもよくありますが、最低限崩さないコンセプトを決めることも大切です。

2,インフラの設計

2つ目はインフラの設計です。要件定義をもとに、ITシステムやサービスが正常に動作するインフラ環境を設計します。

オンプレミスから完全にクラウドへ移行するのか、オンプレミスとクラウドを併用するのかなど、さまざまなクラウドの導入方法があります。クライアントの要望や拡張性、セキュリティ面などを広く考慮しながら最適なインフラ環境を構築できるよう設計する業務です。

適切なクラウドベンダーやプランの選定、コストの算出なども必要です。さらにオンプレミス環境からの移行なら、オンプレミスのサーバー、ネットワーク、データベースなど幅広い知識も求められます。

3,クラウドの構築

3つ目はクラウドの構築作業です。設計書をもとに最適なクラウド環境を構築します。

具体的には、クラウド上で仮想サーバーの作成やストレージの設定、データベースの構築、ソフトウェアの導入・設計などを行います。オンプレミスからの移行の場合、今まで使用していた物理サーバーやデータの移行、ネットワークの切り替えなども必要です。

セキュリティを考慮したアクセス制限やファイアウォール、バックアップシステムの設定なども行います。細かな設定など考慮することは多くありますが、オンプレミスと違って機器の設置などの力仕事はありません。すべてインターネット上で構築作業を完結できるのがクラウドの特徴です。

4,保守・運用・監視

4つ目は保守・運用・監視業務です。構築したクラウド環境が正常に稼働しているか監視し、障害が発生した場合は即座に対応する必要があります。クラウドベンダーが提供するパブリッククラウドでは、一定の範囲まではベンダーが保守・運用を受け持ってくれます。

しかしサービスレベルや保守内容はベンダーやプランによって違うため、責任範囲や保証内容は詳しく確認しておくと良いでしょう。

他にも、OSやソフトウェアのバージョンアップやパフォーマンスチェックなどは日常的に行います。クライアントから「ネットワークがつながりにくい」「動作が遅い」などの問い合わせが入れば、原因を調査するのもクラウドエンジニアの仕事です。

クラウドエンジニア全体の平均年収は約596万円

クラウドエンジニア全体の平均年収は約596万円

クラウドエンジニアは需要が高いこともあり、他の職種と比べて年収も高い傾向にあります。正社員として働くクラウドエンジニアの平均年収は、約596万円です。月給換算で50万円、初任給は23万円程度が相場です。日本の平均年収と比較すると高いことがわかりますね。

派遣社員の平均時給は2,638円です。一般的な事務職などと比べれば、歴然の差に驚くでしょう。クラウドエンジニアとして、専門スキルを持つ人材の市場価値の高さがわかります。

しかし、全体の給与幅としては355〜989万円と広い傾向にあります。クラウドエンジニアは勤務先や経験・保有スキルによって年収が大きく変化するようです。

非常に需要のあるクラウドスキルを磨いて経験を積めば、年収も大きく上がるでしょう。クラウドエンジニアはスキルや経験をしっかり積み上げていくことで、高収入を目指せる職業です。

参照元:求人ボックス

クラウドエンジニアに必要なスキルや知識

クラウドエンジニアに必要なスキルや知識

クラウドエンジニアには、クラウドに限らずさまざまなスキルや知識が求められます。ここでは、クラウドエンジニアに必要なスキルや知識について詳しく解説します。

1,インフラ全般の知識とスキル

クラウドエンジニアはITインフラに関わることが多いため、インフラ全般の知識とスキルが必要になります。サーバーやネットワーク周りの知識はもちろん、OSやミドルウェアの知識もあると役立つでしょう。

今まで使用していたオンプレミスのインフラ環境を、クラウドへ移行したいという案件も多いです。クラウドとオンプレミス両方のインフラ環境の特徴や、設定方法などに精通するエンジニアはさらに需要が高くなります。

2,クラウドに関する知識

クラウドエンジニアには、クラウドサービスを支える技術についても深い知識が必要です。代表的なものではサーバーやネットワークの仮想化技術が挙げられます。物理サーバーと仮想サーバーそれぞれのメリット・デメリットや、SDN(Software-Defined Networking)というネットワーク仮想化の概念などを一度確認しておくと良いでしょう。

クラウドをただ利用するだけでなく、裏でどのようにシステムが動いているのか理解すれば業務にも役立ちます。仕組みを理解することで、新たな開発時や障害発生時にも落ち着いて対応できるでしょう。知識を深めていけば、市場価値を上げることにもつながるのです。

3,クラウドサービスに関する知識

クラウドエンジニアにはクラウド技術だけでなく、クラウドサービスについての知識も必要です。代表的なクラウドサービスであるAWS、Microsoft Azure、GCPは導入している企業も多く、操作に精通するエンジニアは需要が高いです。

さらにパブリッククラウドの提供方法である「IaaS」「PaaS」「SaaS」はしっかりと区別して理解しておく必要があります。クラウドの概念については書籍で学んだり、資格取得の勉強をするのもおすすめです。

また「Infrastructure as Code」「DevOps」「CI/CD」なども新たな開発手法として注目されています。クラウドの普及により効率的な開発手法や新しい概念が次々と生まれています。最新情報は常にチェックするよう意識しましょう。

4,サーバー・ネットワークに関する知識

クラウドエンジニアはクラウド上にITインフラを構築するため、サーバーやネットワークの知識は必須です。最適なIT環境を構築するには、サーバーやネットワークについて深く理解している必要があります。

OSというとWindowsやMacOSが身近ですが、企業のインフラ環境で動作するサーバー上では、圧倒的にLinuxのシェアが多いです。Linuxはコマンドでの操作がメインとなるため、しっかり扱えるように知識とスキルを身につけておきましょう。

ネットワークもクラウド上で構築しますが、ネットワーク機器の役割やルーティングなどの知識がないと複雑な設計を構築するのは難しいです。クラウドエンジニアとして活躍するためには、基礎となる知識をしっかり身につけましょう。

5,オンプレミスの知識

クラウドエンジニアにも、オンプレミスに関する知識は必要です。その理由はインフラをオンプレミスからパブリッククラウドに移行するケースが多く、その際に必要な知識だからです。

適切に移行作業をするために、オンプレミスでのサーバーやスイッチ、ルーターなどの物理機器の役割を把握しておかなければなりません。データの移行やネットワークの切り替え作業などは特に慎重に行う必要があります。

またクラウドに完全には移行せず、オンプレミスとクラウドを併用する企業も多いです。オンプレミスがすぐになくなるということはないでしょう。オンプレミスの知識は持っていて損はないといえます。

6,コミュニケーションスキル

クラウドエンジニアには、コミュニケーションスキルも必要です。エンジニアは一人で黙々と仕事をするようなイメージを持たれるかもしれません。しかし実際のクラウドエンジニアの業務は、クライアントへのヒアリングがとても重要です。

クライアントから要望をしっかりと引き出し、最適なクラウド環境の提案や設計を行うので、円滑なコミュニケーションが取れるスキルは必須です。クライアントからの信用を得るためにも、丁寧なコミュニケーションを意識しておきましょう。

またITインフラはシステムを稼働させるための基盤となるため、システム開発部門などさまざまな部署との連携も必要です。それぞれのメンバーに指示を出したり進捗状況を共有したりすることは、円滑に業務を進めるために重要な要素となります。

7,資料作成スキル

クラウドエンジニアは、クライアントの要望を正確にヒアリングし、どのようなクラウド環境が最適かを設計して提案します。そのための提案書や設計書などをわかりやすくまとめる資料作成スキルも大切です。

クライアントだけでなく、チームで開発を進める際にもメンバーにわかりやすくまとめた各種資料を配布します。運用・保守業務のレポート提出を求められることも多いです。

立場やスキルの異なる相手にも、わかりやすく伝えられる資料作成スキルはとても重要です。物事を順序立てて論理的に説明できるよう心がけましょう。

クラウドエンジニアのキャリアパス

クラウドエンジニアのキャリアパス

クラウドエンジニアとして経験を積めば、キャリアパスの選択肢が広がります。ここでは、クラウドエンジニアがキャリアアップするのにおすすめな職種を3つ紹介します。

スペシャリスト

スペシャリストとは、特定の分野を極めた人のことをいいます。クラウドエンジニアとして技術を深めたい人におすすめです。ハイレベルな技術力が求められるため、多くの知識やITテクノロジーについての最新情報も必要です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、チームで仕事を進めていくためのリーダーとなる役割です。プロジェクトを成功させるためメンバーへ的確な指示を出し、計画通りに進行します。コミュニケーションが得意な方や、チームや人を育てることにやりがいを感じる方におすすめです。

コンサルタント

コンサルタントは、クライアントの経営問題などを解決し、より良い方法をアドバイスする職業です。クライアントの課題解決にやりがいを感じる方におすすめです。コンサルタントに転身するには、IT技術だけでなく経営戦略などビジネススキルも求められます。

クラウドエンジニアを目指すうえで有利な資格

クラウドエンジニアを目指すうえで有利な資格

クラウドエンジニアに、資格は必須ではありません。しかしクラウドに関する資格を取得すれば、知識を深められ転職時にもアピール材料となります。ここでは、クラウドエンジニアを目指すうえで有利な資格を紹介します。

1,AWS認定資格

パブリッククラウドで最大のシェアを誇るAWS(Amazon Web Services)の認定資格です。市場評価も高く学習環境も整っているため、クラウド分野の初心者でも手をつけやすいでしょう。

AWS認定は基礎レベル、アソシエイトレベル、プロフェッショナルレベルの3種類のレベルに分けられます。さらに専門知識が問われる5種類の専門分野認定があります。

初心者の方は基礎レベルかアソシエイトレベルから学習を始めるのがおすすめです。AWSの主要サービスの概念や操作方法、クラウドの一般知識などを体系的に学べます。

2,Google Cloud認定資格

Google Cloud認定資格は、GoogleによるクラウドサービスであるGCP(Google Cloud Platform)の知識やスキルを示す資格です。Googleのサービスそのものや、Googleの技術力に魅力を感じている方におすすめです。案件獲得の幅も広がるでしょう。

ユーザー認定、アソシエイト認定、プロフェッショナル認定と3つのレベルに分かれています。初心者の方はユーザー認定かアソシエイト認定から始めるのがおすすめです。

Google Cloud認定資格の情報はさまざまな書籍やホームページで公開されています。さらに「Google Cloudトレーニング」と呼ばれる、Google公認の講師が行う短期集中講座も開催されているのでチェックしてみてください。

3,Microsoft認定資格

Microsoft認定資格プログラムは、Microsoft社の提供する各種のソフトウェアやサービスに関するスキル・知識を認定する資格です。その中にMicrosoft社が提供するクラウドサービスであるMicrosoft Azureの認定資格も含まれます。

Azureの認定資格の種類は基礎から専門分野まで細かく9種類に分かれています。初心者の方は、まず基礎レベルから学習を始めるといいです。そのあと、より興味のある分野の資格に挑戦すると良いでしょう。

学習方法は「Microsoft Learn」というMicrosoft社が提供する学習サービスがあります。無料でAzure環境に触れることもできるので、まずはMicrosoft Learnから始めるのがおすすめです。

未経験からクラウドエンジニアになる方法

未経験からクラウドエンジニアになる方法

クラウドエンジニアの将来性や、必要なスキルについて紹介してきました。では、未経験の場合どうやってクラウドエンジニアを目指せばいいのでしょうか。ここでは、未経験からクラウドエンジニアを目指す方法について解説します。

1,必要な知識や技術を身につける

まずは必要な知識や技術を身につけましょう。クラウドエンジニアにはクラウド・サーバー・ネットワーク・オンプレミスの知識やスキルが必要です。仮想化技術やデータベース、DevOpsなどの知見もあればさらに良いでしょう。

求人や案件によっても求められるスキルは違います。基礎的な知識やスキルを得たあとは、何が求められるのか確認したうえで、需要のある領域を伸ばしていくのがおすすめです。

まずは資格取得などを目指して学習することで、基礎的な知識を身につけられます。

2,プログラミングスクールに通う

クラウドエンジニアに必要なスキルは、独学でも身につけられますが、未経験の方は学習を継続することが難しく、挫折してしまう方も多いです。

独学に不安を感じる方は、プログラミングスクールの受講も検討してみてください。プログラミングスクールは必要なカリキュラムがしっかり組まれており、疑問点は講師に質問できることがメリットです。一人で悩むことがなくなるので、挫折しにくくなるでしょう。

さまざまなコースが用意されており、忙しい方でも空いた時間を利用して学習できるのが強みです。中には無料で通えるスクールもあるので、無料体験などに参加して自分に合ったスクールを選びましょう。

以下の記事でおすすめのプログラミングスクールを紹介しているので、参考にしてみてください。

【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

3,未経験を募集している企業に応募する

クラウドエンジニアの求人は、経験者を募集しているケースが多いです。しかし、現在は深刻なエンジニア不足の状況が続いています。そのため30代前半くらいまでの人なら、未経験でも応募可能なIT企業や研修付きのエンジニア求人も多くあります。そのような求人を探して応募するのも一つの手段です。

しかし未経験OKとはいえ、まったくスキルがないまま就職しても仕事についていけず苦労するだけです。必要最低限の知識やスキルを身につけておけば、未経験でもクラウドエンジニアとして就職して活躍するチャンスがあるでしょう。

4,他業種から転職する

現在の仕事がサーバーエンジニアやネットワークエンジニアなら、インフラ系の素養は十分にあるのでスムーズにクラウドエンジニアへ転職できるでしょう。

さらにクラウドエンジニアに比べてインフラエンジニア全般は未経験でも就職しやすいです。未経験の方はまずはインフラエンジニアとして実務経験を積み、クラウドスキルをプラスしていけば即戦力の人材になれます。

クラウドエンジニアを目指すために、まずはインフラエンジニアとして就職し経験を積むのもおすすめの手段です。

需要と将来性が高いクラウドエンジニアを目指そう!

需要と将来性が高いクラウドエンジニアを目指そう!

企業でクラウド化が進んでいる現在、クラウドエンジニアの需要は拡大しています。また、IoTなど新技術の到来により、今後クラウドの活用シーンはますます広がることが予想されます。それに伴いクラウドエンジニアは多くの業界から求められ、活躍の場も広がるでしょう。

クラウドエンジニアは需要と将来性のある職業です。少しでも興味があれば、クラウドエンジニアに必要なスキルを身につけるための学習を始めてみましょう。スキルを身につけるには独学も可能ですが、効率よく学びたい場合はプログラミングスクールに通うこともおすすめです。無料でスクールのカウンセラーに相談もできるので、まずは気軽に相談してみてください。

クラウドエンジニアとしてこれから活躍したいと考えるなら、少しでも早く行動してみましょう!

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

アプリケーションエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収、必要スキルを徹底解説!

2022.03.04

アプリケーションエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収、必要スキルを徹底解説!

#キャリア

次の記事

フリーランスエンジニアの年収はどれくらい?平均や相場と年収を上げる方法を解説

2022.03.08

フリーランスエンジニアの年収はどれくらい?平均や相場と年収を上げる方法を解説

#キャリア

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール