キャリア

最終更新日: 2022.03.16 (公開: 2022.03.16)

プログラマーとは何をする人?プログラマーの種類・仕事内容から、勉強方法まで解説

プログラマーとは何をする人?プログラマーの種類・仕事内容から、勉強方法まで解説
  • プログラマーとは、どのような仕事をする職業?
  • プログラマーには、どのような種類がある?
  • 未経験からでもプログラマーに転職できる?

あなたは、このような疑問を抱え、本記事までたどり着いたのではないでしょうか?

プログラマーは、システムやソフトウェアの機能をプログラミングによって実装する職業です。作成するシステムやソフトウェアの種類によって、プログラマーも細かく分類されます。

また、未経験からでもプログラマーの転職は可能です。しかし、プログラマーには高度な専門知識が必要とされます。そのため、未経験からプログラマーへの転職を目指すなら、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

本記事では主に、以下の内容についてまとめています。

  • プログラマーに求められるスキル
  • プログラマーの種類と仕事内容
  • プログラマーを目指すための学習方法
  • プログラマーを目指すのに適したプログラミングスクール・転職エージェント

本記事を読めば、プログラマーに必要なスキルやプログラマーの仕事の詳細が分かり、未経験からプログラマーを目指すための具体的な方法が分かります。

プログラマーとは?

プログラマーとは?

プログラマーは、仕様書に基づいてさまざまなシステムやソフトウェアを作成する仕事です。プログラマーの作成するシステムやソフトウェアは、個人用スマートフォンやタブレット向けのものや、家電に組み込まれるものなど多岐にわたります。そのため、プログラマーは、社会にとって必要不可欠な仕事です。

また、プログラマーと似た仕事にシステムエンジニアがあります。システムエンジニアは、システムやアプリケーションの仕様書や設計を行う仕事です。システムエンジニアがシステムやソフトウェアの設計、仕様書作成を行い、プログラマーが仕様書に基づいて実際にソフトウェアを作成するのが一般的な仕事の流れです。

なお、プログラマーと一言で言ってもさまざまな種類があります。本記事では多岐にわたるプログラマーの種類や、それぞれのプログラマーの仕事内容、適正などを解説します。

プログラマーに向いている人はどんな人か

プログラマーに向いている人はどんな人か

先述したように、プログラマーは現代社会にマストな仕事です。そのため、他業種から、プログラマーを目指す人も少なくありません。それでは、プログラマーとして他の人と差をつけるために、どのようなスキルを持っていれば良いのでしょうか?本章では、プログラマーに向いている人の特徴や、プログラマーに推奨されるスキルについて解説します。

論理的思考ができる

プログラマーには、論理的思考(ロジカルシンキング)が求められます。論理的思考とは、筋道を立てて、物事を矛盾のないように考える力です。システムエンジニアが作成した仕様書を見て、順序よくプログラミングを進めるために論理的思考が必要とされます。

また、システムエンジニアによるソフトウェアの設計や仕様書を実現できるようなアルゴリズムを構築するためにも、論理的思考が必要です。仕様を達成できるようなアルゴリズムを、矛盾や逸脱のないように構築できる力がプログラマーには必要不可欠です。

問題解決力がある

プログラマーには、問題解決力が必要です。システムエンジニアの仕様書どおりにプログラミングを行っても、仕様不備によるエラーが起こる可能性があります。また、プログラムに予期せぬエラーやバグが発生することもあります。

ソフトウェアやアプリケーションの作成が終わっても、プログラマーの業務は終わりではありません。作成物に問題が見られる場合、その問題を解決することもプログラマーの仕事です。

そのため、先述したような想定外の問題の原因を特定し、解決する力はプログラマーに重要な能力の一つです。予期せぬ問題の解決には、問題発生時の状況から原因を推測するだけでなく、原因の可能性を一つずつ潰していけるような根気強さも求められます。

好奇心旺盛・勉強し続けられる

あらゆる物に興味を持てる好奇心や、勉強し続けられる根気強さを持つ人はプログラマーに向いています。IT技術の発展スピードは非常に速いです。新しい技術やトレンドが、日々生まれ続けています。そのため、新しい技術の情報を積極的に集めたり、最新技術について勉強し続けたりする姿勢がプログラマーには必要です。

また、作成するソフトウェアやアプリケーションに応じて、さまざまなプログラミング言語が使われます。そのため、扱えるプログラミング言語が多いプログラマーほど、市場価値が高いと言えるでしょう。一つのプログラミング言語だけでなく、あらゆるプログラミング言語を貪欲に学び続けられる能力がプログラマーには求められます。

コミュニケーション能力がある

プログラマーは、一人で黙々と作業をしているイメージがあります。しかし、プログラマーにはコミュニケーション能力が必要です。

先述しているように、プログラマーはシステムエンジニアの仕様書を元にプログラミングを行います。そのため、仕様書からシステムエンジニアの意図を適切に汲み取る力が、プログラマーには求められます。

また、プログラマーがクライアントの要求や意見を、直接ヒアリングするケースもあります。大規模なソフトウェアやアプリケーション開発は、チームで行われることもあるでしょう。そのため、クライアントやチームメンバーの意見を汲み取ったり、その上で自身の意見や思いを伝えたりする力もプログラマーには必要です。

プログラマーの種類と仕事内容

プログラマーの種類と仕事内容

プログラマーと一言で言っても、作成するソフトウェアやアプリケーションのジャンルによって、さまざまなタイプに分類されます。また、所属する企業の事業内容によって、プログラマーの担当業務が変わることもあるでしょう。

本章ではプログラマーの種類を細かく分類し、それぞれのプログラマーの仕事内容について詳しく解説します。

Web系

Web系プログラマーは、CMSやSNSなどのWebアプリケーション開発、ECサイトやWebサイトのコーディング、顧客データベースの構築などを行います。使用される主なプログラミング言語は、JavaScript、PHP、Ruby、Pythonなどです。

Webアプリケーション開発やWebサイトのコーディングなどは、アジャイル方式で開発されます。アジャイル方式とは、短期間で最低限の機能を開発してリリースし、リリース後に改善を繰り返す開発方式です。

2021年2月の求人ボックスの情報によると、Web系プログラマーの平均年収は約440万円です。20代の若いプログラマーの場合、開発したWebページやWebアプリケーションの数が多いほど年収が高い傾向にあります。一方、30代以上の熟練したプログラマーの場合、責任の高い役職につくほど年収が高い傾向にあります。

ゲーム系

ゲーム系プログラマーは、ゲームソフトやオンラインゲーム、スマートフォンゲームなどの開発を行います。使用される主なプログラミング言語は、C系言語やUnity、Java、PHP、Objective-Cなどです。開発するゲームの種類によって、使用されるプログラミング言語は異なります。

ゲーム系プログラマーの年収は、おおよそ450〜500万円です。プロデューサーやディレクターなど、責任の高い役職ほど高年収を得られます。また、ゲームサウンド担当やグラフィック担当、ゲームプランナーなど、ゲーム開発の中でも担当する分野によって年収は少しずつ異なります。

なおゲーム系プログラマーは、自身が携わったゲームのヒットやアップデートによって、給与アップされる可能性があります。

業務システム系

業務システム系プログラマーは、企業の経理システムや申請システム、プロジェクト進捗管理システム、ECサイトの開発などを行います。使用される主なプログラミング言語は、Java、JavaScript、C#などです。

業務システム系プログラマーの業務は、属する企業によって異なる傾向にあります。企業のシステム系管理部門に属している、業務システム系プログラマーの主な業務は、システムの保守開発や点検、メンテナンスです。一方、システム開発会社に属している業務システム系プログラマーは、業務システムの新規開発や新機能の実装、クライアント要求に対するシステム改善などを行います。

パッケージアプリケーション系

パッケージアプリケーション系プログラマーは、自社製品として売り出されるアプリケーションやソフトウェアの開発を行います。使用される主なプログラミング言語は、C++、C#、VB、Javaなどです。

法人向けに開発されるパッケージアプリケーションには、数千万円〜数億円の開発費用がかけられる大規模なものもあります。そのため、パッケージアプリケーションはチームで開発されることが多いです。それに伴い、パッケージアプリケーション系プログラマーには、高いコミュニケーション能力が求められます。

オープン・オンラインシステム系

オープン・オンラインシステム系プログラマーは、共有クラウドや電子カルテ、顧客管理データベースなどの開発を行います。使用される主なプログラミング言語は、JavaやPHPなどです。ただし、オープン・オンラインシステム系プログラマーは、多数のプログラミング言語やWeb上に公開されているOS、ソフトウェアを組み合わせて開発を行います。

オープン・オンラインシステム系プログラマーには、多くのプログラミング言語やソフトウェアの知識が求められます。そのため、人材不足が顕著で需要が非常に高い職種。

また、オープン・オンラインシステム系プログラマーは、他分野のプログラマーへ転職しやすいです。他分野のプログラマーよりも扱うプログラミング言語の種類が多いため、他分野に転職しても即戦力として活躍できます。

設備制御系

設備制御系プログラマーは、インフラや工場、交通機関など、動作に制御が必要な設備、機器のシステム開発を行います。使用される主なプログラミング言語は、JavaやC++などです。

設備や機器に組み込まれる制御プログラムは、一度入れて導入すると簡単には交換できません。また、プログラムの誤動作が大事故につながる可能性もあります。そのため、設備や機器の制御システムには、正確な動作と耐久性が求められます。

なお、同じ設備制御系プログラマーであってもC言語を扱えるかどうかで、年収に100万円程の差が生まれています。設備制御系プログラマーとして高年収を狙うなら、C言語をマスターすると良いでしょう。

汎用系

汎用系プログラマーは、金融機関システムやクレジットカードシステムに使われるメインフレーム開発を行います。汎用系プログラマーによって開発されるシステムは、主に大規模な高性能・集中処理型コンピュータで動作します。そのため、汎用系プログラマーはCOBOLと呼ばれる、事務処理システム開発に特化したプログラミング言語を主に使います。

また、COBOLは古いプログラミング言語であるため、汎用系プログラマーの年齢層は高い傾向にあります。そのため、20代の若手でも汎用系プログラマーの即戦力として活躍できるなら、高年収を狙えるでしょう。

組み込み系

組み込み系プログラマーは、IoT家電に内蔵される小型コンピュータソフトウェアや、自動車のカーナビ、自動運転システムなどの開発を行います。使用される主なプログラミング言語は、C言語(C、C++、C#)です。TRONと呼ばれるOSが用いられる場合もあるため、ITRONの仕様に関する知識も必要とされます。

組み込み系プログラマーが開発するシステムは、家電や自動車など、何かしらの機器に内蔵されるものです。そのため、組系プログラマーにはソフトウェアの知識に加え、ハードウェアに関する幅広い知識も求められます。

現在、さまざま機器のIoT化が進んでいるため、組み込み系プログラマーの人材不足が進んでいます。そのためプログラミング未経験からでも、組み込み系プログラマーへの転職は十分に狙えるでしょう。

通信系

通信系プログラマーは、ルーターやモデムなどのデータ通信に関するシステム開発を行います。担当するシステムによって、クラウド型サービスや経理システムなどの開発も行います。使用される主なプログラミング言語は、CやC++などのC言語、Javaなどです。

通信系プログラマーの年収は、他分野プログラマーの年収よりも高い傾向にあります。年収相場は、20代で500万円程度、30代で600万程度、40代で800万程度です。所属する企業の規模や担当する業務の種類によって年収は変動するものの、プログラマーとして高収入を狙うならおすすめの職種です。

プログラマーに必要なスキルとは

プログラマーに必要なスキルとは

先述したように、プログラマーには論理的思考力やコミュニケーション力など、さまざまなスキルが求められます。その中でも、プログラマーにとって欠かせないスキルは、プログラミング言語の知識です。

本章では、プログラミング言語の必要性や学び方、代表的なプログラミング言語の役割について解説します。

プログラミング言語

プログラミング言語は、プログラマーがシステム開発する上で必要不可欠な道具です。プログラミング言語の種類は多岐にわたり、開発されるシステムによって必要となるプログラミング言語は変化します。そのため、扱えるプログラミング言語の種類が多いプログラマーほど、市場価値の高いプログラマーと言えるでしょう。

しかし、はじめから複数のプログラミング言語に精通している必要はありません。システム開発の経験を積む中で、その時々で使用するプログラミング言語を習得すると良いでしょう。そのため、担当するシステムで使用するプログラミング言語について、積極的に学習し続けることが重要です。

また、数多く存在するプログラミング言語の中にも、幅広く使用される代表的なプログラミング言語が存在します。プログラマーとしての市場価値を上げるためには、業務で使用するプログラミング言語と、代表的なプログラミング言語を並行して学ぶと良いでしょう。なお、代表的なプログラミング言語とその使用用途は以下のとおりです。

  • Java:WEBシステム開発、パソコン・Androidアプリ開発など
  • C言語:電子機器・ロボット・家電製品の制御プログラム開発など
  • PHP:Webアプリケーションの製作など
  • Python:AIの開発、データ収集、ブロックチェーンの開発など
  • Ruby:Webアプリ・スマートフォンアプリの開発、機械学習の開発など
  • Go言語:Webアプリ・スマートフォンアプリの開発、ドローン・IoT開発など
  • Visual Basic:Webアプリ・スマートフォンアプリの開発、3Dゲームの開発など

プログラマーになりたい人の学習方法

プログラマーになりたい人の学習方法

前章で述べたように、プログラマーにとってプログラミング言語の習得は不可欠です。しかし、プログラミング未経験の人の中には、プログラミング言語の学習をどのように進めれば良いのかわからない人もいるでしょう。

本章では、プログラマーになりたい人の学習方法について解説します。自己学習方法とスクールで学ぶ方法に分けて解説するので、プログラミング学習を進める際の参考にしてください。

自己学習の場合

プログラミング学習方法の一つに、自己学習があげられます。自己学習のメリットは、下記のとおりです。

  • 自分のペースで学べる
  • スクールを活用するよりも低コストで学べる
  • 目標まで学習できると自信がつく

一方、自己学習のデメリットは下記のとおりです。

  • わからない箇所を解決しづらい
  • 挫折しやすい
  • プログラマーへの転職・就活の対策を立てづらい

プログラミングを自己学習で学ぶ場合、書籍や学習サイトを利用して学習することになります。そのため、書籍代やサイト利用代のみの低コストで、ブログラミングを学べます。しかし、プログラミング学習の中で生まれる疑問点を解消できず、そのまま挫折してしまうパターンも少なくありません。

また、自己学習でプログラミングを学ぼうとすると、何をどこから学べば良いかわからなくなってしまう可能性もあります。そのため、プログラミング学習を進めても、習得したいスキルを身に着けられない可能性もあるでしょう。

スクールで学ぶ場合

プログラミングスクールを活用して、プログラミングを学ぶ方法もあります。スクールで学ぶ場合のメリットは、以下のとおりです。

  • 挫折しにくい
  • 疑問点を解消しやすい
  • 目的に沿った学習を続けやすい
  • 転職・就活サポートを受けられる

一方で、スクールで学ぶ場合のデメリットは以下のとおりです。

  • 高い受講料がかかる
  • 転職・就職成功が保証されているわけではない

スクールを利用して学ぶ場合、疑問点をすぐに聞ける環境が整えられているため、挫折や学習目的を見失う可能性が低いです。スクールには現役プログラマーも在籍しているため、転職・就活成功に必要な情報やスキルも得られます。

また、プログラミングスクールの中には、ポートフォリオの作成・添削をしてくれるスクールもあります。ポートフォリオとは、自身のプログラミングスキルをアピールする、システムやアプリケーションなどのサンプルです。ポートフォリオはプログラマーへの転職・就職を狙う上で、非常に役立ちます。

プログラマーとして就職・転職を考えてる方へ

プログラマーとして就職・転職を考えてる方へ

未経験からプログラマーとして就職・転職を考えているなら、プログラミングスクールの受講をおすすめします。プログラミングスクールでは、現役エンジニアの講師による学習サポートを受けられるため、効率よくプログラミング学習を進められます。

また、プログラマーへの就職・転職サポートが充実しているプログラミングスクールも多いです。プログラミングスクールの就職・転職サポートを活用することで、プログラマーへの転職成功確率を引き上げることができます。

現場のプロから学べるオンラインプログラミングスクール|CHATY

現場のプロから学べるオンラインプログラミングスクール|CHATY
受講料(税込) Reactライトニング-お試し2週間-
54,780円(振込一括払い)
受講形式 オンライン特化型
特徴 ハイレベルなスマホアプリ開発者を目指せる

CHATYはハイレベルなスマホアプリ開発者を目指せる、プログラミングスクールです。独立やフリーランスを視野に入れた、質の高い就職・転職を目的としたカリキュラムが充実しています。未経験でも挫折しないようなサポート体制や、1on1のコーチングによるモチベーション管理など、プログラミング学習をやりきる仕組みも整えられています。

またCHATYには、フリーランスエンジニアや現役のアプリケーションエンジニアなど、プログラマーとして現役で活躍している優秀な講師陣が在籍しています。プログラミング学習中に疑問が生まれた場合、講師陣にチャットや通話で質問が可能です。

なお、CHATYではポートフォリオの作成もカリキュラムに含まれています。周りと差をつけるポートフォリオ作成や、高収入を目指すキャリア相談、転職相談を実施しているため、年収アップを狙った転職の実現も目指せるでしょう。

プロが教える充実サポートの実践型プログラミングスクール|tech boost(テックブースト)

プロが教える充実サポートの実践型プログラミングスクール|tech boost(テックブースト)
受講料(税込) スタンダードコース
入学金:126,500円
基本月額料金:32,780円/月
メンタリング4回/月:34,760円/月
教室利用:22,000円/月
受講形式 オンラインと教室から選択可能
特徴 ・キャリアサポート満足度の高いプログラミングスクール3年連続第1位(ゼネラルリサーチ調べ)

tech boostは未経験からエンジニアへの転職を目指せる、プログラミングスクールです。徹底したヒアリングやメンタリング、現役エンジニアによるサポートによって、自分の理想とするエンジニア転職を叶えられます。

tech boostではJavaやPHP、Ruby、HTML/CSSなど、数多くのプログラミング言語を学べます。そのため、目標としている進路に合わせて学ぶ言語を選択できます。どの言語を学べば良いかわからない方は、無料説明会での相談も可能です。

また、tech boostではカリキュラムの中で、オリジナルアプリを0から作成可能です。オリジナルアプリ作成によって、エンジニアとしてのスキルを磨けるのはもちろん、オリジナルアプリをポートフォリオとして転職・就職活動を進められます。

なお、tech boostではオンラインと教室から学習スタイルの選択が可能です。住んでいる地域や学びたい環境などを加味して、自分の学びたいスタイルでプログラミング学習を進められます。

超実践型プログラミングスクール|ディラボ

超実践型プログラミングスクール|ディラボ
受講料(税込) 短期集中コース(12週)
月額:29,800円/月
一括料金:598,000円
受講形式 オンライン特化型
特徴 定員10人の超実践型の疑似受託開発カリキュラム

ディラボは実際の受託開発に限りなく近い、超実践型の疑似受託開発カリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。実際の受託開発に近い環境で学べるため、スクール卒業後に即戦力として活躍できます。

また疑似受託開発カリキュラムは、1期につき定員10人の少人数カリキュラムです。そのため、一人一人にしっかりと向き合った手厚いサポートを受けられます。また、本気でエンジニアを目指す人しか集まらないため、周りとの相乗効果による高いプログラミングスキルの習得が可能です。

なお、ディラボには転職・就職サポートも充実しています。未経験から500名以上のエンジニア転職者を生み出した、エンジニア転職のスペシャリストが、履歴書作成や面談対策の徹底指導を行います。

既卒・第二新卒・フリーターの就職を徹底サポート【ネットビジョンアカデミー】|ポート株式会社

既卒・第二新卒・フリーターの就職を徹底サポート【ネットビジョンアカデミー】|ポート株式会社
受講料(税込) 無料コース
無料(入校条件あり、交通費・試験代は負担)
受講形式 通常クラス形式
特徴 ・無料でプログラミングを学べる(条件あり)
・未経験者が選ぶITスクール、転職者が選ぶITスクール、即戦力になれるITスクール第1位(ゼネラルリサーチ調べ)
・就職率98%の手厚い就職支援サポート

ネットビジョンアカデミーは、資格取得や就職支援、上京支援を徹底サポートし、未経験からエンジニアへの転職を叶える、プログラミングスクールです。ネットビジョンアカデミーでは、ネットワークエンジニアの技術を認定する世界共通資格「CCNA」の取得も行えます。

ネットビジョンアカデミーの受講形式は、教室による通常クラス形式です。しかし、地方に住んでいる人でも上京支援サポートを利用することで、提携シェアハウスに住みながらプログラミングを学べます。家具家電付き、防犯システム完備のシェアハウスに、最大2ヶ月間無料で滞在可能です。

転職サービス【リツアンSTC】| 株式会社リツアンSTC

転職サービス【リツアンSTC】| 株式会社リツアンSTC

リツアンSTCは新しい働き方を提案する、エンジニア派遣会社です。業界No.1の給与水準と情報公開数で、エンジニアと求人元の両方から信頼を獲得しています。

リツアンSTCは求職者の希望の働き方に応じて、技術業務委託、社員、技術内勤社員、プロ契約社員、週2からの仕事、PR採用チームの6種類の求人を提供しています。

また、リツアンSTCでは予想給料の早見表をホームページにて公開中です。予想給料の早見表によって、現状のスキルにおける大まかな給与額を把握できます。

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

初心者必見!ゲームエンジンUnity(ユニティ)とは?習得メリットや学び方のポイントを徹底解説

2022.03.15

初心者必見!ゲームエンジンUnity(ユニティ)とは?習得メリットや学び方のポイントを徹底解説

#Unity

次の記事

2022年最新版!エンジニアの転職やキャリアアップに活かせる資格・勉強方法まで解説

2022.03.16

2022年最新版!エンジニアの転職やキャリアアップに活かせる資格・勉強方法まで解説

#キャリア

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール