プログラミングスクール

最終更新日: 2022.01.14 (公開: 2022.01.14)

Python習得におすすめのプログラミングスクール5選を総まとめ!選び方や注意点も解説

Python習得におすすめのプログラミングスクール5選を総まとめ!選び方や注意点も解説

プログラミング言語の1つであるPythonは、さまざまなWebサービスや、Webアプリケーションで活用されています。たとえば、InstagramやYouTubeなどを構築していることから、求人数も多く注目を集めている言語です。

そのため、Python向きのカリキュラムを用意している教室が多く、独立や転職を考えてPythonを身につけたいのであれば、適切なスクールを選ぶことが大切です。

そこでPythonの習得ができる、プログラミングスクールの選び方や、おすすめのスクールを紹介します。この記事を読めば、自分にピッタリなプログラミングスクールが選べるようになるでしょう。

目次

Pythonを習得できるおすすめプログラミングスクールまとめ

Pythonを習得できるおすすめプログラミングスクールまとめ

まず手始めに、今回紹介するプログラミングスクールを紹介します。

スクール 受講
形式
Python
カリキュラム
マンツーマン 費用(税込) 案件
紹介
転職
サポート
TECH CAMP
(テックキャンプ)
自習形式 なし あり ・短期集中プラン(オンライン)657,800円
・夜間・休日スタイル(オンライン)877,800円
あり あり
TechAcademy Pro
(テックアカデミープロ)
自習形式 なし あり エンジニア転職保証コース
16週間プラン437,800円
あり あり
DMM WEBCAMP COMMIT
(ウェブキャンプ・コミット)
自習形式 or
通学形式
なし あり 690,800円~910,800円
給付金適用後
実質197,340円~317,800円
あり あり
SAMURAI ENGINEER
(侍エンジニア)
自習形式 あり あり 一般66,000円~282,150円 あり あり
ポテパンキャンプ 自習形式 なし あり 440,000円 あり あり

以上、案件紹介と転職サポートが充実している5つをピックアップしました。SAMURAI ENGINEER以外ではPython専門としたカリキュラムはありませんが、授業の中で使い方を学べるため、Python習得を目指せます。

TECH CAMPは未経験者向けに特化したオンラインのみの授業であることから、「通学する時間がない」という方でも利用できます。またTechAcademy Proは、5つの中で最短の16週間で学べるため、短期間で集中して学習をしたい場合に便利です。DMM WEBCAMP COMMITは自習形式と通学形式の好きな方を選べるため、場所に縛られることなく学習したいという方に合っていると言えるでしょう。

4つめに紹介したSAMURAI ENGINEERは、Python専門カリキュラムもあるため 、Pythonをより詳しく知りたいという方におすすめです。最後のポテパンキャンプは、最大受講料が高い部類に入りますが、36回払いも可能なため、月の負担額を抑えたいという方にも向いています。

Python習得で失敗しないためのプログラミングスクールの選び方

Python習得で失敗しないためのプログラミングスクールの選び方

Python習得で失敗しないためのプログラミングスクールの選び方を、それぞれ解説します。しっかりと目的を持った上で、選びたいスクールで問題ないかどうか、慎重に検討してください。

Python習得でやりたいことを確認

プログラミングスクールを選ぶに、Pythonを習得して何をしたいのか考えておくようにしましょう。たとえば、ウェブサイトの作成やゲーム制作、ブロックチェーン開発など、どの分野に進むかによって、スクール内で学ぶべき内容も変わってきます。そのため、どういった学習ができるのかでプログラミングスクールを選ばなければなりません。

何をやりたいのか決まっていないと適切な学習もできないため、まずは目標を立てることから始めましょう。ゴールが見えていれば、それに合わせた学習ができるプログラミングスクールを、選ぶ判断ができるようになります。

Pythonでできることは合っているか確認

Pythonを学びたいと考えていても、やりたいこととPythonでできることが、マッチしていないと意味がありません。Pythonではスマホアプリや、デスクトップ型アプリ、高速な処理が必要となる開発は行えません。

そのため自分が将来的にやりたいことと、Pythonでできることが合っているのかどうか、事前に確認しておきましょう。もし自分の考えていることがPythonでできないのであれば、学習内容を変更するか、対応できる他のプログラミング言語を学んだ方がいいでしょう。

Pythonの学習を無駄にしないためにも、できることと、できないことを把握しておくようにご注意ください。

通学式かオンライン完結か確認

通学式なのか、オンラインで完結できるかどうかもチェックしておきたいポイントです。仕事や自宅でやることがたくさんある人にとっては、通学式のプログラミングスクールは通いづらくなってしまいます。

そのため、自分の時間に合わせて学習がしたいという方は、オンラインで完結できるプログラミングスクールがいいでしょう。もちろんスクールに通って「じっくり学びたい」という方は、通学式でみっちり学習するのもおすすめです。

Python専用のカリキュラムがあるか確認

Pythonを中心に学びたいのであれば、Python専用のカリキュラムがあるのかチェックしておきましょう。プログラミングスクールの中には、Pythonを含めたいくつかのプログラミング言語を組み合わせて学習するケースもあるため、カリキュラムのチェックも忘れずに行なってください。

せっかくPythonが学びたかったのに、基礎的な部分だけで終わってしまった、ということがないように、何に重きを置いているスクールなのか調べておくことも大事なことです。

Python開発経験があるコーチがいるのか確認

できるだけ実践的な知識や技術が欲しいのであれば、Python開発経験があるコーチが在籍している、プログラミングスクールが最適です。知識を持っているだけと、経験もあるとでは実践力に違いがあります。

やはり経験のあるコーチの方が効率的な学習方法や、コツを掴んでいるので、より実践で役立つ知識や技術について学べるでしょう。また経験者に教えてもらえる機会は、モチベーションアップにもつながるので、興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

案件獲得や就職支援があるか確認

Pythonを使える職場の案件獲得や、就職支援があるかどうかは、転職や就職を考えている方にとっては大切なポイントです。プログラミングスクールが提供している仕事先であれば、企業同士との信頼関係を元に、スムーズに転職や就職をできることが多くあります。

しかし、プログラミングスクール側からも評価されていないと、なかなか案件も紹介してもらえません。そのため、受講中は真面目に学習を行って、努力する姿勢を忘れないようにしましょう。受講も終えて十分な実力があると認めてもらえれば、より高収入な転職先・就職先が狙えるようになるでしょう。

すぐに聞ける環境は整っているか確認

Pythonに限った話ではありませんが、プログラミングではわからないことが出てきてしまうと、そこでつまずいてしまい、学習に遅れが出てしまいかねません。分からない時に、プログラミングスクールですぐ質問ができる環境が整っていれば、問題解決もスムーズになるでしょう。

しかしすぐに質問ができても、返答が遅いようなプログラミングスクールも少なからずあります。質問するタイミングによって遅くなることはあっても、普段の返答が遅いなどの口コミのあるプログラミングスクールにはご注意ください。

もし心配な場合は、実際に問い合わせを行ってみて、対応に問題がないか確認してみましょう。

Python習得に強いおすすめプログラミングスクール5選

Python習得に強いおすすめプログラミングスクール5選

プログラミングスクールの中でも、Python習得に強い5選を紹介します。それぞれのプログラミングスクールの特徴や強みを比較して、自分に合ったスクールかどうか、まずは確認してみましょう。ここで紹介するプログラミングスクール以外にも、さまざまなな教室があるため、比較する参考としてもお使いください。

未経験者率97%で初心者向けのTECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職コース

未経験者率97%で初心者向けのTECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職コース

TECH CAMPのエンジニア転職コースは、プログラミング未経験者率97%の、未経験の方の学習に特化したプログラミングスクールです。初心者でもわかりやすいカリキュラムを用意することで、分かりやすくありながら、実践力が身に付く内容になっています。

また分からないことがある場合でも、講師にいつでも質問し放題な環境が整っているので、1人で学習を最後まで終えられるか不安という方でも、安心して利用できるでしょう。

さらに、専属のライフコーチが学習の進捗を管理しているため、適切なスケジュールの組み立てから、モチベーション維持を図ってくれるのも強みです。

受講費用はオンライン学習のみで、税込の24回払いで月額19,600円~の短期集中スタイルと、税込の24回払いで月額43,800円~の夜間・休日スタイルから選べます。無料カウンセリングもあるので、まずは利用が続けられそうかどうか確認するようにしましょう。

TECH CAMPは、エンジニアとしての技術を新しく学んでいきたいという方におすすめです。

最短16週間でエンジニアを目指せるTechAcademy Pro(テックアカデミープロ)

最短16週間でエンジニアを目指せるTechAcademy Pro(テックアカデミープロ)

TechAcademy Proはオンラインに特化したスクールで、未経験の方でも最短16週間でエンジニアを目指せます。ネット環境さえあれば時間や場所を問わず学習できるため、仕事をしながらでも受講可能です。

また現役エンジニアのみで構成された学習サポートも受けられるため、転職後の活動まで考えられた、より現場に近い技術や知識が身に付きます。1000社以上にも及ぶ未経験者向けの求人もあるため、しっかりと指導を受けて学習を終えられれば、転職先も見つけやすくなるでしょう。

受講日は16週間プランで、税込437,800円で利用可能です。学習時間の目安は300時間で、基礎から実践で役立つ知識や技術を、現役のプロから学べることが大きな特徴です。より実践的なエンジニアとしての実力をつけて、転職に臨みたいという方におすすめです。

16週間と短い学習となりますが、そのぶんだけ濃厚な学習が行えるため、できるだけ学習期間をかけたくないという方にも向いているでしょう。

オンラインスタイルと通学スタイルが選べるDMM WEBCAMP COMMIT(ウェブキャンプ・コミット)

オンラインスタイルと通学スタイルが選べるDMM WEBCAMP COMMIT(ウェブキャンプ・コミット)

DMM WEBCAMP COMMITは、オンラインスタイルと通学スタイルの好きな方を選んで学習が行えるプログラミングスクールです。そのため、1人で学習を進めるのが苦手な方や、通学する時間がない方でも、不自由なく指導が受けられるでしょう。

また個人向けの課題から、チーム開発やポートフォリオの作成までできるため、エンジニアとして幅広い経験が積める特徴を持っています。加えて学習期間についても、3ヶ月の短期集中コースと、4ヶ月でAIやクラウドの学習もできる、専門技術コースが用意されています。

費用については、一括料金で短期集中コースが税込690,800円、専門技術コースが税込910,800円となります。専門技術コースは、専門実践教育訓練給付金制度の対象となるため、条件を満たしていれば、実質税込350,800円での利用も可能です。

自分の実力に合わせてコースを選びたいという方や、オンラインや通学で縛られることなく、好きな学び方を選びたいという方に、おすすめと言えるでしょう。

転職失敗で入学金から受講料を全額返金するSAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)転職保証コース

転職失敗で入学金から受講料を全額返金するSAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)転職保証コース

SAMURAI ENGINEERの転職保証コースは、プログラミングに触れたことがないという方でも、現場レベルになれるよう設計されたコースです。専任のキャリアアドバイザーと、現役エンジニア、学習コーチからの手厚いサポートを受けながら、転職に向けた学習ができます。

無料カウンセリングから要望に合わせた指導が受けられるのも強みと言えるでしょう。また、28,000人以上もの指導を行ってきたカリキュラムで、現場クラスの学習が可能です。

転職保証コースにかかる費用は、16週間プランで税込495,000円、24週間プランで781,000円となります。しかし、SAMURAI ENGINEERを通して転職を失敗した場合、9,9000円の入学金も含めて全額返済してもらえるため、支払いが無駄になるということもありません。

自分の要望に合わせた対応をしてくれるプログラミングスクールを選びたいのであれば、SAMURAI ENGINEERを利用してみてはいかがでしょうか。

Web系開発企業の転職に強いポテパンキャンプ

Web系開発企業の転職に強いポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは、2021年の7月~10月における29歳以下の、Web系開発企業への転職率が100%を記録したプログラミングスクールです。エンジニアとしての技術や知識を学ぶことはもちろん、受講生限定イベントでは、未経験エンジニア転職のセミナーや、提携企業の説明会なども開かれます。加えて、10時~23時まで質問ができる質問サイトや、ビデオ通話での問題解決サポートも、ポテパンキャンプならではの特徴と言えるでしょう。

ポテパンキャンプの費用は、一番人気のRailsキャリアコースの税込で36回払いの、月額13,900円で利用できます。

Web系開発企業への転職を目指しているという方は、転職率が高く安定しているポテパンキャンプはいかがでしょうか。またRuby on Railsについても学べるため、Rubyを扱っている会社へ転職したいという方も、利用しやすい環境となっています。

プログラミングスクール以外のPython習得方法

プログラミングスクール以外のPython習得方法

Pythonの習得方法は、プログラミングスクールだけではありません。プログラミングスクールに通う時間がないという方でも、学習できる手段もあるため、その2つの方法を紹介します。独学で勉強してみたいという方も、検討してみてはいかがでしょうか。

テキストなどの独学教材

プログラミングスクール以外で、Python習得の一般的な方法は、テキストを使った勉強です。初めて勉強するという方は、入門編の書籍もあるため、まずは初心者向けのものから見始める事をおすすめします。いきなり応用編のものでは、何を書いてあるか理解できないため、専門用語についても解説があるようなものを選びましょう。

またテキストだけでは肝心の技術が身に付かないので、PCや開発環境を整えて、本に書いてあることを実践してみてください。テキストであってもインプットとアウトプットを粘り強く続けていくことで、確実なプログラミング力をつけることができます。

通信講座など独学型オンライン教材

テキスト以外にも、通信講座や独学型オンライン教材を使った勉強方法もあります。通信講座や独学型オンライン教材は、時間も自由に決めて学習ができるため、仕事が忙しい方でも利用できるでしょう。また通信講座であれば、分からないことがあれば質問ができるため、理解が早まります。

しかし、学習進度は全て自己管理する必要があったり、やる気を維持するサポートを受けたりすることができません。その他にも、転職サポートなどは用意されていないため、転職先探しも全て自分で行うことになります。

プログラミングスクールでPythonを習得してできること

プログラミングスクールでPythonを習得してできること

プログラミングスクールでPythonを習得することで、できるようになることを、大きく3つに分けて紹介します。何ができるようになるのか理解した上で、学習をするかどうか決めましょう。

WEBスクレイピングによるデータ収集の自動化

Pythonを習得できれば、Webスクレイピングによる、データ収集の自動化が行えるようになります。Webスクレイピングとは、Web上から必要なデータを収集することで、それを自動化することで、準備にかかる手間や時間を短縮できます。

WEBスクレイピングはPythonによって実装できるため、プログラミングスクールで学んだ方であれば、簡単にできるようになるでしょう。しかし、ただ単にスクレイピングを自動化すればいいというわけではありません。サイトに負荷を与えないようにするなどの操作も必要となるため、マナーやルールなども忘れずに覚えておくようにしてください。

AIなどの機械学習や深層学習

AIなどの機械学習や深層学習は、Pythonでできることの中でも、一番注目されている分野です。Google社が扱っている、TensorFlowはFacebookでも使われており、ディープラーニング用のライブラリーとしても知られています。

そのような大手企業も使っているような、開発の知識も身につくようになるため、AIに関する機械学習や深層学習の開発目的で、プログラミングスクールに通っている人も少なくありません。機械学習や深層学習は、今後も成長が期待される分野なので、Pythonを学習しておくと、技術者としてだけではなく知見を持っている人として活躍の場も広まるでしょう。

データ解析や処理などのデータサイエンス

データ解析や処理などのデータサイエンスは、大量にあるデータベースから、行列表で計算を行ったり、目的のデータを抽出したりできるようになります。

たとえば、

  • 数値計算を効率的にする「NumPy」
  • データ解析支援機能の「Pandas」
  • 配列や行列の演算ができる 「SciPy」

などもPythonによって動作しています。そういった有名ライブラリーで使用されているPythonを、実践レベルで学べるプログラミングスクールは、将来的に役立つ技術が身に付きます。データ解析や処理などの操作は一見難しく感じますが、しっかりとした知識が身に付いていれば、落ち着いて対処できるでしょう。

プログラミングスクールでPython習得がおすすめの方の特徴

プログラミングスクールでPython習得がおすすめの方の特徴

Python習得ができるプログラミングスクールの特徴や、学べることについて紹介しましたが、結局どのような方が向いているのか紹介します。プログラミングスクールを利用するか悩んでいる方は、自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

ほとんどプログラミングに触れたことがない方

ほとんどのプログラミングスクールは、未経験の方にも対応しているので、プログラミングをやったことがない方も利用できます。むしろ未経験者を歓迎しているようなスクールもあるため、プログラミングを学ぶチャンスだと言えるでしょう。

どんな分野も最初は全ての人が初心者なので、社会人になってからでも遅くありません。特にPythonはプログラミングの中でも注目されている言語のひとつであるため、新しく身につける技術としてもおすすめです。

プログラミングの知見を転職活動に活かしたい方

プログラミングの知見を転職活動に活かしたいという方にも、プログラミングスクールの利用はおすすめです。転職サポートが充実しているスクールであれば、学習を終えてそのま提携している会社に転職しやすくなります。

また会社からも信頼を得ているような、プログラミングスクールでPythonを習得した経験も評価してもらえるため、転職に有利に働くでしょう。自己学習ではどうしても自分一人で就職先も探さなければいけなくなるため、スクールを利用すればその手間を省くことが可能です。

自分でWEBサービスを立ち上げたい方

Pythonはプログラミング言語の中でも求人率が高く、Webサービスにも役立つ技術が身に付きます。そのためより実践的な知識も得られるため、自分でWeb サービスを立ち上げたいという方にも向いています。

特に現役エンジニアや経験者が指導しているスクールであれば、現場で役立つ情報を得る事もできるでしょう。知識や技術が身についても、使い道が分からなければ意味がないため、プロのアドバイスが聞けるスクールの環境は最適といえるでしょう。

エンジニアとのコミュニケーションを円滑にしたい方

Pythonだけではありませんが、エンジニアからの指導が受けられるプログラミングスクールでは、エンジニアとのコミュニケーションを取れます。また、受講生たちとチーム開発をする練習なども実施しているケースもあるため、会社の一員として働きたいという方におすすめです。

プロダクトマネージャーやディレクターとしてのキャリアアップやエンジニアを巻き込んだ事業開発を考えている方にとっても、エンジニアとのコミュニケーションが円滑に取れれば、より多くの仕事に参加できるようになるでしょう。

プログラミングスクール卒のPythonエンジニアのキャリアは?

プログラミングスクール卒のPythonエンジニアのキャリアは?

プログラミングスクールを卒業したPythonエンジニアの、主なキャリアについて紹介します。プログラミングスクールを利用した後に、どのような選択肢があるのか把握しておきましょう。

フリーランスエンジニアとして活躍

プログラミングスクールで、Pythonエンジニアの技術が身についた方の中で、フリーランスエンジニアとして活躍する人も少なくありません。しかし、フリーランスエンジニアとして働くためには、経験と信頼が必要になる面もあるため、未経験から学ぶ人にとっては難しい道となるでしょう。

すでにプログラミング経験もあり、さらにPythonをプログラミングスクールで身につけたという方が、フリーランスエンジニアになる傾向があります。

エンジニアとして転職・就職して活用

フリーランスエンジニア以外のキャリアとしては、Pythonエンジニアとして、転職や就職を行う方がほとんどです。特に未経験だという方は、転職を目的に利用することが多く、転職先でPythonエンジニアの経験を積んでいくことになるでしょう。

プロジェクトや開発の進め方などは、実践の開発の現場でしか身につきません。就職や転職をして何年か働いた後に、フリーランスエンジニアとして働くことも可能なので、未経験の方は、まずは転職や就職を目指すことをおすすめします。

Pythonのプログラミングスクール選びなら経験を積めるかが重要

Pythonのプログラミングスクール選びなら経験を積めるかが重要

PythonはスクレイピングやAIなどの最新技術に使われている、国内外問わずデータサイエンスの領域で注目を集めている将来性ある言語です。しかしどのような言語でも、転職や独立を考えるのであれば、実践の中で考えながらプログラミングする経験が必要です。プログラミングスクールを選ぶのであれば、現場に近い経験を積めるかが重要です。

また質問への対応や転職サポートが充実していることも大切ですが、学習時間が多く取れるか、最後までやり遂げられるのか慎重に考えましょう。

Pythonも含めたプログラミングの仕事についてお悩みがありましたら、Web制作や運用を行っている、ニュートラルワークスへお気軽にお問い合わせください。

ニュートラルワークスのサイトはこちら

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

独学のPHP学習方法と期間、ロードマップを初心者にも分かりやすく解説!

2022.01.11

独学のPHP学習方法と期間、ロードマップを初心者にも分かりやすく解説!

#PHP

次の記事

Javaエンジニアの年収は高い?その理由や年収を上げる方法、必要なスキルまで徹底解説

2022.01.18

Javaエンジニアの年収は高い?その理由や年収を上げる方法、必要なスキルまで徹底解説

#キャリア

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール