プログラミングスクール

最終更新日: 2022.09.21 (公開: 2022.09.21)

Webデザインスクールは目的に合わせて探そう!選び方とおすすめを紹介

Webデザインスクールは目的に合わせて探そう!選び方とおすすめを紹介

Webデザインスクールを探しているものの、「選び方の基準がわからない」という人はいらっしゃるかと思います。Webデザインスクール選びはWebデザイナーとしての方向性にも関わってくるため、自分に合ったスクール選びは非常に重要です

当記事では、Webデザインスクールを選ぶ際のチェックポイントについて詳しく解説します。Webデザイナースクールで身につくスキルを知っておけば、仕事を獲得するうえでも有利に働きます。また、おすすめのWebデザインスクールについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Webデザイナースクールで身に付くスキル

Webデザイナースクールで身に付くスキル

Webデザイナーの仕事は、Webデザインを含めさまざまなスキルが必要です。スキルを身に付けていないと、仕事を獲得した後のキャリアアップにつながりません。必要なスキルといっても難しく考える必要はなく、学んだことを実践していけばスキルアップにつながります。ここでは、必要なスキルを5つ紹介します。

デザインスキル

Webデザインの仕事で活躍するには、デザインスキルが不可欠です。Webデザインには情報を整理して伝える必要があるため、トレンドやニーズに併せて学んでいかなければなりません。デザインスキルにはさまざまな種類がありますが、その中でも大切なのが「UIデザイン」と「UXデザイン」の2種類です

「UIデザイン」とは、Webサイトに訪れたユーザーが「使いやすい」と感じるようにデザインにすることです。例えば、パソコンやスマートフォンに表示されるボタンの大きさや位置などを調整し、Webサイトを閲覧しやすい環境を作るといったものです

もう一つの「UXデザイン」とは、Webサイトを利用したユーザーの満足度を高めるデザイン設計のことです。例を挙げると、「欲しい情報がすぐ見つかった」「ストレスなくサービスの予約ができた」などがあります。日頃から多くのWebサイトを研究し、「どのようなサイトデザインが使われているのか」を学ぶ姿勢が重要です。

ツールを使いこなせる知識

Webデザインをするうえで、「Photoshop」や「Illustrator」などの業務に必要なツールを使いこなせるかどうかが大きな差になります。「Photoshop」とは、写真を加工・合成するための画像編集ソフトです。多くのWeb制作会社で採用されているため、使いこなせると大きな武器になります。

「Illustrator」とは、ポスターやチラシなどのデザインができるソフトです。線のはっきりとしたイラストを描くのに向いているため、ロゴやアイコンを作るのにも向いています。

これらのツールの使い方を知識として理解していても、実務経験が少ないと現場では不利です。ふだんから使い方を練習したり、知らない機能を試したりすることで、より実践的なスキルが身につくでしょう。

マネジメントスキル

WebデザイナーからWebディレクターを目指している人は、マネジメントスキルが必要です。

マネジメントスキルには、企画立案からデザイン制作、外注選定、クオリティチェックまで、さまざまな業務の進行管理が求められます。プロジェクトで結果を出すためには、チームメンバーの特徴を理解し、モチベーションを上げる工夫が必要です。より大きな仕事に携わりたいと思っている人は、積極的に学んでおきましょう。

チームメンバーの目標設定やスケジュール管理など、Webデザインの業界だけではなく幅広いジャンルで役立つスキルです。

マーケティングスキル

マーケティングスキルを持っておくと、現場でも重宝されるので便利です。マーケティングの知識があれば、Webサイトのアクセス数アップや企業の収益向上につながりやすいため、仕事を獲得しやすくなります。

例えば、Webサイトのアクセス分析ができれば、どの記事やデザインにアクセスが集まっているかが理解できます。また、さまざまなサイトを研究することで、SEOを意識したサイトデザインを作れるようになります。

マーケティングを学ぶと、トレンドやニーズについての理解も深まるので、Webデザインだけでなく、セールスや販売などにも役立つため、学んでおいて損はありません。

ビジネスコミュニケーションスキル

Webデザインの業界だけでなく、どのような職種でもコミュニケーションスキルは不可欠です。クライアントからの要望をくみ取るには「聞く力」が欠かせません。また、プレゼンテーションを行う際には「伝える力」も求められます

プロジェクトをスムーズに進行するには、クライアントへの確認や状況報告が重要です。メールの書き方や話し方によっては、意図した通りに伝わらないこともあります。ビジネスにおけるコミュニケーションは、実務経験に左右されやすい部分ですので、不安な場合は、経験者からアドバイスをもらうなど、事前に基礎を身につけておきましょう。

Webデザインスクールを選ぶときの5つのチェックポイント

Webデザインスクールを選ぶときの5つのチェックポイント

Webデザインスクールを選ぶ際に、「どのような基準で選べばいいか」がわからない方も多いはずです。スクール探しで失敗すると、スキルの習得までに時間がかかってしまいます。ここでは、Webデザインスクールを選ぶ際のチェックポイントを5つ紹介しますので、参考にしてください。

オンライン授業か、通学か

Webデザインスクールを選ぶうえで、オンラインと通学のどちらが合っているかは人それぞれです。どちらもメリットとデメリットがあるため、生活スタイルや目的に応じて決めましょう。

オンライン授業のメリットは、自分のペースで学べることです。収録した授業や動画を見ながら学習できるため、わからない部分は繰り返し復習できます。また、通学制のように授業時間が決まっていないため、限られた時間で学びたい方におすすめです。

一方で通学制のメリットは、講師や他の受講者とコミュニケーションを取れることです。現役で活躍している方から現場の情報を入手しやすいので、仕事のイメージがしやすくなります。また、同じ目標を持った仲間と交流できるのも、Webデザイナーを目指す人にとっては心強い味方となります。

どのようなツールを使うのか

Webデザインスクールでは、どのようなツールを使うかによってもスキル習得に大きな差が出ます。多くのWebデザイン会社が採用している「Adobe Photoshop」「Adobe Illstrator」などの操作方法を学べるスクールであれば間違いありません。

その他にも、Webサイトやアプリデザインを行う「Adobe Dreamweaver」では、Webサイト制作の基本となるプログラミング言語も学べます。例えば、Webページの土台を作る「HTML」や、サイトのレイアウトやデザインを整える「CSS」などです。

スクールで学んだスキルをもとにポートフォリオを作成すれば、就職や転職の際にも使うことができます。また、使用したツールをアピールすることで、評価アップにもつながりやすくなります。

将来につながるスキルが手に入るか

Webデザインスクールを選ぶ際は、自分が思い描くキャリアが実現できるかが重要です。どのWebデザインスクールも特色があるため、「何を売りにしているか」を理解しないと将来につながるスキルが身につかないこともあります。

例えば、半年後にWebデザイナーへの転職を考えている人が、フリーランス向けのWebデザインスクールに通うのはおすすめしません。将来的に独立したいのであれば役立つかもしれませんが、半年後に転職するという目標には遠回りになってしまいます。

授業料は適正か(支払い能力を超えないか)

Webデザインスクールに通うとなると、ある程度の出費は必要です。後悔しないためにも、内容に対して授業料は適正かを見極める必要があります。コースや期間によって金額が決まっていることが多いため、無理なく支払える金額でしっかり学べるスクールを選びましょう。

一括での支払いが難しい方は、カード払いや分割払いができるかどうかもポイントです。スクールによっては教育ローンを使えるところもあるため、現在の収入や転職時期を考えて決めましょう。

就職先まで手厚くサポートを行ってくれるか

Webデザインスクールで知識やスキルが身についたとしても、仕事を始めるまでに時間が空いてしまうと、せっかく学んだことも身につきません。スクールで学んだことを実践するためにも、就職先のサポートをしてくれるスクールを選びましょう

例えば、卒業生の就職・転職実績が多いスクールは、就職先のコネクションを多く持っているケースが多いです。なので、良い機会に巡り合うことができれば、就職先を紹介してもらえる可能性があります。

卒業後のWebデザイナーの主なキャリアは?

卒業後のWebデザイナーの主なキャリアは?

Webデザインスクールを卒業した後、どのようなキャリアに進めるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。スクールで学び始める前に、勤務形態や就職先について知っておくと心置きなく学べるようになります。ここからは、スクール卒業後の働き方について紹介します。

独立開業(フリーランス)

一つ目は、Webデザイナーとして独立開業する道です。フリーランスは在宅で仕事ができるため、年齢や性別を問わず人気があります。Webデザイナーは副業とも相性が良く、スクールに通いながら実績を積むことも可能です

フリーランスは自分自身で勤務時間や収入を決められるため、主婦などで限られた時間で働きたい方にも向いています。「扶養内で働きたい」「時間ができたからしっかり稼ぎたい」など、ライフスタイルに合わせて働き方を自由に変えられるのもメリットです。

広告代理店、デザイン会社に就職

二つ目は、広告代理店やデザイン会社への就職です。Webデザインスクールによっては、多くの企業とコネクションを持っていることもあるため、卒業生の就職実績などを参考にしながら決める方法もありです

担当する業務は就職先の会社によって大きく変わりますが、地域の情報サイトの制作やWebサイトのリニューアルなど、Webサイトやコンテンツの制作に携わる業務が多い傾向にあります。希望の業務がある場合は、就職先を探すときにどのような制作実績があるかを確認してみましょう。

おすすめのオンラインWebデザインスクール5選

おすすめのオンラインWebデザインスクール5選

ここからは、おすすめのオンラインWebデザインスクールを5つ紹介します。各スクールのコース名や費用、特徴などを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

CodeCamp(Webデザインコース)

CodeCampは、「一生続けられる仕事を6カ月で手に入れる」というコンセプトのWebデザインスクールです。これからWebデザイナーとして手に職つけたい方や、就職に有利なポートフォリオを作りたい人に向いています

スクールでは、現役Webデザイナーからのフィードバックを受けられるため、より実践的なスキルが身につきます。また、オンラインレッスンは7~23時まで行っているため、仕事や育児との両立もしやすい環境が整っています。

以下の表は、Webデザインコースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
2カ月プラン 198,000円 短期間で集中して学習したい人向け
4カ月プラン 308,000円 自分のペースで学びたい人向け
6カ月プラン 363,000円 仕事と学習を両立したい人向け

※2022年9月6日現在

 侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)

侍エンジニア(SAMURAI ENGINEER)は、「挫折しないプログラミングスクール」として、実践的なスキルが身につくスクールです。Webデザインに必要なプログラミングを独学しようとしても、約9割は挫折するといわれています。SAMURAI ENGINEERは、受講生の途中離脱率が2.1%という低さを誇っており、安心して学べるのが特徴です

受講前に無料カウンセリングを受けられるため、学習に関する悩みや就職に関する不安などを相談できます。無料カウンセリングの満足度は98%で、親身に話を聞いてくれるスクールといえます。

以下の表は、Webデザインコースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
4週間プラン 165,000円 手軽に始めてみたい人向け
12週間プラン 287,100円 Webデザインの基礎を身につけたい人向け
24週間プラン 381,150円 Webデザインの実践的なスキルを身につけたい人向け

※2022年9月6日現在

テックアカデミー

テックアカデミーは、公式HPに記載している「1件目の仕事獲得率100%」という言葉が印象的なWebデザインスクールです。一人で仕事をこなせるか不安な人に向けて、受注から納品までをメンターがサポートしてくれます。また、初心者向け案件が多数あるため、実績を作りたい人にもおすすめです。

テックアカデミーは、オリジナルの学習システムを使っているため、「学ぶ」「実践する」「質問する」というサイクルによってスキルアップが期待できます。副業で実績を積みながら学べるため、仕事の進め方などを理解しながら進められます。

以下の表は、Webデザインコースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
4週間プラン 社会人:174,900円

学生:163,900円

集中して学びたい人向け
8週間プラン 社会人:229,900円

学生:196,900円

じっくり学びたい人向け
12週間プラン 社会人:284,900円

学生:229,900円

仕事や育児で忙しい人向け
16週間プラン 社会人:339,900円

学生:262,900円

焦らず学びたい人向け

※2022年9月6日現在

デジハリオンライン(Webデザイナー講座)

デジハリオンライン(デジタルハリウッド)は、好きな場所で好きなときに学べるオンラインスクールです。映像教材がメインのため、通勤や通学途中でも学習できます。家事や育児で忙しい主婦の方でも、スキマ時間で学べるのが魅力です

デジハリオンラインでは、現役クリエイターがマンツーマン指導をしてくれます。動画授業でわからない部分があれば、直接質問できるのがメリットです。また、専用スタジオと自宅の両方で学習できるため、自分のペースに合わせて学習できます。

以下の表は、Webデザイン・Webデザイナー専攻コースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
Webデザイナー専攻 495,000円 受講期間6カ月(卒業制作2カ月含む)

※2022年9月6日現在

デイトラ(Webデザインコース)

デイトラは、今回紹介する中でも最安値のWebデザインスクールです。現役デザイナーによるチャットを使った指導や、プロによる丁寧な添削など、充実した内容で低価格を実現しています。教材は随時アップデートされており、追加費用なしで閲覧可能です。

デイトラは完全オンラインのスクールのため、他のスクールと比べて料金が割安です。元々はSNSの企画からスタートしたスクールのため、広告費やメディアによる宣伝費がかかっていません。SNSを通じた多くのユーザーやファンから支持され続けているため、充実した内容で低価格を実現しています。

以下の表は、Webデザインコースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
Webデザインコース 99,800円 90日分の学習カリキュラム

メンターによる1年間の学習サポート

※2022年9月6日現在

おすすめの通学Webデザインスクール3選

おすすめの通学Webデザインスクール3選

ここからは通学でしっかり学びたい人に向けて、おすすめのWebデザインスクールを3つ紹介します

KENスクール(Webデザインコース)

KENスクールは、開校から30年以上、個別指導や現場指導の実績も多く、就職・転職を視野に入れた指導に力を入れているパソコンスクールです。コンピューター関連の教育機関としてトップを目指していることからも、資格取得や就職サポートに強いのが特徴です。

KENスクールは自由通学制があるため、平日の夜や休日などライフスタイルに合わせて学習できます。校舎も駅徒歩5分以内とアクセスが良く、仕事帰りなどに通いやすくなっています。

以下の表は、Webデザインコースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
Photoshop 59,400円 Photoshopの基本が身につく

受講期間3カ月(受講時間13時間)

Illustrator 59,400円 Illustratorの基本が身につく

受講期間3カ月(受講時間13時間)

HTML/CSS 46,200円 HTML/CSSの基本が身につく

受講期間3カ月(受講時間10時間)

CSS基礎 31,900円 CSSのレイアウトが理解できる

受講期間1カ月(受講時間7時間)

PHPベーシック講座 113,300円 Webアプリの開発手法を学ぶ

受講期間3カ月(受講時間20時間)

※2022年9月6日現在

東京デザインプレックス研究所

東京デザインプレックス研究所は、コンテンポラリーデザインの複合型教育機関として東京にスクールを構えています。コンテンポラリーとは「モダン=現代風」とほぼ同じ意味を持ち、「現代的・今風・革新的」などの意味を持つデザインのことです。

東京デザインプレックス研究所は、「全受講生をプロのデザイナーへと導く」という理念をもとに、デザイン業界で活躍する人材を輩出しています。ポートフォリオ制作サポートや就職サポートなども充実しており、手に職をつけたい人におすすめです

東京デザインプレックス研究所はクラス少人数制を採用しており、月に1度先着順で申し込みを受け付けています。コースの費用は資料請求で確認できるので、興味のある方はチェックしてみてください。

デジLIG(Webデザイナー専攻)

デジLIGは、Web制作会社のLIGが運営しているスクールです。会社創業時から多くのデザインアワードを受賞してきた実績があり、実践的なスキルを学べます。通学とオンライン学習の両方があり、ライフスタイルに応じて学習方法を選択可能です。

また、自社オウンドメディアの「LIGブログ」に掲載するアイキャッチ画像の作成ができるプログラムもあるため、実際の仕事を体験できるのが魅力です。転職カウンセラーとの面談もできるため、学習方法や今後の進路についても相談できます。さらに相談は、卒業後も無制限で活用できるため、心強い味方になります。

以下の表は、Webデザイン・Webデザイナー専攻コースの費用や特徴です。

コース名 費用(税込) 特徴
Webデザイナー専攻 495,000円 受講期間6カ月(卒業制作2カ月含む)

※2022年9月6日現在

「どのようなWebデザイナーになりたいか」をまずイメージしよう

「どのようなWebデザイナーになりたいか」をまずイメージしよう

Webデザイナーとして就職・転職を成功させるには、「どのようなデザイナーになりたいか」を決めることです。Webデザインの仕事は幅が広いため、ゴールがぶれると仕事が受注できません。ゴールを明確にイメージし、自分の得意分野を磨いていくことが重要です

スクール選びの前に、どんな仕事に関わりたいかをイメージしながら決めましょう。もし、イメージが湧きにくいという場合は、無料カウンセリングなどを活用し、第三者の目線で引き出してもらうのも有効です。また、料金を無理なく支払えるかを考慮しつつ、学習計画を立てて学んでいきましょう。

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

【C言語入門】C言語の基礎知識から環境構築まで解説

2022.09.19

【C言語入門】C言語の基礎知識から環境構築まで解説

#C#

次の記事

Pythonは初心者の学習におすすめ!特徴とメリットを紹介

2022.09.22

Pythonは初心者の学習におすすめ!特徴とメリットを紹介

#Python

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール