学習方法

最終更新日: 2022.12.01 (公開: 2022.12.01)

30代未経験でもエンジニアは無理じゃない!働きながら学ぶ方法を伝授

30代未経験でもエンジニアは無理じゃない!働きながら学ぶ方法を伝授

「30代でエンジニアに転職したいけれど、未経験者だから実現できるか不安」と悩んでいる方もいると思います。未経験からエンジニアに転職することは不可能ではありません。この記事では、30代未経験でもエンジニアを目指せる理由や目指し方を解説します。

「30代でエンジニアに転職したいけれど、未経験者だから不安」と悩んでいる方もいるでしょう。実はスキルを身につけたり、転職前の実績を伝えたりすることで、30代未経験でもエンジニアに転職することは可能です。この記事では、30代未経験でもエンジニアを目指せる理由や勉強方法などを解説します。

30代で未経験エンジニアになるのが難しいと言われる理由は3つ

30代で未経験エンジニアになるのが難しいと言われる理由は3つ

30代が「未経験でエンジニアになるのが難しい」と言われている理由は、大きく3つあります。ここでは、その理由についてそれぞれ解説します。

1.仕事についていけない

30代で未経験エンジニアになるのが難しい理由のひとつ目は「現場の仕事についていけない」ことです。ほとんどのエンジニアの仕事は実力主義であるため、未経験の状態では若手エンジニアの知識に追いつくのが精一杯という事態に陥りやすいです。

仕事をしながらスキルアップのための勉強を続けるにしても、ベテランの現役エンジニアのスキルを上回ることは容易なことではありません。現役エンジニアも新技術についての知識のインプットを毎日行い、自分自身の持っている知識や経験を常に積み重ねています。
そのため、未経験の方と現役エンジニアの間の実力や経験の差は大きく、未経験の方は仕事についていけないことが多いため「30代の未経験者がエンジニアになるのは難しい」と言われています。

2.未経験の30代を採用する理由がない

30代で未経験エンジニアになるのが難しい理由のふたつ目は「未経験の30代を採用する理由メリットが少ない」点です。エンジニアは実力や経験がなければ「選ばれる人材」になることが難しい世界です。20代であれば、これから知識のインプットや経験を積む時間にまだ余裕がありますが、30代で知識もなく未経験では、一から教育をするメリットが少ないと判断する企業もあります。

3.周りが遠慮してしまう

30代で未経験エンジニアになるのが難しい理由の3つ目は「周りが遠慮してしまう」ことです。実力主義のエンジニアの世界においては、20代でもスキルや経験が豊富であれば、昇進が早まります。逆に30代でも未経験では、指導の際も周りが気を遣うことが増え、お互いにとって働きにくい環境となってしまう恐れがあります。指導する側の事情により、未経験で30代を超えるとエンジニアとして就職するのが厳しくなるケースもあります。

30代でもエンジニアになるのは不可能ではない

30代でもエンジニアになるのは不可能ではない

これまでに30代の未経験者が、エンジニアに転職することは難しいと言われる理由を紹介してきましたが、実際は30代でもエンジニアになることはできます。20代にはないビジネススキルや学習意欲、熱意、自ら実績を作っていく行動力があれば、30代の未経験でもエンジニアになることは可能です。

エンジニアになりたいのであれば、まずはエンジニアの仕事内容を理解して「どのようなエンジニアになるのか」という理想像をはっきりしておきましょう。さらに「エンジニアという職業の適性が自分にあるのか」を確かめておくことも必要です。

そして、重要なことは、「未経験であっても今から知識を得ることは可能であること」という点を認識し、書籍やインターネットなどさまざまな媒体から情報を集め、少しでも現役エンジニアとのレベルの差を埋める努力を続けることです。その結果として、30代未経験でもエンジニアになる道が開かれる可能性が高まります。

エンジニアとして転職を成功させるための極意3つ

エンジニアとして転職を成功させるための極意3つ

30代未経験でもエンジニアとしての転職を成功させるためには、3つのコツがあります。ここでは、成功させるためのコツを順に紹介していきます。

1.エンジニア以外の経験を武器にする

エンジニアとして転職を成功させるコツのひとつ目は、「エンジニア以外での経験を武器にする」ことです。例えば、新卒の20代の社会人未経験者と比較すると、30代の方が社会人としての経験やビジネスコミュニケーションのスキルは豊富にあります。ビジネスコミュニケーションの他にも、仕事のやり方・進め方などを一から教えずに済む点は、20代と比較して30代にとって有利なポイントです。

2.成長意欲や学習意欲を見せる

エンジニアとして転職を成功させるコツのふたつ目は、「成長意欲や学習意欲を見せる」ことです。年齢に関係なく、成長意欲や学習意欲がある人材は、どの業界でも需要はありますが、特にエンジニア業界では重宝されます。

ただし単に意欲があることをアピールすればいいわけではなく、具体的に「どのようなことをしたいか」を明確に伝えることが重要です。「3年後に何をしていたいか」と問われたとき、30代の方は、これまでの社会経験を踏まえて具体的な役職や働くイメージをまとめた上で、伝えられるようにしておきましょう。

3.ポートフォリオを充実させ実績を示す

エンジニアとして転職を成功させるコツの3つ目は、「ポートフォリオを充実させて実績を示す」ことです。自分がこれまでに作成したプログラムや開発したアプリの実績をまとめてポートフォリオとして提出することで、採用する側は「どのくらいの業務をこなせるスキルがあるのか」を認識できます。

エンジニアとして転職するのであれば、自分が携わりたい業務に関連した実績をできる範囲で作っておくことが理想的です。ポートフォリオに採用する側が求めている技術があれば、転職後も自分の持っているスキルを存分に生かして働くことが可能です。

30代未経験からエンジニアに転身できる人とは

30代未経験からエンジニアに転身できる人とは

ここからは30代未経験の人がどのようなスキルや知識、資格を身につけ、どのように転職活動を行うと採用されやすいかを紹介します。

ITの資格を取得する

30代未経験からエンジニアに転職する人にとって、エンジニアに関する知識やスキルを事前に習得しておくことは重要です。ここでは、未経験の人でも取得できるIT系の資格について紹介します。IT系の資格を取得することで資格を得るだけでなく、実務に関連する知識も同時に身につけることができます。

基本情報技術者

「基本情報技術者」はIT系の資格の中でもメジャーな資格の一つで、IT業界で働く人を対象にした国家資格です。データベースやネットワーク、プログラミング言語などに関わる基礎的な知識があることを証明できる資格であり、ITの基礎をひと通り学ぶことのできる資格です。IT業界未経験の人は、まずこの「基本情報技術者」の資格を取得することで、IT業界で働く基礎を身につけられます。

ITパスポート

基本情報技術者試験よりも比較的簡単で、IT系の資格の入門に位置するレベルの資格です。公式サイトでも「ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験」と紹介されています。

難易度が易しい国家試験のため、着実にITの知識を蓄えていきたい人は「ITパスポート」の取得に挑戦するのがおすすめです。

システムアーキテクト

「システムアーキテクト」は、システム開発に必須な要件定義やシステム方式の設計、またシステムの設計に関する技能を保有していることを証明する国家資格です。

「システムアーキテクト」では、プログラミングの技術ではなく、業務フローの改善するべき箇所を見つけたり、顧客からの要望を分析し整理したりする設計スキルが重視されます。ただし難易度は高く、合格率も10%台であるため、基本的なプログラミングスキルを身につけた後、将来的に取得することをおすすめします。

PHP技術者認定初級試験

PHP技術者認定試験は、「PHP」の技術が一定レベル以上あることを証明する資格です。「PHP」のバージョンごとに試験がわかれているため、これから試験の学習をする場合は、より新しいバージョンの学習をするのがおすすめです。

「PHP」は、非常に使いやすく汎用性も高いため、多くの企業で導入されています。サーバー側のプログラミング言語としては、「PHP」は約80%のシェアを誇っており、インフラ寄りのエンジニアになるためには、取得しておくべき資格のひとつです。

Python3エンジニア認定基礎試験

「Python」は、プログラミング言語としては未経験でもハードルが低く、比較的簡単に習得することのできるプログラミング言語です。Python3エンジニア認定基礎試験は、「Python」の基礎的な内容を理解していると合格できるレベルの試験なので、AI関連のエンジニアになりたい方は取得しておいたほうが良いでしょう。

Javaプログラミング能力認定試験

「Javaプログラミング能力認定試験」は、「Javaの知識をどれくらい保有しているか」、「Javaを使ってどれくらいプログラムを書くことができるのか」を証明する資格です。

JavaはOSに依存しなくても使用できることから長く重宝されており、「Java」を扱えるエンジニアを求めている企業は数多くあります。特にWeb開発を行うエンジニアを目指すのであれば「Javaプログラミング能力認定試験」は重要です。

プログラミングスキルを身につけポートフォリオを作る

30代未経験からエンジニアに転職するためには、プログラミングスキルを身につけて、書類選考を通過できるポートフォリオを作成しておくことが重要です。ITエンジニアは技術職であり、実績があると転職に有利に働きます。

例えば、Webサービスを立ち上げたことがある人や、スマートフォン用のアプリを開発したことがある人は、それらの実績をまとめてポートフォリオを作成することで、自らの市場価値を高めることが可能です。未経験であっても実績をアピールし、やる気や意欲を示すことで採用される確率は高まります。

プログラミングスクールに通う

30代未経験からエンジニアになるには、プログラミングスクールに通う方法があります。プログラミングスクールに通うことで、効率的に勉強でき、分からないところがあっても質問してすぐに解決できるので、習得するまでのスピードを重視する人にはプログラミングスクールでの勉強がおすすめです。

また、コース終了後に仕事を紹介してくれるプログラミングスクールもあるため、転職もスムーズになる可能性があります。ただし、プログラミングスクールに通うには費用がかかるので、自分自身の勉強する目的や目標を明確にして、自分にあっているプログラミングスクールに通うことが重要です。

IT専門の転職エージェントを利用する

30代未経験からエンジニアに転職するには、IT専門の転職エージェントを利用する方法もあります。有名な転職エージェントには「ワークポート」や「リクルートエージェント」、「doda」などがあげられます。

「ワークポート」はIT系を中心とした転職エージェントで、求人数は15万件と、業界内でもトップクラスの転職エージェントです。未経験の求人に強く、転職が決まった人の数は業界で最多の実績を持っています。「リクルートエージェント」は、求人数が圧倒的に多く30万件もあります。業界最大手のリクルートが運営しており、信頼のおけるエージェントです。

需要の高い開発言語を学ぶ

30代未経験からエンジニアに転職するのは簡単ではないものの、需要の高いプログラミング言語に関する求人は少なくありません。なので、需要の高いプログラミング言語を習得することで、30代未経験からエンジニアに転職するハードルを下げることができます。

需要の高い言語の例は、「Java」、「JavaScript」、「PHP」、「Python」、「Ruby」などがあります。30代の未経験からエンジニアへの転職を希望する方は、ここにあげた言語に関する資格を取得することや、その言語を用いた開発などで実績をあげること、該当する言語をプログラミングスクールに通って習得することが大切です。

少しでも転職しやすいように、求人数の多い需要の高いプログラミング言語を習得しておきましょう。

働きながらプログラミングスキルを身につける方法

働きながらプログラミングスキルを身につける方法

現職を続けながら未経験のエンジニアに転職するには、仕事とプログラミングの学習を両立させる必要があります。ここでは、働きながらでもスキルを身につけられる方法として、「独学で学ぶ」、「プログラミングスクールに通う」、「オンラインスクールで学ぶ」の3つを紹介します。

独学で学ぶ

独学で勉強を始める方法には、書籍やインターネット、動画サイトを用いる方法があります。いずれの方法も、気軽に始めることができて、費用も比較的抑えられる点がメリットです。Pythonといった人気のプログラミング言語に関する書籍や動画は数多くあるため、自分にとって理解しやすい教材を選んで勉強することで、挫折せずにスキルを習得できます。

学習サイトの中には、理解できない部分について質問ができるサービスを提供しているサイトもあるため、効果的に活用することで短い時間でプログラミングを学習することも可能です。

スクールに通う

プログラミングスクールに通って勉強することで、限られた時間を効率的に使って勉強できます。理解できないところがあったとしても、その場で質問できる環境があるため、スムーズに内容を理解できます。費用がかかってでも効率よく、できるだけ早くスキルを習得することを目指している方は、プログラミングスクールがおすすめです。

オンラインスクールで学ぶ

オンラインスクールは、自分の時間に合わせて勉強を進めることができるので、働きながらでも効率よく勉強したい方にはおすすめです。

「仕事があるためスクールに通学することは難しい」「近くにプログラミングスクールがない」と悩みを抱えている方でも、オンラインスクールなら無理なくプログラミングを学べます。オンラインのプログラミングスクールでも、その場で質問をして疑問を解決できる点も独学にはないメリットの一つです。

30代からエンジニアを目指すには経験と学習意欲が大事

30代からエンジニアを目指すには経験と学習意欲が大事

しっかりとスキルを身につけたり、企業に自分の実績をアピールできたりすれば、30代未経験からエンジニアに転職することは可能です。また、エンジニアにとって重要なことは、経験や実績があることと学習意欲を持ち続けることです。

プログラミングスクールに通うなどしてスキルを習得したり、ポートフォリオを作成し実績を作ったりすることが30代未経験からITエンジニアとしての転職を成功させるポイントです。あきらめることなく勉強に励み、自分自身のスキルや能力を鍛えて、市場評価を上げる努力をしましょう。そうすることで、30代未経験からでもエンジニアへの転職を実現できるようになります。

前の記事

評判の良い無料プログラミングスクールを厳選!各校の特徴をチェック

2022.12.01

評判の良い無料プログラミングスクールを厳選!各校の特徴をチェック

#プログラミングスクール

次の記事

CCNAに合格するための勉強法は?独学とスクール紹介

2022.12.01

CCNAに合格するための勉強法は?独学とスクール紹介

#資格・スキル

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール