キャリア

最終更新日: 2023.01.06 (公開: 2023.01.06)

35歳からプログラミングに挑戦しても間に合う!勉強法と転職事情を解説

35歳からプログラミングに挑戦しても間に合う!勉強法と転職事情を解説

35歳からプログラミングを始めたいと考えている方のために、この記事では、35歳でプログラミングが始められるのかや、勉強方法について詳しく解説します。

「35歳からプログラミングは始められる?」「年齢的にプログラミングを勉強しても仕事はある?」など、プログラミングを勉強したいけれど不安な方多いのではないでしょうか?

この記事では、35歳からプログラミングを勉強し始めて実務レベルのスキルを習得できるのか、あるいはプログラマーに転身できるかどうかなどを詳しく解説します。

プログラミングの具体的な勉強方法もあわせて紹介しますので、プログラミングを勉強したいけれど不安という方は、ぜひ参考にしてください。

35歳からプログラミングを習得するメリットを3つ紹介

35歳からプログラミングを習得するメリットを3つ紹介

35歳だからといって、プログラミングを学びはじめるのが「遅い」ことはありません。ここでは、35歳からプログラミングを習得するメリットについて詳しく解説します。

①プログラマーに転職できる

プログラマーはIT分野の技術職の一つです。プログラミングの知識やスキルさえあれば、年齢に関係なく仕事につなげられます。35歳であれば、これまでに仕事でさまざまな経験を積み、コミュニケーションや営業力、マーケティング能力といったプログラミング以外のスキルを身につけていることがほとんどです。

プログラミング知識に加えて、社会人としてのスキルや経験を活かすことで、より高いレベルのプログラマーとしての転職が可能になります。プログラマー以外にもプログラミングスキルを必要とするさまざまな職業があるため、プログラミングを学ぶことで、転職に関する選択肢が広がります。

②日々の業務に活かせる

プログラミングスキルを日々の業務に活かせることも、大きなメリットです。営業や総務などの部署に勤務しているとしても、プログラミングスキルを身につけることで社内でのキャリアチェンジの可能性も高まります。

転職しなくともプログラミングスキルを身につければ、技術を必要とする部署に異動できる可能性がでてきます。企業にもよりますが、スキルに見合った手当を出すところは少なくありません。スキルアップしたいのであれば、転職ではなく社内でのキャリアチェンジにも目を向けてみてください。

③副業で稼げる

副業で稼げることも35歳からプログラミングを学ぶメリットです。「今より稼ぎたいけれど転職した後が不安」という方もいるでしょう。もし会社側が副業を認められている場合は、副業も考えてみるのもいいかもしれません。

プログラミングの仕事は在宅ワークで可能なため、移動時間は必要ありません。家で手が空いたときに、いつでもできるのが魅力です。副業でのプログラミングの仕事はクラウドソーシングで見つけられるため、営業が苦手な方でも案件が獲得できます。

35歳から未経験でプログラマーに転職することは可能?

35歳から未経験でプログラマーに転職することは可能?

35歳から未経験でプログラマーに転職することは可能です。プログラミングの技術だけでなく、これまでに習得したさまざまな経験やビジネススキルを活かすことで、希望により近い転職先を見つけることが可能です。ここでは、35歳から未経験でプログラマーに転職が可能なのかについて、解説します。

実態としてはやや難易度は高い

35歳でまったく経験のない分野に転職するのは、やや難易度が高い傾向にあります。なぜなら未経験の求人の多くは20代を対象としているからです。

IT業界の場合、全体的な年齢層が若いことが多く、35歳で転職したとしても「20代と比べて将来性が低い」などといった理由で、書類選考で落とされる可能性があります。

とはいえ、「35歳未経験でプログラマーに転職することが絶対に無理」というわけではありません。企業が求めるスキルを所有する人材であれば、転職することは可能です。

経歴や習得しているスキルによっては転職も可能

35歳で未経験であっても、社会人としての経歴や習得しているプログラミングスキルによっては、プログラマーへの転職も可能です。難易度は高いものの、転職前のスキルや実績を活かして、プログラマーに転職している人も多くいます。

プログラミングに関する知識やスキルを持っていることと合わせて「これまでどういった仕事でどのような経験をしてきたか」が重要となります。35歳からプログラミング勉強する際には転職を視野に入れて、必要とされている資格やスキルを中心に習得することが大切です。

企業によっては35歳以上を求めているケースもある

企業によっては、35歳以上の人材を求めているケースがあります。たとえば企業の平均年齢が高めの場合、20代の若い年代より35歳以上の年代の人が社内になじめるといった事情があるケースです。

プログラミングスキル以外にコミュニケーション能力や対人関係におけるスキルを持つ人材が欲しい場合も、あえて35歳以上の人を募集することもあります。どの企業も若い世代を求めているわけではなく、企業によって求めている人材が違うので年齢だけで判断せず、自分に合った企業を選ぶことが転職を成功させる重要なポイントです。

35歳からのプログラミング学習方法を紹介

35歳からのプログラミング学習方法を紹介

ここからは、35歳からのプログラミング学習方法を紹介します。年齢に関係なく、しっかり学んで必要なスキルを身につけることが、キャリアアップへの第一歩になります。35歳からでも学びやすい方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スクールに通う

35歳であれば、独学よりもスクールで学ぶ方がおすすめです。スクールであれば、講師が適切なカリキュラムを用意し、仕事にすぐ生かせる実践的なスキルを学べます。

また、オンラインでのスクールであれば、希望通りにスケジュールを調整できるので、仕事が忙しいときでも無理なく学習を進めることが可能です。転職サポートがついているスクールであれば、学習後の転職の見通しが立てられます。
ここでは、35歳からおすすめのプログラミングスクールを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

テックアカデミー

techacademy

テックアカデミー

「テックアカデミー」はオンラインに特化したスクールです。講師は全員、実務経験のあるエンジニアからマンツーマンで指導してくれます。副業を目指す方には「はじめての副業コース」、エンジニアとして転職したい方には「エンジニア転職保証コース」など、目指す目的にあわせたコースが設定されているのが特徴です。

たとえば「はじめての副業コース」では、未経験からWeb制作に必要なスキルを学習して副業を始められます。また「エンジニア転職保証コース」は、プログラミング未経験の初心者でも16週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

ほかにも「Javaコース」「Pythonコース」など人気のプログラミング言語が学べるものもあるため、自分の目的にあわせてコースを選択しましょう。

※提案例

受講形式 オンライン
コース
  • はじめての副業
  • エンジニア転職保証
  • Webデザイン
  • Python
  • Java
  • Webアプリケーション
  • フロントエンド
  • PHP/Laravel
学べる言語
  • Python
  • Java
  • PHP/Laravel

など多数

特徴
  • 専任の講師からマンツーマンで指導を受けられる
  • 転職保証コースがある
  • 副業など目的に合わせた学習ができる

侍エンジニア

侍エンジニア

侍エンジニア

「侍エンジニア」は専任講師による「マンツーマン」に特化したオンラインスクールです。マンツーマンならではの、一人ひとりの希望に合わせた「専用のカリキュラム」を組んで学べます。マンツーマンの講師は専任の現役エンジニアが担当し、変わることなく卒業までサポートしてくれます。

また、「転職保証コース」では転職成功率は99%という実績があるのも特徴です。専属の学習コーチとは別に転職のためのキャリアアドバイザーもつき、転職活動を徹底サポートします。また転職活動をした結果内定が出なかった場合は、全額返金してくれるため、心置きなく転職活動をすすめられるでしょう。

受講形式 オンライン
コース
  • エキスパート
  • フリーランス
  • 転職保証
  • プログラミング教養
  • Webデザイン教養
  • AI
学べる言語
  • Python
  • Ruby
  • React.js
  • PHP
  • Node.js
  • Java
  • Swift
  • Kotlin
  • AWS
  • Rails
  • Laravel ほか
特徴
  • 現役エンジニアがサポート
  • 質問に制限がない
  • 受講前の無料カウンセリングあり
  • 受講料割引キャンペーンが行われることがある

DMM WEB CAMP

DMM WEBCAMP

DMM WEB CAMP

「DMM WEB CAMP」は完全オンラインで学ぶスタイルです。「メンター」とよばれる現役エンジニア講師が、一人ひとりの学びに合わせたマンツーマン体制で徹底サポートしてくれます。講師の選考には通過率わずか10%という厳しい基準があり、質の高いメンターのみが在籍しているのも特徴です。

学べるコースは「はじめてのプログラミングコース」といった初歩的なものから、学びたいプログラミング言語に特化したコースなど自分が学びたい内容に近いものを選べます。

受講生限定で「無料転職サポート」や「副業サポート」も受けられるため、受講後もしっかりとサポートが受けられるというメリットがあります。

受講形式 オンライン
コース
  • Python
  • Webアプリケーション
  • Java
  • Webデザイン
  • 動画クリエイター
  • UI/UXデザイン
  • はじめてのプログラミング
学べる言語
  • Ruby/RubyonRails
  • Python
  • Java
  • HTML/CSS
  • Git/GitHub
  • Photoshop/Illustrator/Adobe XD ほか
特徴
  • 転職サポートオプションがある
  • 現役エンジニアのマンツーマン指導が受けられる
  • チャットによるサポートがある

独学におすすめのサイトや動画を紹介

おすすめのスクールについて紹介してきましたが、プログラミングを学ぶにはスクールに行く方法のほかにも、独学でも学べます。

インターネット上にはプログラミングを学べるさまざまな学習サイトがあるため、スクールが苦手な方は試してみてください。どのサイトがいいのか、どのような特徴があるのかわからない方に向けて、ここでは独学におすすめの学習サイトを紹介します。

Progate

Progate

Progate

「Progate」は、イラスト中心で学べるサイトです。スクールとは違ってスケジュールが決まっていないため、自分のペースで学習を進められます。

ブラウザ上でコードを書いて、すぐに結果を確認する実践形式の学習で、プログラミングを書く力が身につきます。パソコンだけでなく、スマートフォンのアプリもあるため、スマートフォンやタブレットを使って時間や場所を問わず学習できるのもメリットです。

ドットインストール

ドットインストール

ドットインストール

「ドットインストール」は、3分ほどの短い動画を中心に学ぶスタイルのため、隙間時間を利用して学習できるのが特徴です。動画を繰り返し見ることによって、スキルを覚えやすくなります。

400を超えるレッスン、7,000本以上の動画が用意されているため、ホームページの作り方からデータ分析・機械学習まで幅広くカバーすることが可能です。環境構築を行う基礎的な部分からスタートできるので、実践に活かせるプログラミングが身につきます。

Schoo

schoo

Schoo

「Schoo」は、双方向ライブコミュニティの形式で授業もある学習サイトです。無料で生放送の授業に参加することができ、質問も可能となっています。講師の問いかけに生徒が対応する形の授業であるため、思考力や判断力も身につきます。

19のカテゴリ7,000本以上の動画をいつでも好きなときに見られるので、時間や場所に縛られることがありません。無料で学べる授業もあるため、スクールに通うには資金的に難しい方にもおすすめです。

35歳からプログラマーとして転職するためのコツを4つ紹介

35歳からプログラマーとして転職するためのコツを4つ紹介

35歳からプログラマーとして転職するには、事前に知っておきたいいくつかのポイントがあります。プログラマーとして転職する確率を上げるために、しっかりと確認しておきましょう。ここでは、35歳からプログラマーとして転職するためのコツを4つ紹介します。

①転職エージェントと提携するプログラミングスクールに通う

35歳からプログラマーとして転職するなら、転職エージェントと提携するプログラミングスクールに通うのがおすすめです。35歳で未経験プログラマーとして働くための就職先を自分で探すのは困難だからです。転職エージェントなら、自分のスキルや希望にあった求人を見つけて紹介してくれます。

ただし、プログラミングスクールには年齢制限を設けている場合があるため、35歳でも受け入れてくれるスクールを探す必要があります。

②ポートフォリオを作る

ポートフォリオをしっかりと作成するのも、プログラミングスキルを身につけた後の就職や転職において重要なポイントです。ポートフォリオとは、自身にどのような能力があるのかを証明するための資料です。未経験でIT系企業への就職実績がない場合には、就職や転職にあたってポートフォリオを求められることがあります。

言葉でいくらスキルがあること、プログラミングができることを伝えても、わかってもらうのは難しいものです。しかしポートフォリオがあることで、ある程度スキルや実力があることがわかりやすくなります。そのため、自分が作ったアプリやシステムなど、詳細な情報を掲載したポートフォリオを作ることがおすすめです。

③副業で実績を作る

転職活動前に副業でプログラミングの実績を作ることも、転職活動を有利にすすめる方法の一つです。ポートフォリオと同じことが言えますが、実際にプログラマーとしての活動内容を示すことで、企業は採用するかどうかの評価がしやすくなります。

また、副業で培った経験を、面接時に面接官に伝えることができるため、面接対策の一環にもなる点も大きなメリットです。

④プログラミング言語の流行や動向を見極める

プログラミング言語の流行や、需要の高いプログラミング言語を見極めて、集中的に学ぶこともおすすめです。これから流行する、もしくは必要となる言語であれば、希望する企業に転職できる可能性が上がります。

おすすめのプログラム言語としては、汎用性の高い「Python」や使われる場面の多い「Java」です。どのような企業に転職したいのか、その際に必要となるプログラミング言語は何なのかを把握して、求められるプログラミング言語を選ぶことが大切です。

35歳からのプログラミングはコツを押さえることがポイント

35歳からのプログラミングはコツを押さえることがポイント

35歳からプログラミングを学び転職するためには、プログラミングを効率よく学習するだけでなく、スキルを身につけたあとの転職活動についても考えておくことが大切です。

IT業界はスキルや実績が評価される業界のため、ポートフォリオや副業を行い、自分の実績を形にして伝えると、転職活動は有利に進みやすいです。また、スクールによっては転職をサポートしてくれる場合もあります。

自分の目的に合わせて最適な学習方法を選び、転職にも生かせるスキルをしっかりと身につけましょう。

前の記事

Spring Boot入門者向け!導入方法から初心者おすすめ書籍まで解説

2023.01.04

Spring Boot入門者向け!導入方法から初心者おすすめ書籍まで解説

#ツール

次の記事

プログラミングを今から学ぶって遅い?やりたいときこそチャンス!

2023.01.06

プログラミングを今から学ぶって遅い?やりたいときこそチャンス!

#キャリア

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール