Swift

最終更新日: 2022.09.19 (公開: 2022.09.19)

【swift入門】swiftの基礎知識や習得するメリットを解説

【swift入門】swiftの基礎知識や習得するメリットを解説

swiftは2014年にリリースされ、iPhone向けのアプリ開発ができることから注目度が増しているプログラミング言語です。リリースされてからまだ歴史が浅く将来性にも期待できるため、特にプログラミング初心者の中には「swiftの入門編の知識を身に付けたい」「アプリ開発のためにswiftを学習したい」と思っている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、swiftの基礎知識やおすすめの学習方法を詳しく紹介します。

swiftとは

swiftとは

まずswiftの基本的な情報を紹介します。swiftの特徴やメリット、学習してできることについて見ていきましょう。

swiftの特徴やメリット

swiftは2014年にリリースされたApple社が提供しているオープンソースのプログラミング言語です。iOS、Mac、Apple TV、Apple Watchなどのアプリを開発するための手段のひとつとして作られました

Appleが開発した言語であるため、swiftを勉強する人のほとんどはApple向けアプリの開発をゴールとしているようですが、LinuxやWindowsなどApple以外のプラットフォームでも動作します。オープンソースかつ強固で直感的なプログラミング言語なので、工夫と発想次第でオリジナルのアプリを作ることが可能です。

swiftには、コードが読みやすくて書きやすい特徴があります。この特徴は、RubyやPythonなど利用者が増えてきている他言語と共通したものです。

swiftがC言語などの従来のプログラミング言語と大きく異なる点は、プログラムの動作をリアルタイムで確認できることです。従来のプログラミング言語では、コードの追加や修正をした後は、実際にプログラムを実行して動作を確認しなければいけませんでした。

しかし、swiftの「Playground」という環境ならリアルタイムで動作確認ができるため、確認の手間や時間が大きく軽減されます。

swiftを学習してできること

swiftを学習することで、iOS向けのアプリ開発ができるようになります。iPhoneやMac向けのアプリだけでなく、Apple WatchやApple TV向けのアプリも開発可能です。

また、swiftはiOS向けのプログラミング言語という印象が強いですが、WebアプリやWebサーバーもswiftで開発できます。アプリとサーバーを1つのプログラミング言語で開発できるので、効率よく開発を進めることができるでしょう。

swiftを学習するメリット

swiftを学習するメリット

swiftを学習するメリットとしては、以下の3つが考えられます

  • アプリ作成までに必要な学習内容が少ない
  • 初心者でもわかりやすい言語である
  • 習得したあと、活用できる範囲が広い

それぞれについて詳しく解説します。

アプリ作成までの学習内容が少ない

swiftは直感的で分かりやすい言語であるため、他のプログラミング言語と比較すると、アプリ作成を手がけるまでの学習内容は少なめです。他のプログラミング言語の経験があるなら、書籍を使った独学でもアプリ作成スキルは十分に習得可能といえるでしょう。

しかし、いくら分かりやすいといってもプログラミング初心者が独学でswiftを学習しようとすると「プログラミングそのもの」に挫折するパターンもあります。もしも、一人で勉強を続ける自身がない場合は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

初心者でも分かりやすい言語である

swiftはコードが読みやすくて書きやすいため、初心者でも分かりやすい言語といえます。複雑な構成をしていないため、初めてプログラミング言語を学習する方にもおすすめです。ただしC言語やJavaなどとは違いswiftは、まだ歴史が浅く情報があまり出回っていないため、初心者が求める課題解決のための情報が少ないのが現状です。

分かりやすい言語ではあるものの、情報収集のしづらさを考慮すると学習が簡単だとは言い切れないため、注意してください

活用できる範囲が広い

swiftはiOS向けのアプリを開発するために作られましたが、WebアプリやWebサーバーを開発することもできるため、活用できる範囲は他のプログラミング言語より広めです。今後もより広い範囲で使えるようになる可能性もあるので、将来性がある言語といって良いでしょう。

swiftとそれ以外のプログラミング言語のどちらを選ぶべき?

swiftとそれ以外のプログラミング言語のどちらを選ぶべき?

2014年に発表されたばかりのため、今後の将来性に期待できるswiftですが、今からプログラミングを学習するなら、swiftとそれ以外のプログラミング言語のどちらを選ぶべきなのでしょうか。その理由も踏まえて解説します。

今からアプリ開発を目指すならswift

アプリ開発者を目指すならswiftがおすすめです。swiftは学習難易度が低いため、他のプログラミング言語よりも短期間で実用レベルまで習得できる可能性があります

一方でC言語やJavaの場合は、数十年前から使われ続けている言語なので習得者が多いです。なので、今から習得しても技術や経験の差が非常に大きく、経験の差に劣る初心者がベテランの技術者にスキルや知識で追いつくことは難しいかと思います。その点swiftはまだ歴史が浅いため、ライバルも少ないのです。

歴史の浅さは将来性に期待できるとも考えられます。今後開発できる範囲が増え、swiftの優位性が強まる可能性は十分にあるでしょう。

アプリ開発以外にも活用したいときは他の言語もあり

swiftはiOSアプリだけでなくWebアプリやWebサーバーも開発できるものの、WebアプリやWebサーバーの開発に最適化されているわけではないため、現状ではiOSアプリ開発以外は難しいかもしれません。

そのためアプリ開発以外にも活用したいときは、他の言語を選ぶことも視野に入れておきましょう。その際におすすめのプログラミング言語は「Java」です。「Java」は汎用性に優れた言語なのでさまざまなアプリを作ることができます。

swiftで開発するならXcodeを導入しよう

swiftで開発するならXcodeを導入しよう

swiftでアプリ開発を行うなら、Xcodeを導入しましょう。swiftでのアプリ開発に欠かせないXcodeについて、概要とインストール方法を解説します

Xcodeとは

Xcodeは、Apple社が提供しているiOSのアプリ開発ツールです。iOS向けのアプリ開発に必要なものがすべてそろっているため、iOS向けのアプリを開発する際は必須です。macOS上で使用できるので、現在のiOS向けアプリの大部分はXcodeで作られています。

またXcodeは、iOS向けアプリを開発するにあたって最適な開発環境であり、iOS向けアプリには欠かせないさまざまな特徴をもっています。大きな特徴のひとつが「コード編集機能」です。Xcodeのコード編集機能によりわかりやすいコード補完が行われ、さらに画面の自動表示や分割といった機能もあるため、開発が非常にスムーズです。

また、ボタンやラベルをマウス操作で配置することで、コードを全く書かずに直感的に画面を作成することもできます。

Xcodeのインストール方法

ここからはXcodeのインストール方法について見ていきましょう。まずは使用しているMacがXcodeの必要要件を満たしているか確認します。Xcodeの必要要件は以下の通りです。

  • OS : macOS最新版
  • ハードディスクの空き容量 : 15GB以上
  • メモリ : 4GB以上(8GB以上推奨)

必要要件を満たしていることを確認したら、Xcodeをダウンロードしましょう。XcodeのダウンロードはAppStoreまたはAppleのデベロッパーページからできます。AppStoreからダウンロードする場合は、検索欄に「Xcode」と入力すれば表示されます。表示された画面のダウンロードマークをクリックすればダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると自動的にインストールが開始されるため、指示に従いインストールを進めていきましょう。アプリケーションフォルダにXcodeが表示されていれば、インストール完了です。ダブルクリックすればXcodeが起動できます。

【swift入門者向け】おすすめ学習法3選

【swift入門者向け】おすすめ学習法3選

swiftを学習する際のおすすめの学習法は、以下の3つです

  • 本や参考書から学ぶ
  • 学習サイトやツールから学ぶ
  • 学習用の動画で学ぶ

それぞれ見ていきましょう。

1.本や参考書から学ぶ

本や参考書は、プログラミングを学ぶ際の一般的な方法です。ただし、書籍は初心者が一読しただけでは理解できないことがあったり、上級者向けの書籍を初心者が選んでしまうリスクがあるため「どのような基準で、どのような書籍を選ぶか」が重要になってきます

今の自分に必要な知識はどこまでなのかが初心者のころは特に判断がつかないため、まだ必要のない知識まで学習してしまい、学習に時間がかかってしまうことがあります。書籍でプログラミングを学習する場合は、各言語の基礎を学びながら、仕事にしているベテラン技術者などに「初心者向けの学習用」を助言してもらう方法が良いでしょう。

2.学習サイトやツールから学ぶ

学習サイトやツールから学ぶのもおすすめです。本や参考書に勝るとも劣らない豊富な選択肢があるため、初心者向けや中級者向けなど今の自分のレベルに合ったサイトで学習できます。パソコンやスマホさえあればどこにいても学習できるため、空いた時間を活用して効率よく学習できるようになります。

ただし、学習サイトやツールの制作者によって教え方や文章の書き方などが異なるので、複数のサイトやツールを試してみて、自分に合うものを選択する必要があります

3.学習用の動画で学ぶ

動画で学ぶサービスも増えてきています。YouTubeには質の高い動画がたくさんあるため、完全無料で学習することもできる点は、他の学習法にはない大きなメリットです。また、動画は文字を読むよりもコーディングの流れなどをイメージしやすいため理解しやすく、挫折しやすいプログラミング言語を学習するうえでのモチベーション維持にもつながります

しかし、多数の動画がアップロードされているため、本当に知りたい情報が解説されている動画がなかなか見つからなかったり、見つかったとしても数年前の動画で情報が古いといった可能性があります。動画でプログラミングを学習する場合は「1年以内にアップされた動画であるか」、「学びたい内容が解説されているか」をよく確認しましょう。

swift初心者におすすめの本6選

swift初心者におすすめの本6選

プログラミングに関する書籍は選べないほどあるため、どれを読むべきか分からない方もいるでしょう。ここからはswift学習におすすめの本や参考書を6つ紹介します

詳細!SwiftUI iPhoneアプリ開発 入門ノート[2021] iOS 15+Xcode 13対応

この本は、iPhoneアプリを作りたい方に向けた入門書のひとつです。セクションごとに「swiftシンタックスの基礎知識」(swiftの文法や構文規則、ルールの解説)が設けられているため、変数や演算子などswiftの基礎知識をより詳しく学ぶことができます。

開発環境Xcodeのインストール法から始まり、swiftUIコードの便利な入力補完機能などが順を追って説明されており、swift初心者でも途中でつまずくことなく学習できる仕組みになっています

詳細!SwiftUI iPhoneアプリ開発 入門ノート[2021] iOS 15+Xcode 13対応

SwiftUI 対応 たった2 日でマスターできる iPhone アプリ開発集中講座 Xcode 13/iOS 15/Swift 5.5 対応

この本は、初心者には難しい文法の説明は極力省きプログラミングを「体験」し、「理解すること」を目的に作成されました。文法はプログラミングにおいて必要不可欠なものですが、初心者にとってプログラミングのすべての文法を理解することはハードルが高く、あきらめてしまう大きな要因となります。

しかし、iPhoneアプリを完成させ動作させることで、プログラミング学習における一定の達成感を得ることができるでしょう。「まずはアプリを作ってみたい」方におすすめです

SwiftUI 対応 たった2 日でマスターできる iPhone アプリ開発集中講座 Xcode 13/iOS 15/Swift 5.5 対応

Swift PlaygroundsではじめるiPhoneアプリ開発入門

この本は、2021年12月にリリースされたswift Playgrounds 4によって可能となったiPadでのアプリ開発方法を学ぶことができます。サンプルコードが付属しているため、コーディングの基礎から学べるだけでなく、より本格的にswiftUIを使ったプログラミングを学ぶことが可能です

さらに、マップやWebブラウズに必要なMapKit、WrebKit、ゲーム開発に必須なSpriteKitなどの基本的な使い方、AppleStoreに公開する機能も解説されています。読み進め、学習を続けることでボタンやフィールドといったオブジェクトを使った簡単なアプリを作れるようになります。

Swift PlaygroundsではじめるiPhoneアプリ開発入門

Swiftスタートアップガイド

この本は、swiftとObjective-Cとの関係からswiftの成り立ち、といった一般的な書籍では学べない内容から学習をスタートします。言語の歴史について学ぶことは、将来を見通すことに役立ちます。続けてswiftの開発環境の構築法が解説されています。そのほか文法や配列や辞書、関数、クロージャ、オブジェクト指向といった「知識」についての解説が続きます。

最終的にはiOSアプリの作成までをこの1冊で行えるようになります。「アプリを作りたいが他のプログラミング言語は難しそう」という方におすすめの入門書となっており、イラストを多用して概念から理解できるようにしてあるため、プログラミング初心者でも安心です。

また、Objective-C経験者に向けては、Objective-Cとの違いが各所に追記してあるため、両者の違いがわかりやすくなっています。

Swiftスタートアップガイド

TECHNICAL MASTER はじめてのiOSアプリ開発 第2版 Xcode 8+Swift 3対応

この本は、プログラミング経験者を対象に、swift 3を使用してiOSアプリを開発するために必要な知識を学ぶことを目的にして作られました。アプリづくりで基本をつかんだあと、UI部品の使い方もマスターできる流れになっています。地図やGPSなどの実用的なアプリ開発のノウハウも学べます。

プログラミング経験者向けということで、まったくの初心者にはややハードルが高い書籍と言えます。初心者向けの書籍を卒業したあとに手に取るべき一冊として、頭に入れておくと良いでしょう。

TECHNICAL MASTER はじめてのiOSアプリ開発 第2版 Xcode 8+Swift 3対応

本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 9.x+Swift 4.x対応

この本は、プログラミング経験はあるものの、iPhoneやiPad向けアプリ作りをしたい人、これからiPhone向けアプリ開発を始めるという人向けの本です。プログラミングのやり方やアプリを公開する方法など、基本的なことから押さえておくべきポイントまでを解説しています。

8章で構成されており、サンプルアプリを用いて丁寧に解説されているため、swift初心者におすすめの一冊です。

本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 9.x+Swift 4.x対応

swiftの基礎知識を身に付けてアプリを制作してみよう

swiftの基礎知識を身に付けてアプリを制作してみよう

今回の記事では、swiftの基礎知識やおすすめの学習方法について紹介しました。swiftはまだ歴史が浅いこともあり、今後に期待できるプログラミング言語です。この記事を参考に自分に合った書籍や学習法を見つけ、swiftの基礎知識を身に付けて、実践で使えるアプリ開発に役立つことができれば幸いです

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール