プログラミングスクール

最終更新日: 2022.11.18 (公開: 2022.11.18)

無料プログラミング スクールはやめとけは本当?実態について解説

無料プログラミング スクールはやめとけは本当?実態について解説

無料で学べるプログラミングスクールについて「やめたほうが良い」という意見を聞くことがあるかと思います。「やめたほうが良い」のは本当なのかどうかを追求するとともに、無料のプログラミングスクールはどのようなことを学べるのかについて、詳しく解説します。

プログラミングスクールには無料で利用できるものもあります。無料というメリットがある一方で「無料(のスクール)はやめとけ」「無料は怪しい」といった声を聞くこともるかと思います。

本当に無料で利用できるプログラミングスクールは、怪しいのでしょうか。
そこでこの記事では、無料プログラミングスクールの実態や「やめとけ」といわれる理由を追求します。

無料でプログラミングを学べる理由は2つ

無料でプログラミングを学べる理由は2つ

高額なイメージがあるプログラミングスクールが、無料といわれると「なぜ無料なのか」と不安に思ってしまう方も多いのではないでしょうか?
実は無料でも運営できる仕組みには、大きくわけて2点あります。

  • 企業と提携しているから
  • 特定の条件を満たすことで無料になるから

塾などの一般的なスクールと違い、企業が関係していることで無料でのスクール経営が実現できます。

ここでは、無料でプログラミングが学べる仕組みを詳しく説明します。

①企業と提携しているから

無料のプログラミングスクールは、企業と提携し、企業からのお金をもらうことで運営されています。受講生をITエンジニアとして育成し企業に紹介することで、紹介料を企業から受け取る仕組みを取っているケースが多いです

このビジネスモデルができた背景には、プログラミングの専門スキルをもつ人材が不足していることが関係しています。スクール経営したい側と人材不足で悩む企業との思惑が一致したビジネスモデルといえます。

無料だからといってカリキュラムの質が悪いわけではなく、企業が認める人材を育成するための整ったカリキュラムがあるため、心置きなく学習できます。ただし、誰でも無料で学べるわけではなく、企業から指定のある条件を満たすことで、無料プログラミングスクールに入会できるというところがほとんどです。

②特定の条件を満たすことで無料になる

無料のプログラミングスクールは誰でも無料で受講できるわけではなく、特定の条件を必要とします。おもな条件は、以下の3つです。

  • 年齢制限がある
  • 指定の就職先がある
  • 指定のプログラミング言語がある

「企業が求める人材を育成し、紹介する」のが無料スクールの本来の目的なので、スクール側からおすすめの就職先を提案されるのが一般的です。さらに、20代といった若い年齢を対象にするところが多く、提携している企業が求めるプログラミング言語のカリキュラムが提供されるパターンがほとんどです。

スクールごとに条件は変わるため、無料で学ぶ条件には何があるのか、公式サイトなどで事前に目を通すことをおすすめします。

無料のプログラミングスクールをやめとけといわれる2つの理由

無料のプログラミングスクールをやめとけといわれる2つの理由

無料で学べるメリットがある一方で「無料のプログラミングスクールはやめとけ」といった声もあります。なぜ「やめとけ」といわれるのか、具体的な理由について詳しくチェックしましょう。

理由①学びたい分野が学べず、希望職種に就けない場合がある

無料プログラミングスクールでは、必ずしも学びたい分野が学べるとは限りません。人材紹介会社の講座を受けた場合、コース修了後はスクールが指定する会社に就職するケースがあるからです。

たとえば、Web系の会社に入りたいと思っていても、スクールによってはSES(System Engineering Service)系の企業を勧めてきたりします。無料プログラミングスクールには、必ずしも学びたい言語があるわけではなく、希望した仕事に就けない可能性があることを認識しておきましょう。

理由②転職目的がメイン

無料プログラミングスクールによっては、転職保証や転職支援などのサポートがあります。

サポート 内容
転職保証 転職できなかった場合、全額返金(実質無料)
転職支援 転職に関することをさらゆる面でサポート

転職を前提とした受講目的なら、無料スクールは最適です。逆に希望の就職先があったり、強い将来像へのこだわりを持っている場合は、うまくマッチしないかもしれません。

仮にスクールが推薦した企業ではなく自分の求める企業に就職をした場合、違約金がかかることもあるため、注意が必要です。

無料のプログラミングスクールに向いている人

無料のプログラミングスクールに向いている人

無料のプログラミングスクールに向いている人の特徴は、おもに以下の2つです。

  • 無料で学びたい方
  • プログラマーへの転職を考えている方

無料スクールを選択する際の大きなポイントになりますので、詳しく解説します。

無料で学びたい方

無料のプログラミングスクールは、無料で学びたい方に最適な選択です。一般的なプログラミングスクールでは、受講料としてスクールによって差がありますが、10万円~50万円といった費用を支払う必要があります。プログラミングを真剣に学びたいと思っていても、費用面で断念せざるを得ないこともあるかもしれません。

そのような方でも、無料スクールなら受講料の心配は不要です。ただしスクールによっては、「完全無料型」と、条件を満たせば無料になる「転職保証型」があるため、事前に確認が必要です。

プログラマーへの転職を考えている方

無料プログラミングスクールは、プログラマーへの転職を本気で考えている人にも向いています。スキルのある即戦力を採用する傾向がありましたが、離職率が高かったり人材不足であったりする現状があるため、実務経験のない方も積極的に採用する企業が増えています。

未経験から転職を目指す方にとって「無料スクール」は、スキルも身につけられるうえに、転職先も紹介してくれるので一石二鳥です。スクールの課題を最後までやりきることで、途中で投げ出さない人間性が評価されることも、転職に良い影響を与えます。

無料のプログラミングスクールに向いていない方

無料のプログラミングスクールに向いていない方

無料のプログラミングスクールに向いていない方特徴は、おもに以下の3つです。

  • 転職を考えていない
  • やりたいことが決まっている
  • 受け身姿勢で自己探求心がない

無料スクールを受講してから後悔しないためにも、詳しく解説します。

転職を考えていない

プログラミングを学びたいが転職までは考えていない方は、無料スクールには向いていません。無料プログラミングスクールは、転職を目的としてカウンセリングや授業のカリキュラムが組まれ、転職先を紹介されるからです

万が一就職先を断った場合には、違約金が発生する場合もあります。転職が目的ではなく単純に「プログラミングを学びたい」方は、有料スクールか独学がおすすめです。

やりたいことが決まっている

学びたいプログラミング言語がスクールにない方や、将来のビジョンが決まっている方も、無料のプログラミングスクールには向いていません。無料プログラミングスクールは、未経験者にプログラミングの基礎を教え、転職先で活躍できる人材を育てるカリキュラムを組んでいます。

より深いスキルが必要となるWeb系を目指している方は、無料スクールでは物足りなく感じることもあります。フリーランスとして活躍したい方や学びたい言語が決まっている方は、無料のプログラミングスクールは不向きです。

受け身姿勢で自己探求心がない

スクールに行くだけで簡単にプログラミングを学べる」という受け身姿勢で考えている方にも、あまり無料のプログラミングスクールをおすすめできません。無料のプログラミングスクールといえど、自分から学ぶ意欲がない方は、時間だけ無駄になってしまうためです

予習復習はもちろん、わからない点はわかるまで探求していく熱心な方は、より早くプログラミングスキルを身につけられます。「勉強は嫌いだけど知識を身につけたい」という方であれば、動画や書籍を利用して独学でプログラミングを学ぶ方法がおすすめです。

無料のプログラミングスクール4つを紹介

無料のプログラミングスクール4つを紹介

ここからは、評判の良い無料のプログラミングスクールを、4つ紹介します。

  • GEEK JOB
  • ITCE Academy
  • プログラマカレッジ
  • 0円スクール

各スクールで独自の特徴がありますので、参考にしてください。

①GEEK JOB

GEEK JOB

GEEK JOB

対象者 18歳~29歳
受講形式 オンライン
無料になる条件 審査に合格した人のみ
学べる内容と言語 スピード転職コース
Java ITインフラ

GEEK JOBは、完全無料で受講できるプログラミングスクールで、おもな特徴は3つあります。

  • 最短1カ月でプログラマーになれる
  • 幅広いジャンルの転職先がある
  • 無料で転職支援を受けられる

スピード感に定評のあるスクールのため、一般的なスクールの場合、2カ月以上かかるところを、最短1カ月でエンジニアを目指せます。

転職決定率97.8%、転職者数500名以上と、業界トップクラスの実績を誇る転職支援サービスは、母体が転職エージェントだからこその強みといえます。

途中でやめた場合は、違約金として1日につき3,300円(税込)がかかりますが、未経験者から本気でエンジニアを目指したい方であれば、おすすめのスクールです。

②ITCE Academy

ITCE academy

ITCE Academy

対象者 20歳~30歳
受講形式 オンライン
無料になる条件 紹介先企業に採用され紹介料が支払われた時点
学べる内容と言語 ITエンジニアコース Webプログラミングコース

ITCE Academyは、IT系に特化した無料のプログラミングスクールで、おもな特徴は3つあります。

  • 相談~転職まで完全無料
  • コンサルタントがマンツーマン対応
  • 実践的なカリキュラム

転職サポートが手厚く、たくさんの転職者を排出しているスクールです。エンジニア未経験者向けのコースもあり、初心者でも基礎からじっくりと学べます。

実践的カリキュラムになっており、入社後すぐ活躍できるスキルが身につく内容なのも嬉しいポイントです。学びたい意欲があり、知識をどんどん吸収したい方に最適なスクールです。

③プログラマカレッジ

プログラマカレッジ

プログラマカレッジ

対象者 18歳~30歳
受講形式 オンライン(実践形式あり)
無料になる条件 審査に合格した人のみ
学べる内容と言語 Javaプログラミング Linuxサーバー構築
HTML/CSS Java Linuxなど

プログラマカレッジは、有名企業とのつながりもある無料のプログラミングスクールで、おもな特徴は3つあります。

  • 提携企業数は業界トップクラス
  • 転職支援サービスの充実度
  • 実践的なカリキュラム

3500社という多くの企業と提携しており、98.3%という就職率も魅力です。また、履歴書やビジネスマナーといった面接で必要なことを、きめ細かくサポートしてくれる充実したサポート体制も整っています。

④0円スクール

0円スクール

0円スクール

対象者 18歳~30歳
受講形式 オンライン(実践形式あり)
無料になる条件 面接通過者
学べる内容と言語 HTML/CSS Java SQL など

0円スクールは、営利目的ではない無料のプログラミングスクールで、おもな特徴は3つあります。

  • IT業界の活性化が目的
  • 母体会社での中途採用がメイン
  • 即戦力としてのスキルが身につく

無料の秘密は、母体会社への就職を目的としているからです。言い換えれば、入社教育の一環としてスクールを運営しているため、無料で受講できるのです。

とはいえ、絶対に母体会社に就職しなければいけないということはありません。仮に別の会社に就職しても、他スクールのような違約金は発生しないため、自分の意志で就職先を選べるスクールです。

悪質スクールに注意!だまされないように気をつけたいポイント

悪質スクールに注意!だまされないように気をつけたいポイント

ためになる無料スクールがある一方で、悪質なスクールも少なからず存在します。「無料のプログラミングスクールはやめとけ」といわれる理由は、悪質なスクールの存在が原因になっているケースもあります。

ここでは悪質なスクールと契約しないように、見極めるためのポイントを3つ紹介します。

無名のスクールで会社の情報が少ない

あまり知られていない無名のスクールは悪質なスクールの可能性があるため、注意が必要です。無料のプログラミングスクールは、企業と提携することで成り立っていることがほとんどなので、無名のスクールと提携する企業があるとは考えにくいためです。

会社の情報が少ないのも悪質なスクールである可能性があります。住所はもちろん、授業料といった、受講生に必要な情報を一切載せていないサイトのスクールには、注意が必要です

受講前に会社情報・提携先企業の情報・受講料など、コースについてきちんと書かれたスクールを選びましょう。

誇大広告で宣伝を行っている

未経験者をターゲットに「受講者が得する情報」の広告を全面に出しているスクールにも、注意が必要です。「未経験から月100万円」「フリーランスで年収1,000万円以上」などのキャッチコピーは魅力的ですが、「未経験から月100万円は稼げる」というような話は、あまりにも非現実的です

契約後に後悔しないためには「無料」という言葉だけに注目するのではなく、事前にどんなスクールなのかを確認することが重要です。卒業生のインタビュー記事や口コミなどを参考にすることで、そのスクールの実態が見えてきます。

問い合わせや質問をしても迅速な回答がない

気になって問い合わせをしたにもかかわらず、「返答が遅い」、または「回答がない」スクールも、要注意です。返信の速さは、スクールの質に関係します。

無料スクールの場合は、収入形態を公表することで経営しているため、質問にも真摯にに答えてくれる可能性が高いです。しかし回答があまりにも遅い、もしくは無回答ということは、スクールの経営面についても疑った方が良いかもしれません。

公式ページに「いつまでに返信する」旨が書かれているスクールや実際に問い合わせをしてみて、1日以内で回答してくるスクールを目安に選ぶことをおすすめします。

無料のプログラミングスクールは利用目的で善し悪しが決まる

無料のプログラミングスクールは利用目的で善し悪しが決まる

無料のプログラミングスクールは、転職への強い意志がある方には最適な選択です。一方で、転職以外の目的で受講したり間違ったスクール選びをしてしまうと、時間を無駄にしたり、違約金が発生したりすることがあります。

無料で学べるプログラミングスクールを選ぶ際は「学ぶ目的」と「学んだ先のゴール」を明確にしたうえで、決めることが大切です。

さまざまな無料スクールを比較して、自分の目的にあったスクールを活用しましょう。

前の記事

Pythonは初心者の学習におすすめ!特徴とメリットを紹介

2022.11.11

Pythonは初心者の学習におすすめ!特徴とメリットを紹介

#Python

次の記事

Pythonが機能学習で人気がある理由は?機械学習の内容も解説

2022.11.18

Pythonが機能学習で人気がある理由は?機械学習の内容も解説

#Python

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール