キャリア

最終更新日: 2022.12.15 (公開: 2022.11.28)

女性プログラマーで有名な人は?女性もプログラマーで活躍しているの?

女性プログラマーで有名な人は?女性もプログラマーで活躍しているの?

世界で活躍している女性プログラマーについて解説し、彼女らが活躍した背景、近年女性プログラマーに対する需要が増えている理由についても紹介します。

「有名なプログラマー」と聞くと日本ではRubyを開発したまつもとゆきひろ氏ほか、多数のエンジニアが思い浮かびます。海外の著名な開発者においては、枚挙にいとまがありません。一方で世に知られている著名なプログラマーはほとんど男性で、女性のプログラマーの名前を聞くことは少ないのが現状です。

この記事では、女性プログラマーとして活躍している人や活躍する背景を紹介し、未経験からでも女性プログラマーに転職し活躍できる方法までを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

女性で有名なプログラマーはいるの?

女性で有名なプログラマーはいるの

それでは、実際に活躍している有名な女性プログラマーは本当にいるのでしょうか?ここでは有名な女性プログラマーの実情について紹介していきます。

女性の有名なプログラマーは少ない

プログラマーは年齢や性別に関わらず、能力や経験があれば誰でもなれる職業です。しかし、実際には女性のプログラマーの数は少ないのが現状です。世界的にみてもプログラマー全体における女性プログラマーの割合は、ITエンジニア全体のわずか10%前後もしくは、それにも満たないともいわれています。

女性プログラマーは少数派である現状ですが、その少数の女性プログラマーの中には、世界で活躍している女性プログラマーもいらっしゃいます。

世界ではじめてのプログラマーは女性?

多くのプログラマーが男性で、女性プログラマーの数は少ないといえます。そのため多くの方は「プログラマーといえば男性」のイメージがあり、女性プログラマーを思い浮かべる人は少ないかもしれません。

しかし実は1800年代に生まれたイギリス貴族の女性「エイダ・ラブレス」が、世界で初めてのプログラマーだと言われています。また彼女の死後100年以上経過した1979年には、交通機関や軍事システムで使用されているプログラミング言語には彼女の名前にちなんで「エイダ」と名前がつけられました。このことからも、彼女が世界初のプログラマーとしてリスペクトされていることがわかります。

有名な女性プログラマーを紹介

有名な女性プログラマーを紹介

ここからは実際に世界各国や日本において活躍している、あるいは活躍していた女性プログラマーを紹介します。

世界で活躍している女性プログラマー

まずは世界で活躍している女性プログラマーを3人紹介します。どのような経歴を持つ女性たちなのか、確認していきましょう。

グレース・メリー・ホッパーさん

グレース・メリー・ホッパーさんは、1906年にアメリカのニューヨークに生まれました。彼女は、アメリカ海軍の軍人でありながら計算機科学者です。また、アメリカ初の電気機械式計算機であるハーバード・マークIの最初のプログラマーの一人であり、プログラミング言語のCOBOLを開発しました。

彼女の功績は世界中の大学から高く評価され、40もの名誉学位を授けられています。

ベティ・ホルバートンさん

フランシス・エリザベス(愛称:ベティ)・ホルバートンさんは、1917年にアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれました。世界初のコンピュータENIACの開発に携わった6人の女性プログラマーの一人です。

1997年、ENIAC(アメリカで開発された黎明期の電子計算機)の6人のプログラマーの中で唯一、エイダ・ラブレス賞を受賞しています。コンピュータパイオニア賞を受賞したほか、デバッグにおけるブレークポイントを発明しています。

キャサリン・ジョンソンさん

1918年、アメリカのバージニア州で生まれたキャサリン・ジョンソンさんは、飛び級制度を利用して10歳で高校に入学するほどの聡明な女性でした。18歳で大学を卒業すると、教職を経てNASAの前身、National Advisory Committee for Aeronautics(NACA)への転職を果たします。

宇宙飛行士がアメリカ初の宇宙飛行に成功した裏で、飛行機同を計算するなど綿密な計算が求められる宇宙機制御部門で、裏方として重大なミッションを支えた実績の持ち主です。アポロ11号が月面着陸した際の飛行軌道の計算も彼女によるものでした。

あまりに膨大な計算量をこなしていたために「スカートをはいたコンピュータ」と自称していた、とのユニークなエピソードがあります。

日本の女性プログラマー

続いて、日本で活躍している女性プログラマーを3人紹介します。日本でプログラマーとしてどのような実績がある女性たちなのか、これからプログラマーを目指す方でしたら、ぜひ参考にしてください。

仲暁子さん

仲暁子(なか あきこ)さんは、1984年に千葉県で生まれました。小学生時代からインターネットやMacintoshに親しみを持っており、また高校時代はニュージーランドで過ごした経歴があります。その後、京都大学経済学部に進学し、卒業後はゴールドマンサックスやFacebook日本支社などで働いています。

さらに、ビジネスSNSツール「Wantedly」の前身である「フューエル」を起業しました。現在も、「Wantedly」の代表取締役CEOに就任しており、女性実業家として活躍しています。

池澤あやかさん

池澤あやかさんは、1991年に東京都で生まれました。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、女優としてデビューしており、テレビドラマや映画などへの出演経験がある一方で、フリーランスのエンジニアという一面もあります。エンジニアという肩書きもありつつ、情報番組やWebメディアへの寄稿など、タレントとしての活躍の機会を増やしております。

若宮正子さん

若宮正子さんは、1935年に東京都に生まれました。幼少期に太平洋戦争を経験しており、東京教育大学附属高等学校を卒業後に、三菱銀行に入社しています。定年退職後は、パソコンを購入して、エクセルアート(Microsoft Excelの罫線機能やセルの塗りつぶし機能で、紙袋などのデザインを作成する)を考案し、マイクロソフトから評価されました。

また、2016年にゲームアプリの開発に着手し、Apple社のCEOティム・クックから「世界最高齢のアプリ開発者」として紹介されています。

さらに、2021年にデジタル庁デジタル社会構想会議構成員、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室「デジタルの日」検討委員会構成員に就任している、錚々たる経歴の持ち主です。

女性のプログラマーが増えている!

女性のプログラマーが増えている

女性で活躍しているプログラマーは少なからず存在していますが、女性プログラマーの数は現実的に増えているのでしょうか?現在の実情について解説します。

女性プログラマーの割合は年々増えている

2021年に行われた「2021年版情報サービス産業基本統計調査/一般社団法人情報サービス産業協会の調査」によると、同協会の会員483社を対象に行った調査で、従業員のうちITエンジニアとして働く女性の割合は約22%でした。2016年の同調査では約13%、2017年の調査では約16%だったため、女性プログラマーの割合が年々増加していることがわかります。

割合だけでみるとまだまだ女性プログラマーは少ないですが、これから先その数が増えていくと考えられています。なぜ今後も増えていくと考えられているのか、次の項目で確認していきましょう。

女性の社会進出の波に乗っているから

女性プログラマーの数がこれからも増えるであろうと考えられる理由に、女性の社会進出がさらに進んでいることがあげられます。

「女性の職業生活における活躍を推進し、豊かで活力のある社会の実現」を目的とした法律である女性活躍推進法が、2016年に全面施行されました。国や企業の女性活躍を推進する意識が高まっており、働く女性に対するサポートをする動きもより顕著になっているため、女性プログラマーの数も増加してきていると考えられます。

IT業界未経験でも目指しやすくなったから

近年はIT業界未経験でもプログラマーやエンジニアを目指しやすくなりました。このことも女性のプログラマーが増えている大きな理由と考えられます。

なぜIT業界未経験者でもプログラマーを目指しやすくなったのかというと、初心者でも理解しやすいプログラミング言語が増えたこと。そして、オンライン学習サイトなどを用いて、自宅でも独学で勉強することも可能になったことなどがあげられます。

また研修制度が充実している企業も増えているため、性別や年齢にかかわらず、未経験者でもプログラマーを目指しやすい環境が整ってきています。

女性がプログラマーとして働くメリットを紹介

女性がプログラマーとして働くメリットを紹介

それでは、女性がプログラマーとして働くメリットにはどのようなものが考えられるのでしょうか?ここからは女性がプログラマーとして働くことのメリットについて解説します。

ワークライフバランスがとりやすい

女性がプログラマーとして働くメリットの1つ目は、ワークライフバランスがとりやすいことです。IT業界はほかの業界と比較すると、テレワークや在宅ワーク、フレックスタイム制度などを導入している企業が多くみられます。

テレワークや在宅ワークを導入している企業であれば、小さなお子さんがいる方でも家事や育児をしながら仕事をしやすく、心身にかかる負担も減らせます。またプログラマーはフリーランスとしても働きやすいため、在宅でクラウドソーシングサービスなどを活用して仕事を獲得することも可能です。

プログラマーの年収や報酬が高いため

女性がプログラマーとして働くメリットの2つ目は、プログラマーの年収や報酬が高いことです。

プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営する株式会社SAMURAIの2021年の調査によると、現役エンジニア100名の平均年収調査で、400万円以上と回答した方が全体の29%ともっとも多く、500万円以上だと回答した方の合計は全体の26%となりました。

また、同調査で女性エンジニアに絞ったデータによると、会社員として働いている女性エンジニアの平均年収は369万円でした。

さらに国税庁の2020年のデータでは、日本の女性の平均年収は293万円であることを考えると、女性エンジニアの年収は日本の女性の平均年収からかなり高いことがわかります。

体格や体力的なハンデが少ないため

女性がプログラマーとして働くメリットの3つ目は、体格や体力的なハンデが少ないことです。肉体労働では男性と比較して女性は体力、筋力面から厳しいケースがあります。

しかしプログラマーには、コミュニケーション能力や論理的思考力、プログラムに関する知識・能力が求められており、性別によるハンデはありません。そのためプログラマーは女性も男性と同等に働きやすい仕事といえます。

服装や働き方の規定が少ない会社が多いため

女性がプログラマーとして働くメリットの4つ目は、服装や働き方の規定が少ない会社が多いことです。メイクや靴などに配慮が求められることもある女性にとって、働きやすい服装で仕事に励むことができる環境は、女性が働くうえで大きなメリットであると考えられます。

またフレキシブルに子育てをしながらでも働ける環境が整っていることも、女性がプログラマーとして働きやすくなっている大きな理由です。

未経験から女性プログラマーを目指すには

未経験から女性プログラマーを目指すには

それでは、未経験から女性がプログラマーを目指すにはどのようなことが必要なのでしょうか?ここからは女性が未経験からプログラマーを目指す具体的な方法を紹介していきます。

未経験でも受け入れている企業に応募する

未経験からでも女性プログラマーになるためには、未経験でも受け入れてくれる企業に応募することが必要です。IT関係の仕事に携わった経験がなくても、他のメンバーと協力してチームワークを発揮した経験や、新規のことに対する興味や行動力があれば、プログラマーとして就職する際に評価されることがあります。

また、2019年の経済産業省のデータによると、若年層の人口減少の影響により、2030年にはITに関わる人材が45万人の人材不足になると言われています。そのため、プログラマーはスキルさえあれば転職・就職がしやすい状況になっているため、自身のプログラミングのスキルをしっかり身につけておくことが大切です。

自分に合ったプログラミングスキルを身につける

自分に合ったプログラミングスキルを身につけることもプログラマーとして仕事をするうえで重要です。企業へ応募する際には、職務経歴書に今までの職務経歴だけでなく「システム開発やプログラミングスキルがどの程度あるのか」が示されている必要があります。
IT系の資格や扱えるプログラミング言語、プログラミングスキルに加えて、プログラミングスクールに通っていた経験などもあれば記載することをおすすめします。

未経験からでも学べるプログラミングスクール3選

未経験からでも学べるプログラミングスクール3選

ここからは、プログラマーへの就職を視野に入れながら、未経験からでもプログラミングを学ぶことができるスクールを3つ紹介します。

侍エンジニア

侍エンジニア

侍エンジニア

侍エンジニアは、最短1か月でプログラミングを学ぶことのできるスクールです。卒業後の転職成功率は94.1%と非常に高い数字で、履歴書の添削指導や求人紹介などのキャリアサポートも充実しています。

入塾生大半が未経験からスタートしており、今までプログラミングに関わった経験がない方でも、経験豊富な専任講師によるマンツーマン指導で短期間のうちにステップアップできます。

テックアカデミー

テックアカデミー

テックアカデミー

テックアカデミーには、12週間でエンジニアを目指すことのできるコースのほか、現役エンジニアがサポートしてくれる体制が整っています。ビデオチャットで質問することができ、初心者でも学習の途中で行き詰まることなく、スムーズにプログラミングの勉強を進められます。

入学を決める前に無料体験・無料相談ができるため、受講イメージをつかむためにも無料体験からはじめることがおすすめです。

テックキャンプ

テックキャンプ

テックキャンプ

テックキャンプは株式会社divが運営しているプログラミングスクールで、初心者・未経験者に特化したプログラミング教養コースがあります。オンラインと教室どちらでも学ぶことができ、転職保証もついており、転職後の実践的なスキルを身につけることが可能です。

無料カウンセリングがあるため、入学を検討する方はまず無料カウンセリングに参加してみることをおすすめします。

女性プログラマーはこれからも需要が高い

女性プログラマーはこれからも需要が高い

プログラマーと聞くと男性の職業というイメージだったのは、令和においてすでに過去の話となっています。コンピュータの歴史をさかのぼれば、やはり男性優位であったITの世界で、自分の実力をいかんなく発揮して活躍していた女性プログラマーたちがいました。

働き方改革が叫ばれ、さまざまな働き方が受け入れられるなかで、女性プログラマーが活躍できる環境はすでに整っているといえます。プログラマーとして仕事をしていきたい女性の方は、プログラミングのスキルを身につけて、新しい環境にぜひチャレンジしてください。

前の記事

50代のプログラマーは使えない?未経験から目指す方法を解説!

2022.11.25

50代のプログラマーは使えない?未経験から目指す方法を解説!

#キャリア

次の記事

プログラミングを簡単に学ぶには?勉強方法や初心者向けの言語を紹介

2022.11.29

プログラミングを簡単に学ぶには?勉強方法や初心者向けの言語を紹介

#プログラミング

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール