プログラミングスクール

最終更新日: 2022.01.11 (公開: 2022.01.11)

Ruby習得におすすめのプログラミングスクール5選を総まとめ!選び方や注意点も解説

Ruby習得におすすめのプログラミングスクール5選を総まとめ!選び方や注意点も解説

Rubyは、数多くあるプログラミング言語の中の一つです。WebアプリケーションやSNSを開発する際に使用できたりと、用途が多く人気の高い言語です。具体的にはGitHubや、開発初期のTwitterもRubyで開発されています。人気があるため需要も多く、プログラミングスクールにおいても様々なカリキュラムが準備されています。

そのため、自分にあったスクール選びを行うことが必要になります。また、転職や独立を考えている方は、何に重点を置いたカリキュラムかを判断する必要があります。この記事では、Ruby取得のためのスクールの選び方やおすすめのスクールについて解説していきます。

目次

Rubyを習得できるおすすめプログラミングスクールまとめ

Rubyを習得できるおすすめプログラミングスクールまとめ

Rubyを取得できるおすすめのスクールをまずは一覧でご紹介します。

受講形式 Rubyカリキュラムの有無 マンツーマン 価格 案件紹介の有無 就職サポートの有無
TECH CAMP オンライン 657,800円〜877800円 ×
TechAcademy Pro オンライン 437,800円 ×
DMM WEBCAMP COMMIT オンライン 648,000円〜910,800円 ×
SAMURAI ENGINEER 通学 495,000円〜781,000円
ポテパンキャンプ オンライン × 440,000円 ×

Ruby習得で失敗しないためのプログラミングスクールの選び方

Ruby習得で失敗しないためのプログラミングスクールの選び方

Rubyを取得するためには、どのようなポイントに注目してプログラミングスクールを決めるべきなのか、その選び方を具体的にご紹介します。自分に合った最良の選択をすることにより、いち早くプログラマーとして活動する近道となります。

Ruby習得でやりたいことを確認

プログラミングを学ぶにあたり、自分が開発したいものを目標とすることが大切になります。RubyはSNSやWebアプリケーション、ショッピングサイトなどを開発できますが、本当にRubyで開発したいかを確認しましょう。

たとえば、「TwitterのようなSNSサイトを開発したい!」「このショッピングサイトを運営する会社に就職したい!」などという目標があればモチベーションになります。プログラミングは新しい言語を学ぶので、かなりの労力がかかります。しかし、明確な目標があると学びを深めていきやすいでしょう。

Rubyでできることは合っているか確認

多くの開発に使用されているRubyですが、できないことや不向きなこともあります。自分がプログラミングを通してやりたいことは、Rubyが本当にふさわしいのかをチェックしましょう。えば、RubyとPythonは用途が似ている言語ですが、どちらも得意不得意があります。

Webアプリケーションを作成する場合はRubyが向いており、人工知能や機械学習はPythonが向いています。Pythonが得意な分野もRubyで行うことは、可能です。しかし、手間がかかるうえ、Rubyで開発をしている企業を探すことも大変でしょう。

ただ人気の言語というだけでRubyを選択するのではなく、本当に自分のやりたいことがRubyできるのか、向いている言語なのかをもう一度確認しましょう。

通学式かオンライン完結か確認

プログラミングスクールを選ぶにあたり、通学するのかオンラインで学ぶのかを選択することも重要なポイントとなります。新型コロナウイルス拡大のため会社でもリモートワークが推奨されたのと同様に、オンラインで完結するスクールが増えてきています。

オンラインの魅力は移動時間もかからないので便利ですし、世界中どこにいても受講が可能です。対して通学式は講師との距離も近く、場所が変わるために気持ちの切り替えもしやすいメリットもありますが、大前提として通える範囲内にスクールがあることと移動時間がかかってしまうデメリットがあります。

自分が今の生活で最もプログラミングを学びやすいスタイルを選択しましょう

Ruby専用のカリキュラムがあるか確認

自分の開発したいものがRubyである以上、コースの中にRubyを使用するカリキュラムがあるかを確認しましょう。Ruby以外にもWebアプリケーションやSNSを開発できる言語があるため、うっかりRubyを採用していないコースを選択してしまうこともあるのです。

また、実際にはRubyだけを使用しているのではなく、htmlなどの他言語を用いて開発しているため、Rubyと並行して使用する言語の習得ができることも重要となります。コースカリキュラムにRubyを使用していることを確認し、Rubyを使用した開発の第一歩を踏み出しましょう。

Ruby開発経験があるコーチがいるのか確認

スクールを選ぶ際は、講師にも注目します。Rubyの開発経験があるコーチが在籍しているのかを確認しましょう。プログラミング言語は違った言語であっても共通していたり、似ている部分が多数あります。そのため、Rubyを開発したことがなくても他の言語を使った開発経験を活かして講座のコーチになっている方がいらっしゃいます。

しかし、Rubyの開発経験があるコーチと比較すると、エラーなどの対応に時間がかかってしまったり、Rubyならではの特徴を教わることは難しいです。コーチがRubyの開発をしたことがあるかは学べる深さに関係してきます。

案件獲得や就職支援があるか確認

スクール、コース選びに案件獲得や就職のサポートが付随しているかを確認しましょう。プログラミングの世界では、未経験者の新規案件獲得や就職は非常に困難です。応募しても開発経験がないというだけで書類選考に落ちることもよくあります。

それはプログラミングスクールを卒業したり資格を持っていたとしても、開発には経験を求める企業が多いのです。この未経験者の壁となる一つ目の案件獲得や就職のサポートを受けられるということは、プログラマーとしての一歩を踏み出す苦労が少なく済みます

就職や案件獲得ができない場合は全額返金保証をしているスクールもありますので、チェックすべき項目です。

すぐに聞ける環境は整っているか確認

スクールを利用する点として質問できるメリットがありますが、すぐに聞ける環境であることも重要になります。開発最中には、エラーで頓挫することが多いものです。慣れていない人のエラーチェックは時間がかかることが多くあります。

エラーが解決できない際に質問できる環境はプログラミング学習を早く進めるための鍵となります。質問の対応時間が自分が学習する時間に合っているのかなどを確認しましょう。

Ruby習得に強いおすすめプログラミングスクール5選

Ruby習得に強いおすすめプログラミングスクール5選

それでは、プログラミングスクールの選び方を踏まえたところで、Ruby習得に強いプログラミングスクールをご紹介いたします。

TECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職コース

TECH CAMP(テックキャンプ)エンジニア転職コース

テックキャンプの最も大きな特徴は、カリキュラムがRubyを開発したまつもとゆきひろ氏が監修しているということです。日本で開発されたRubyだからこそ、開発者が監修したプログラムが設置されています。また、テックキャンプはテキストの更新に力を入れてきたので、「わかりやすいテキスト」という自信を持っているスクールです。

デメリットは、他のスクールよりも受講費用が高額であることです。しかし、講座の時間が長いことでより多くの技術が習得できるということと、何よりカリキュラムやテキストの開発に力を入れてきたという点も大きなポイントです。

転職できない場合は講座費用を返金してくれる転職補償年齢も39歳までと、他のスクールよりも高く設定されています。また、政府の補助金制度を利用することによって70%還元されるので、割引額を考えた際にはお得に受講できると言えるプログラミングスクールです。

TechAcademy Pro(テックアカデミープロ)

TechAcademy Pro(テックアカデミープロ)

テックアカデミープロが最も力を入れている点は、講師全員が現役エンジニアであることです。

現役エンジニアであれば最新の技術や開発環境を学べるので、より即戦力になることができる技術を習得できることが期待できます。

また、就職などの様々な相談をする相手も現役エンジニアを採用していることから、現場を知っている方々から話を聞きやすい環境であると言えます。テックアカデミーに届く求人は1000社以上あることから、より自分の求める企業が探しやすいスクールでもあります。

毎日15時から23時まで質問対応できることと、オンライン完結であることから現在お仕事をされている方にとっては学びやすい環境だと言えます。基礎を学ぶだけではなく、実際にRubyを用いて開発していくことで、卒業時にポートフォリオにできるものも残せる点も非常に良いです。

DMM WEBCAMP COMMIT(ウェブキャンプ・コミット)

DMM WEBCAMP COMMIT(ウェブキャンプ・コミット)

DMMウェブキャンプの中でも転職に特化したコミットコースですが、短期集中コースと専門技術コースがあります。短期集中コースは最短3ヶ月で設定されており、少しでも早くエンジニア職へ転職を考える方や、現在の仕事に活かしたい方にとってはおすすめのコースです。

また、じっくり細部まで学びたい方に向けて専門技術コースも設置されています。こちらは国の補助金制度に該当するコースなので、条件を満たせばお得に受講することが可能です。

この専門技術コースはさらにAIコースとクラウドコースに分かれており、現在需要が高まっている業種への転職も可能にしてくれるコースとなっています。

2つのコースは未経験であってもエンジニア職への就職ができるように特化されたコースとなっていますので、IT関連企業への転職を目指す方にとってはうってつけのスクールだと言えます。

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)転職保証コース

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)転職保証コース

侍エンジニアがこれまでのスクールと大きく違う点は、通学型であることです。新型コロナウイルス拡大のためにオンラインのみを受け付けているプログラミングスクールが多いなか、通学できるのは希少であると言えます。

また、資格取得に関してもマンツーマン対応してくれることから、手厚さが伺えます。面接指導はもちろんですが、職務経歴書やポートフォリオ作成にいたるまで就職に必要な内容を全てサポートしてくれる安心感も魅力です。

また、フリーランスコースでは案件獲得から納品までの流れも教えてくれるため、転職ではなくフリーランスで活躍したい方にとっても嬉しいスクールです。もちろん現役エンジニアを講師に揃え、質問時間は8時から22時と対応時間が長いことも特徴です。

専属マンツーマン指導により挫折しない環境づくりに力を入れているスクールと言えます。

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプの特徴は、転職サポートとしてWeb系開発企業との提携数がなんと3100社以上です。Rubyはもちろんのこと、Web系エンジニアにとって必要な他の言語に関してもしっかりとサポートしたカリキュラムとなっています。

また、週1回のメンタリングで学習状況や近況をサポートすることにより、Web系開発企業への内定率が100%なのです。他のスクールとの違いに関しては、今まで独学で学習してきた言語がカリキュラムに含まれている場合は飛び級も可能なのです。

たとえば、htmlやcss、JavaScriptは使えるという方であれば、学習時間は大幅に短縮する事が可能です。時間のない社会人の方にとっては大変ありがたい制度です。確実に「エンジニアとしてのキャリアを積みたい」と考えている方やく、現在働いている方には、魅力が詰まったスクールだと言えます。

プログラミングスクール以外のRuby習得方法

プログラミングスクール以外のRuby習得方法

取得するには誰かに教わる事が一番の近道ではありますが、プログラミングスクール以外の方法でRubyを習得する道もあります。独学はどうしても挫折する方も多くなってしまいますが、強い意思と継続力で習得される方もいらっしゃるのも事実です。

テキストなどの独学

まず最初に独学と聞くと、テキストなどの教材を購入して独自に学習を進める方法が思いつくかと思います。Rubyに関しても書店へ行けばたくさんの書籍が置いてありますし、AmazonなどでRubyと検索してもいくつも紹介されます。この方法は他の学習方法と比較すると圧倒的に費用が安く済みます

一冊のテキストが2000円〜3000円程度で購入できるので、幅広い知識をつけようと数冊購入しても他の習得方法より安いことは明白です。しかし、スクールで学ぶよりは、膨大な時間がかかってしまう可能性が高いです。

エラーが出た際に、自分で解決しようと思っても、なかなか修正方法がわからずに時間を消費してしまうのです。よく調べてみるとテキストのコードが間違っているということもしばしば見受けられます。

テキストによってはオンライン上で修正しているものもありますが、修正情報が更新されないテキストもあります。挫折してしまう最も多いケースなので、これさえ乗り切れば独学でもプログラミングの取得は可能です。

独学型のオンライン教材

すでにオンライン上に動画やプログラムを入力する画面があり、これらを進めていくことで習得を目指す独学型のオンライン教材があります。ProgatesやUdemy、ドットインストールなどが有名です。

オンラインスクールよりも費用は安いですが、誰かに教えてもらうわけではありませんので自ら学ぶ力が必要となります。パソコンの向こうに人がいるわけではありませんので、たとえ真夜中であっても学習を進められるメリットもあります

有料プランに加入することで質問できるコースも解説されていますので、こちらも強い意思を持ちながら学習を進められる方にとっては利用してみる価値はあります。

プログラミングスクールでRubyを習得してできること

プログラミングスクールでRubyを習得してできること

ここで、Rubyを使用してできることをご紹介いたします。自分のやりたいことがRubyでできるのかを確認しましょう。

WEBアプリケーションが作れる

ショッピングサイトやSNSなどのWEBアプリケーションをRubyで開発することができます。具体的には、動画配信サイトのhuluや料理レシピサイトのクックパッド、リリース当初のTwitterなどがRubyで開発されています。

RubyでWEBアプリケーションが多く開発されている理由は、Ruby on RailsというWEBフレームワークが非常に使いやすい点にあります。全くの白紙からプログラミングを書くのではなく、ある程度基礎的な基盤があらかじめ書かれているので制作時間が大幅に短縮されるメリットがあります。

また、Ruby on RailsはサーバーとWEBページとの間の処理が非常に効率的であり、素早くページが表示されるということもあって、多くのサービスに利用されています。

掲示板など基本的なSNSアプリができる

WEBアプリケーションと同様に、掲示板などの基本的なSNSもRubyで作成できます。全くプログラミングに触れたことがない方であれば、一体どのようにSNSが動いているのか予測できないかもしれません。

1からSNSを作成するのはとても手間がかかります。実は「会社に作成を依頼すると半年はかかる」と言われているほどです。基本的なホームページであれば2週間ほどで完成することを考えると、作業量がどれだけ多いかが予測できると思います。

しかし、WEBフレームワークであるRuby on Railsを使用すれば、この手間が大幅に短縮されます。SNSというのは、全員に同じ画面が表示されるのではなく個人によって専用ページが表示される仕組みとなっています。

この難しい処理もRubyを使用することによって効率が良く時間的にも短縮して作成できることから、様々なSNSでRubyが採用されているのです。

スマホアプリが作れる

Rubyを使用すればスマホのアプリも作れますが、Rubyのスマホのアプリに関してはメリットとデメリットがあります。スマホと聞くと、iOSとAndroidが頭に浮かぶかと思います。実はこの2つ、開発する言語が異なるのです。

しかし、Rubyはどちらのアプリにも対応していますので、Rubyを使えるようになればどちらのアプリも開発することが可能になるのです。一見Rubyは、とても性能が良いように見えがちですが、iOSやアンドロイドを個別に開発している言語と比較するとできることが限られたり手間がかかってしまうという問題点もあります。

iOSであればobjective-Cやswift、AndroidであればJavaやkotlinを使用している場合がほとんどです。そのため、企業などではiOSを開発できるプログラマーとAndroidを開発できるプログラマーを別々に雇っているケースが多いです。

スマホアプリでのRuby開発は、就職に活かすというよりは個人でアプリ開発を行う場合には向いています。

プログラミングスクールでRuby習得がおすすめの方の特徴

プログラミングスクールでRuby習得がおすすめの方の特徴

自分がRubyを習得すべきかどうかまだ迷っている方に関しては、下記の項目に当てはまるかどうかを考えてみましょう。もしいずれかに該当する場合はRubyを取得するべきだと言えます。

ほとんどプログラミングに触ったことがない方

プログラミングに触れたことがない方にとって、Rubyはおすすめのプログラミング言語だと言えます。Rubyの文法は非常に簡略化されており、コードも短く済むので他の言語と比較してもエラーを出す頻度が少なくなるでしょう。

また、他言語は海外で開発されているものがほとんどですが、Rubyに関しては日本で開発されたプログラミング言語です。そのため、Rubyについて調べた際にも翻訳されたものではなく日本語で書かれた文章をそのまま読めるので理解しやすいです。

挫折ポイントであるエラーを少なくできて、自分で調べた際にも理解しやすいことから、プログラミングを学び始めた方にとっておすすめの言語なのです。

プログラミングの知見を転職活動に活かしたい方

IT関連企業への就職を考えている方は、Rubyを習得して専門知識を身につけた上で就職活動を行うと採用される可能性が大幅に上がります。

未経験の採用を渋るIT関連企業ですが、ディレクターや営業職など、プログラマー以外の就職を考えている方は、全くプログラミングの知識がない状態で採用試験を受ける方もいらっしゃいます。

企業もある程度の知識や理解は欲しいと考えていますので、プログラミングを習得していれば圧倒的に採用の可能性が高くなります。その中でもRubyは簡素で日本製のため覚えやすく、さらに利用方法も多岐にわたるのでIT関連企業を目指すプログラマー以外の方が覚えるにはうってつけの言語だと言えます。

自分でWEBサービスを立ち上げたい方

SNSやショッピングサイトなどを自分で開発したいと考えている方は、まずRubyを学ぶことをお勧めします。WEBページを作成するにあたってはhtmlを学ぶとお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、それだけでWEBサービスを運営できるのはブログくらいです。

それより技術が必要となるサービスを展開しようとした際に、様々な用途があるRubyをまず学ぶべきです。プログラミングスクールによってはカリキュラムにポートフォリオ作成の項目が入っているケースもあります。

ポートフォリオ作成時に自分の立ち上げたいサービスの基盤を作成することにより、実際にサービスを立ち上げるために必要な技術を習得できれば、サイト開設までの時間が大幅に短縮されるメリットもあるため、スクールに通うことは有効です。

エンジニアとのコミュニケーションを円滑にしたい方

エンジニアと一緒に働いているプロジェクトマネージャーやディレクターの方々は、プログラミングが分からないことで、会話が通じなかったり開発にかかる時間を見通せないことも多いのではないでしょうか。

そこで、プログラミング初心者におすすめのRubyを学ぼうと奮起する方も多くいます。ところが、多忙のためなかなか思うように学習が進まなく挫折してしまう方もいます。

プログラミングスクールであれば質問することでエラー解消の時間を短縮できます。さらに、進捗確認を行ってくれるので学習が遅れることもありません。効率的に短期間でプログラミングを習得するには、Rubyが最も向いておりスクールで学ぶことが一番の近道となるのです。

プログラミングスクール卒のRubyエンジニアのキャリアは?

プログラミングスクール卒のRubyエンジニアのキャリアは?

プログラミングスクールを卒業すると、どのような将来が待っているのかをご紹介いたします。未来を思い描きながらRubyを学ぶことで、より一層のモチベーションアップに繋がります。

フリーランスエンジニアとして活躍

クラウドソーシングの普及により、フリーランスプログラマーとして活躍される方が増えました。そこで、フリーランスエンジニアとして活躍した場合に、サイトにより変動はありますが1年目で獲得できる案件は50万円ほどです。そこから経年を重ねるごとに単価が増し、80万円程度が上限となります。

案件獲得のためにプログラミングスクールを卒業したということに加え、ポートフォリオを提示することにより案件が獲得しやすくなります。

エンジニアとして転職・就職して活用

Rubyのプログラマーとして就職した場合、初年度は年収300万円程度からスタートとなります。しかし、経験を積むことによってより大きい企業へ転職することで1000万円近い年収となっている方もいらっしゃいます。

未経験でプログラマーとして就職することは困難であるため、プログラミングスクールを卒業することは非常に有利であると言えます。未経験では就職することも困難であるため、スクール卒業がキャリアをスタートするための時間を短縮してくれるのです。

Rubyのプログラミングスクール選びなら得られる経験値で選ぼう

Rubyのプログラミングスクール選びなら得られる経験値で選ぼう

プログラミングスクール選びについて選択する方法をご紹介いたしましたが、もし同じような条件で迷ってしまった場合は、得られる経験でスクール選びを行いましょう。

フリーランスで稼働するのか、就職するかでも大きな違いがありますが、どちらにしても卒業時にどれだけ実力を持っているかがIT業界で成功できるのかの鍵となります。

スクールに通うことを迷っているのであれば、まずは気になるスクールの無料カウンセリングを受けるのもいいのではないでしょうか。

著者紹介

084tjsfdsf983asdlk03

084tjsfdsf983asdlk03

前の記事

【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

2022.01.06

【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

#プログラミングスクール

次の記事

独学のPHP学習方法と期間、ロードマップを初心者にも分かりやすく解説!

2022.01.11

独学のPHP学習方法と期間、ロードマップを初心者にも分かりやすく解説!

#PHP

コードカキタイがオススメする記事!

  1. 子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    2022.01.06

    子供におすすめのプログラミングスクール10選!学習メリットや教室選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    2022.01.06

    【完全版】大学生におすすめのプログラミングスクール13選!選ぶコツも詳しく解説

    #プログラミングスクール

  3. 【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    2022.01.06

    【未経験でも転職可】30代におすすめプログラミングスクール8選!

    #プログラミングスクール

  4. 初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    2022.01.06

    初心者必見!独学のJava学習方法とおすすめ本、アプリを詳しく解説

    #JAVA

  5. 忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    忙しい社会人におすすめプログラミングスクール15選!失敗しない選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  1. 【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    2022.01.06

    【無料あり】大阪のおすすめプログラミングスクール14選!スクール選びのコツも紹介

    #プログラミングスクール

  2. 【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    2022.01.06

    【目的別】東京のおすすめプログラミングスクール20選!スクール選びのコツも徹底解説

    #プログラミングスクール

  3. 【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【無料あり】福岡のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  4. 【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    2022.01.06

    【徹底比較】名古屋のおすすめプログラミングスクール13選!選び方も詳しく解説

    #プログラミングスクール

  5. 【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    2022.01.06

    【徹底比較】おすすめのプログラミングスクール18選!失敗しない選び方も徹底解説

    #プログラミングスクール